« スーパー前で口論、ナイフで右腕切リつけて男逃走(16日)テレビ朝日 | トップページ | 警察官を名乗り…水害の常総市で“不審電話”20件超((16日)テレビ朝日 »

2015年10月16日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
高齢者の自転車事故死者増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011227 今年に入り、東京都内で発生した交通事故のうち、3割以上が自転車の絡む事故とあって、警視庁は警察官自らが自転車に乗って安全運転を呼びかけるパトロール隊が始動した。パトロール隊は、事故の多い地域を中心に行動する=日本経済新聞電子版
 自転車による事故死は全国的に増加傾向にある。
 警察庁によると今年9月までの交通事故発生件数は39万3257件で前年同期に比べて2万6054件の減少。死者数は2905人で同9人の増加で1日平均に換算すると10人は亡くなっている。
 このうち、65歳以上の高齢者が1519人で全体の52.3%を占めている。最も多かったのは歩行中の事故で1010人。75歳以上の高齢者の事故が目立つ。
 以下、自動車乗用中の死者は965人。自転車乗用中が419人と状態別では3位だが、前年同期に比べて53人も増加。しかも65歳以上の高齢者は265人で63.2%を占めた。
 事故数の都道府県ランキングでは愛知が3万2681件。以下、大阪が2万9785件、福岡が2万9071件、東京が2万4955件、静岡が2万3810件の順。
 これに対して死者数のワーストは愛知の149人、大阪の140人、北海道の132人、兵庫の124人、神奈川の123人と続いた。
 年老いて 知る人生の はかなさよ
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« スーパー前で口論、ナイフで右腕切リつけて男逃走(16日)テレビ朝日 | トップページ | 警察官を名乗り…水害の常総市で“不審電話”20件超((16日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62487518

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« スーパー前で口論、ナイフで右腕切リつけて男逃走(16日)テレビ朝日 | トップページ | 警察官を名乗り…水害の常総市で“不審電話”20件超((16日)テレビ朝日 »