« 海上自衛隊のイベントで艦艇にドローン落下(10日)NHK | トップページ | 猫の死骸:切断され、頭部なく 北海道・帯広の公園(10日)毎日 »

2015年10月10日 (土)

逃亡犯の今の顔を予測 新システムを開発(10日)NHK

K10010266081_1510101944_1510101944_
年齢を重ねるごとに変わる目尻の位置やしわなど人の顔の変化を分析し、長期間にわたって逃亡している指名手配中の容疑者などの今の顔だちを予測する新たなシステムを、警察庁の科学警察研究所が開発しました。

指名手配中の容疑者などについて警察は、顔写真を公開するなどして情報提供を呼びかけていますが、高橋克也被告ら特別手配されていたオウム真理教の元信者が17年間の逃亡の末、逮捕された際、手配写真とかけ離れていたケースなどがあり、加齢による顔の変化を科学的に予測できないかが課題となっていました。
こうしたなか、警察庁の科学警察研究所の研究チームは、民間の研究機関と協力して長期間にわたって逃亡している指名手配中の容疑者などの今の顔だちを予測する新たなシステムを開発しました。
このシステムでは、警察職員などの男性171人分の立体的な顔画像のデータを使い、10年ほどの間に目尻や口元の位置、しわや肌のくすみの度合いなどがどのように変わったか平均を出したということです。
これをもとに、男性については顔写真から顔の変化を1年単位で予測することができ、予測した顔写真はおよそ半日で作成することが可能だということです。
このシステムは行方不明者にも活用できるということで、研究チームは、さらにデータを集めて精度をより高めるとともに、女性の顔だちや体重の増減による変化を予測できるよう改良を進めたいとしています。
科学警察研究所生物第2研究室の今泉和彦室長は「長年の逃亡生活のストレスなどもあり、加齢による顔だちの変化は個人差があるので、完全な予測は難しいが、容疑者の早期発見につながってほしい」と話していました。
警察は今後、このシステムを実際の捜査の現場で活用することを検討しています。

手配写真とかけ離れたケース

指名手配中の容疑者の顔写真が、実際とかけ離れていたケースが出ています。
高橋克也被告ら特別手配されていたオウム真理教の元信者が3年前の平成24年、17年間に及ぶ逃亡生活の末に逮捕されましたが、その時の顔だちが手配写真と大きく変わっていました。
また、14年前の平成13年に徳島市で父親と息子が殺害された事件で、警察は全国に指名手配していた容疑者について、顔写真の入ったポスターを全国に配付したり、髪を薄くするなど加工した12種類の写真を作ったりして情報提供を求めていました。
しかし、平成24年に岡山市内で死亡しているのが確認され、近所の住民たちは写真とは顔だちは違って、気付かなかったと話していました。

警察官の推測で似顔絵作成

殺人事件などで指名手配されてから20年以上たった容疑者は現在、全国で21人に上っていて警察は顔写真などを公開し、情報提供を呼びかけています。
容疑者が長期間にわたって逮捕されない場合は、警察職員が経験を元に今の顔だちを推測して描いた似顔絵などを公開している事件もあります。
しかし、警察庁によりますと、こうした手法には高い技術が必要で、十分な経験や技術を持っている人は全国でも少ないということです。
群馬県警察本部の科学捜査研究官の緑川順さんは、似顔絵を描く専門家で、人の骨格などについて長年学び、全国の若手の警察官などに技術を教える警察庁の「広域技能指導官」に指定されています。
17年前の平成10年に群馬県内で起きた一家3人が殺害された事件で指名手配中の容疑者について、20代の頃の写真をもとに、しわや皮膚のたるみが現れる部分を予測して40代となった姿を描きました。
緑川さんは今の顔だちを予測して似顔絵を描くには、専門的な知識や技術が必要なうえ作成に時間がかかると指摘しています。
緑川さんは「顔だちの変化を予測して似顔絵を作るには訓練を重ねることが必要だが、一朝一夕にはいかず、作るのにも数か月かかる。技術を持つ警察官が少ないなかで科学的に予測し、全国どこでもすぐに活用できるシステムが求められている」と話していました。

予測システムの仕組み

警察庁の科学警察研究所は、顔写真をもとに加齢による顔だちの変化を科学的に予測するシステムを作るため、本人の同意を得て特殊なカメラで撮影した警察職員など171人分の男性の立体的な顔画像を集めました。
この顔画像にそれぞれ1万点余りの座標点を落とし込んで網目状に加工します。
10年ほどあとに撮影した顔画像も同じように加工し、目尻や口元の位置のずれ、肌のくすみの度合いの変化などの平均をそれぞれ出して、加齢による1年単位の変化を導き出したということです。
こうして完成したシステムでは、顔写真を立体的な画像にしたうえで、コンピューターが自動的に計算し、10年後、20年後の顔だちの予測写真を作成できるということです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151010/k10010266081000.html

« 海上自衛隊のイベントで艦艇にドローン落下(10日)NHK | トップページ | 猫の死骸:切断され、頭部なく 北海道・帯広の公園(10日)毎日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62449220

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡犯の今の顔を予測 新システムを開発(10日)NHK:

« 海上自衛隊のイベントで艦艇にドローン落下(10日)NHK | トップページ | 猫の死骸:切断され、頭部なく 北海道・帯広の公園(10日)毎日 »