« 2015年10月11日 | トップページ | 2015年10月13日 »

2015年10月12日

2015年10月12日 (月)

管制官・小型機側、食い違う認識 鹿児島空港のニアミス(12日)朝日

 鹿児島空港鹿児島県霧島市)上空で10日、日本航空機と小型機が同時に着陸しようとしてニアミスしたトラブルで、管制官は日航機に続いて着陸態勢に入るよう小型機に指示したのに対し、小型機側は「日航機の直前に着陸した全日本空輸機に続くよう指示を受けた」と認識し、着陸を試みたことが12日、国土交通省と小型機を運航していた新日本航空(同市)への取材でわかった。

 国の運輸安全委員会は同日、鹿児島空港航空事故調査官3人を派遣し、管制官から聞き取り調査を行った。今後、操縦士らへの聞き取りや、交信の音声記録を解析し、当時のやりとりを詳しく調べる。
 国交省によると、10日午後5時前、鹿児島空港に着陸しようとした羽田発の日航651便(ボーイング767型、乗客乗員250人)の進路に、左前方から新日本航空のプロペラ機が接近し、双方が着陸をやり直した。2機が最接近した距離はわかっていない。残り:313文字/全文:702文字

Logo2_4http://www.asahi.com/articles/ASHBD6390HBDUTIL00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞:専売所長逮捕 信用毀損容疑 読売のチラシ抜く(12日)毎日

愛知県警豊田署は12日、同県豊田市花園町塩倉、中日新聞若園専売所長、高橋勝己容疑者(62)を信用毀損(きそん)の疑いで逮捕したと発表した。
 容疑は、高橋容疑者は同日午前4時10分ごろ、同市中根町小根崎の民家の郵便受けから読売新聞を抜き、チラシ抜きの読売新聞に取り換え、信用を毀損したとしている。容疑を認めているという。同署によると、読売新聞専売店から11日、8月ごろからチラシが抜かれているようだと相談があり、同署員が張り込み捜査していたところ、高橋容疑者が現れ取り換えた。窃盗容疑で現行犯逮捕し、その後信用毀損に切り替えた。
 取り換えた新聞はコンビニで購入していた。高橋容疑者は「中日新聞の売り上げを上げたかった」と話しているといい、同署は、チラシを抜いた民家にセールスをかけたのではないかとみている。
 中日新聞社は、「取引先の販売店主が事件を引き起こしたことをおわび申し上げます。事実を確認したうえで、厳正に対処いたします」との販売局のコメントを出した。【黒尾透】

| コメント (0) | トラックバック (0)

「むかで競走」の骨折事故が多発(12日)NHK

運動会などの種目の1つで、集団で足をつなげて走る「むかで競走」について全国の学校で事故が相次ぎ、1年間に480人余りが骨折していたことが産業技術総合研究所の調査で分かりました。専門家は「事故が多発する競技であることが分かった。改善する必要がある」と指摘しています。
調査を行ったのは産業技術総合研究所の西田佳史首席研究員らのグループです。
グループでは、昨年度、日本スポーツ振興センターに報告された全国の小中学校や高校の事故、およそ102万件のデータを調べたところ、運動会や体育祭の種目として行われる「むかで競走」で事故が相次いでいて、1年間で2205人がけがをしていたことが分かりました。
このうち、21%に当たる482人が足や肩などを骨折する重傷を負っていたほか、頭を強く打ち、体にまひが残るなどのケースもあったということで、事故全体の85%が中学校で起こっていました。
「むかで競走」は集団で縦1列に並び、互いの足をひもや1枚の板でつないで走る競技で、グループでは1人が転倒すると前後の人も連動して転倒してしまうことがけがのリスクが高くなる原因ではないかとしています。調査を行った産業技術総合研究所の西田首席研究員は、「重い事故が多発する競技であることが初めて明らかになった。今回の結果をしっかりと受け止めてより安全な競技に改善していく必要がある」と指摘しています。

骨折した児童は

東海地方に住む小学校6年生の男子児童は、ことし5月、運動会のむかで競走の練習をしていたとき、鎖骨を折る重傷を負いました。競技は、4人が1チームとなってリレーを行うもので、男子児童が列のいちばん前でした。けがをしたのは初めての練習が行われたときで、全員の足首をひもでつないで運動場のトラックを走ったということです。
その際、後ろを走っていた児童が転び、それをきっかけにほかの児童が次々に倒れ、先頭にいた男子児童の上に勢いよくみんなの体が乗りかかって来たということです。
男子児童は左の鎖骨を骨折する大けがをし、1か月余りは左腕が使えず、およそ5か月がたった現在も通院を続けています。男子児童は「はじめに1周走ってみて自信がついたのでスピードを上げたら、転んで自分の上に皆が積み重なってきました。
何が起きたのか分からず、そのときはショックで視界がぼやけていました。これまでけがとかそんなことは考えずに一生懸命勝とうという気持ちでやっていました。競技自体は好きですが、大きな骨折につながるんだったらけがをしないように工夫が必要だと思います」と話していました。

続きを読む "「むかで競走」の骨折事故が多発(12日)NHK"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)
広島県警に早期解決を期待
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011219 広島市中区の繁華街で2階建て雑居ビルが全焼し、3人が死亡した火災は放火の可能性が出てきた。
 放火と言えば昭和41年に静岡県清水市で発生した強盗殺人放火事件。味噌製造会社の専務一家4人が殺害され放火された事件。この事件では犯人として男が逮捕されたが無罪を主張。一度は死刑の判決を受けたが釈放され、現在は即時抗告審でDNA型鑑定の有効性をめぐって係争中だ。それほど放火事件は難しいが捜査技術の進展などもあって現在の検挙率は7割を超す。
 警察庁によると今年8月までの放火事犯の認知件数は749件で前年同期より6件の減少。最も多かったのは大阪の138件。以下、福岡の62件、東京の57件、愛知の36件、千葉の33件の順。
 一方、検挙率では全国平均が70.8%。富山と愛媛の125.0%を筆頭に100%代が21県。以下、滋賀の94.1%、宮城の92.9%、熊本の90.9%、青森と佐賀の88.9%と続くが、最も低いのが大阪で39.1%。以下、岩手の40.0%、兵庫の44.4%、福岡の46.8%、山形の50.0%など。
 ちなみに事件のあった広島は8月までに19件発生し、検挙率は実に100%。現在県警では周辺の防犯カメラの映像を調べるなどして捜査を進めており、早期解決を期待したい。

 【事件】午前11時20分ごろ、JR山手線五反田駅近くの路上で、60代の男性1人が背中を刺される通り魔とみられる事件が発生。現場にいた30代とみられる男が確保された。被害者は軽傷だった。
 13日午前11時20分ごろ、品川区
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

4歳女児、団地7階から転落 重傷負うも命助かる(12日)テレビ朝日

4歳の女の子が7階から1階のコンクリート製の屋根に転落しました。
 11日午前11時ごろ、香川県善通寺市にある8階建ての市営団地で、1階の外にいた母親と長男が「ドン」という音を聞き、1階ロビーの屋根の上に4歳の長女が倒れているのを見つけました。長女は、自宅がある7階の吹き抜け部分から高さ130cmほどの手すりを乗り越え、転落したとみられています。落ちた屋根はコンクリート製で、長女は足の骨を折るなど大けがをしました。命に別状はないということです。母親と長男は、買い物に出掛けた直後でした。警察は、長女がどうやって手すりを乗り越えたのかなど詳しい事故の状況を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_6http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060382.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

都バスにはねられ高齢女性死亡 運転手逮捕(12日)NHK

11日夜、東京・葛飾区のJR新小岩駅前のロータリーで、73歳の女性が都営バスにはねられて死亡し、警視庁はバスの運転手を逮捕して事故の原因を調べています。
11日午後10時半すぎ、東京・葛飾区のJR新小岩駅南口のロータリーで、横断歩道を渡っていた江戸川区松島の宮田サヨ子さん(73)が都営バスにはねられました。
宮田さんは頭を強く打ち、12日搬送先の病院で死亡しました。警視庁はバスを運転していた高橋健太郎容疑者(45)をその場で逮捕し、過失運転致死の疑いで事故の原因を調べています。
警視庁によりますと、バスは駅前の停留所で乗客を降ろしたあと、ロータリー内の別の停留所に向かっていたときに事故を起こしたということで、調べに対し、「前をよく見ていなかった」と供述しているということです。

都交通局「再発防止に万全期す」

都営バスを運行する東京都交通局は、「亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともにご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。教育指導を改めて徹底していくとともに、再発防止に万全を期し信頼の回復に努めて参ります」とコメントしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151012/k10010267371000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小田原の男性死亡事件、近所の男が出頭 県警が事情聴取(12日)毎日

神奈川県小田原市久野の路上で11日未明、近くの薦野(こもの)英男さん(57)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡した事件で、近所の男が出頭し、県警小田原署が事情を聴いていることがわかった。捜査関係者などが明らかにした。

 

 県警によると、11日午前4時45分ごろ、コンビニエンスストア前の路上に薦野さんが仰向けで倒れているのを通行人が発見した。薦野さんは頭の骨が折れるなどしていて、12日朝に搬送先の病院で死亡。県警が傷害致死事件として捜査してきた。近所の人などによると、出頭してきた男は薦野さんとトラブルになったという。県警が関係や動機を詳しく調べている。
 コンビニの防犯カメラには薦野さんが1人で買い物をしている様子が映っており、店の前には薦野さんのものとみられる軽自動車がエンジンがかかった状態で見つかった。薦野さんはジャージー姿で、財布と携帯電話を持っていたという。(興野優平)

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASHBD5K0SHBDULOB005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻所持:プロゴルファーの福崎宏隆容疑者を現行犯逮捕(12日)毎日

福岡県警中央署は12日、大麻取締法違反(所持)の疑いで同県福津市西福間、プロゴルファー福崎宏隆容疑者(23)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前0時5分ごろ、福岡市中央区舞鶴の駐車場に止めた乗用車内で、大麻の入ったポリ袋2袋を所持した疑い。
 同署によると、パトロール中の警察官が車に近づいたところ、福崎容疑者が車から降りて立ち去ろうとしたため、同容疑者のバッグ内を調べてポリ袋を見つけた。車には知人の男性2人が乗っていた。
 日本プロゴルフ協会のホームページによると、福崎容疑者は鹿児島県出身で、2012年12月に入会した。(共同)

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査部長が拳銃床に落とし暴発 北海道警の駐在所(12日)共同

北海道警は12日、剣淵町の駐在所で11日、旭川方面本部士別署の30代の男性巡査部長が拳銃を誤って床に落とし、暴発させたと発表した。弾は天井に着弾し、けが人はいない。
 署によると、巡査部長は11日午後6時10分ごろ、パトロールを終えて拳銃を保管する際に誤って床に落とした。
 駐在所の奥の住居に同僚の警部補がいたが、駐在所には巡査部長1人だった。巡査部長は警部補が夜のパトロールに出掛けて戻ってきた約5時間後の午後11時10分ごろ、暴発を報告したという。
 士別署は「住民に多大な不安を与えおわび申し上げたい。再発防止を徹底する」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_4
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101201001161.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃?突きつけ2人組30万円奪い逃走 茨城のすき家(12日)テレビ朝日

茨城県東海村の牛丼チェーン店で、2人組が拳銃のようなものを店長に突き付け、現金約30万円を奪って逃げました。
 12日午前5時前、東海村の「すき家東海店」で「強盗被害に遭った」と通報がありました。警察によりますと、店舗の裏口から外に出た店長の男性に対し、2人組が拳銃のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅したということです。店長が金庫にあった現金約30万円を渡すと2人組は逃走しました。店長とアルバイトの女性にけがはなく、また、当時、店内に客はいませんでした。2人組のうち1人の男は、黒のネックウォーマーとヘルメットを着けていたということです。

2009_1229_211958annlogo1_5

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で倒れていた男性死亡 小田原、トラブルか(12日)朝日

 神奈川県小田原市久野の路上で11日未明、男性が頭から血を流して倒れているのが見つかった事件があり、男性は12日朝、搬送先の病院で死亡した。県警は事件に巻き込まれたとみて捜査している。
 男性は近くに住む薦野英男さん(57)。県警小田原署によると、11日午前4時45分ごろ、薦野さんがコンビニエンスストア前で仰向けで倒れているところを通行人が発見し、コンビニ店員が110番通報した。コンビニの防犯カメラには薦野さんが1人で買い物をしている様子が映っており、店の前には薦野さんのものとみられる軽自動車がエンジンがかかった状態で見つかったという。同署は、薦野さんが買い物の後に何らかのトラブルに巻き込まれたとみている。
 薦野さんは上下ジャージー姿で、財布と携帯電話を持っていたという。搬送先の病院で意識不明の重体が続いていた。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/SDI201510124728.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神社の本殿が全焼 人おらず放火か 千葉・松戸市(12日)テレビ朝日

千葉県松戸市の神社で火事があり、本殿が全焼しました。警察や消防は放火の可能性も視野に出火原因を調べています。

 12日午前5時すぎ、松戸市馬橋で「王子神社が燃えている」と近くに住む男性から通報がありました。消防などによりますと、ポンプ車など11台が出動し、火は約3時間半後に消し止められました。この火事で王子神社の本殿約90m2が全焼したほか、隣接する集会所や倉庫4棟の壁などが焼けました。けが人はいませんでした。出火当時、本殿には人がいなかったことや火の気がなかったことから、警察と消防は放火の可能性もあるとみて出火原因を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060362.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島3人死亡火災 複雑な構造が影響か(12日)NHK

広島市中心部の飲食店などが入った建物で3人が死亡した火災で、出火当時この3人がいたとみられる2階の部屋は、室内が10ほどのスペースに区切られた複雑な構造になっていたことが警察への取材で分かりました。警察は部屋の構造が3人が逃げ遅れたことに影響していないか調べています。
今月8日、広島市中区流川町にあるメイドカフェが入った2階建ての建物から火が出て客の男性など3人が死亡し、3人がけがをしました。
警察によりますと、死亡した3人は2階の中央部分にある同じ部屋にいたとみられていますが、この部屋は不規則な広さの10ほどのスペースに区切られ、それぞれが板で仕切られてドアが取り付けられているなど、複雑な構造になっていたことが警察への取材で分かりました。また、出火当時、店にいた客と従業員のうち、この部屋以外にいた人たちは全員が避難できたということです。
1階の居酒屋にいた女性は「火災に気づいて避難するときには建物の中が煙で真っ暗だった」と話しているほか、消防によりますと、通報を受け現場に到着した際にはすでに建物全体に煙が回っていたということです。
警察は死亡した3人がいたとみられるこの部屋の状況をさらに詳しく調べるとともに、部屋の構造が3人が逃げ遅れたことに影響していないか調べています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151012/k10010267041000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

温泉施設で“強盗傷害”男が逃走 東京・板橋区(12日)テレビ朝日

東京・板橋区の温泉施設で、男が客の財布などを盗み、店員を殴って逃走しました。

 警視庁によりますと、11日午後2時すぎ、板橋区宮本町の温泉施設「スパディオ」の脱衣所で、男性店員(30)が不審な動きをしている男に気付き、声を掛けようとしたところ、突然、顔などを殴られました。男は走って逃げました。店員は軽傷です。警察官が調べたところ、脱衣所のロッカーがこじ開けられていて、現金約4000円が入った財布などが盗まれていました。近くにはバールが落ちていました。男は茶髪の20代から30代、身長約170cmで水色のシャツを着ていました。警視庁は強盗傷害事件として捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060355.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

<熊谷6人殺害>ペルー人容疑者を送検 捜査本部、足取りを捜査(12日)共同

熊谷市で6人が殺害された事件で、熊谷署捜査本部は10日、殺人と住居侵入の疑いで、ペルー人の住所不定、無職ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)をさいたま地検に送検した。ナカダ容疑者は送検容疑の50代夫婦の事件を含め、6人殺害の関与を全て否定し「やっていない」と供述しているという。
 捜査関係者によると、ナカダ容疑者は通訳を介して、捜査員の質問に落ち着いて答えている。食欲が旺盛で、食事を催促することも多い。一連の事件については、「身に覚えがない。覚えていない」などと供述し、つじつまの合わない話もしているという。
 捜査本部は、ナカダ容疑者が熊谷署から逃走した9月13日午後から身柄が確保される同16日夕までの足取りの捜査を続けている。長時間にわたり人目につかない場所に潜伏していた可能性もあることから、空き家や草むらなどを対象に調べている。
 事件は9月14日から16日に発生した。14日午後6時ごろ、熊谷市見晴町の住宅で死亡している田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)を美佐枝さんの父親らが発見。16日夕には、田崎さん方から1・3キロほど離れた同市石原の住宅で、白石和代さん(84)の遺体が発見された。近くの加藤美和子さん(41)方では、加藤さんと長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)の母娘3人が死亡しているのが見つかった。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/10/11/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎の路面電車が脱線…右折時、けが人なし 2007年にも同じ交差点で2度(12日)産経

11日午後9時半ごろ、長崎市の長崎市桶屋町の公会堂前交差点で、長崎電気軌道の蛍茶屋発赤迫行きの路面電車(1両編成)が脱線した。長崎県警によると、乗客4人にけが人はいなかった。
 県警によると、路面電車は交差点で右折しようとして脱線した。運転士から事情を聴き、詳しい事故原因を調べる。
 長崎電気軌道によると、2007年にも同じ交差点で路面電車が脱線する事故が2度あり、線路の補修工事を行った。http://www.sankei.com/affairs/news/151012/afr1510120005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「飲酒していたので逃げた」“ひき逃げ”で男逮捕(12日)テレビ朝日

北茨城市の路上で29歳の男性が死亡しているのが見つかった事件で、過失運転致死などの疑いで37歳の会社員の男が逮捕されました。
 会社員の日下部春生容疑者は11日未明、北茨城市で介護士の舟生敬史さんを軽自動車ではねて死亡させ、現場から逃走した疑いが持たれています。警察によりますと、現場の近くに「フロントガラスが割れた車がある」と通報があり、車の使用者である日下部容疑者が浮上しました。取り調べに対し、日下部容疑者は「飲酒していたので逃げた」と供述し、容疑を認めています。警察は、より悪質な行為に適用される危険運転致死の疑いもあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060359.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人未遂容疑で実弟逮捕 石川で64歳女性刺される(12日)テレビ朝日

石川県の住宅で、64歳の女性が訪ねてきた男に、いきなりナイフのようなもので腹部を刺されました。警察は、女性の実の弟を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
 11日午後1時半ごろ、石川県小松市の住宅で、この家に住む無職の川田千絵子さんが訪ねてきた男に、玄関でいきなりナイフのようなもので腹部や右手を数回刺されました。川田さんは意識があり、病院で治療を受けています。警察は、川田さん宅のインターホンに録画されていた映像などから、川田さんの実の弟で住所不定の荒谷登容疑者(62)を割り出しました。荒谷容疑者はレンタカーで逃走していましたが、滋賀県長浜市内で警察が身柄を確保し、殺人未遂の疑いで逮捕しました。調べに対して荒谷容疑者は、「姉を傷つけようと思ったが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060350.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

複数同僚が暴行目撃、福岡・田川 16年前の作業員殺害(12日)共同

16年前に福岡県田川市で建設作業員神浦太志さん=当時24~25歳=を殺害した疑いで上司の井手口信次容疑者(52)ら3人が逮捕された事件で、神浦さんが暴行される様子を複数の同僚らが目撃していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同僚らへの聴取を進め、事件の経緯を調べる。
 神浦さんは井手口容疑者が経営する土木建築会社に1995年ごろから勤務し、他に逮捕された2人は同僚だった。捜査関係者によると、暴行は日常的に行われ、神浦さん以外の社員も暴行を受けていた。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101101001566.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

災害情報、ラジオで受信 米沢市、高齢者世帯に無料配布(12日)共同

米沢市は災害時に情報が得にくい高齢者世帯などに対し、速やかに避難情報を提供する「緊急告知ラジオ」900台を本年度中に無料で配る。将来的には一般家庭にも低価格で提供できるよう検討する。
 昨年度から進めている無線設備の整備事業の一環。初年度は、市内31カ所にスピーカーを設置したほか、携帯電話のメール自動配信などと連動して防災情報などを一斉に提供する同報系システムなどを整えた。スピーカーは窓を閉めていたり、雨が降っていたりすると音声が聞き取りにくくなる。高齢者は携帯電話を持っていない割合も多く、緊急告知ラジオはそういった部分を補完する。
 配信する緊急情報は、市が指示する河川氾濫などに伴う避難情報や全国瞬時警報システム(Jアラート)からの土砂災害情報、震度4以上の地震情報。市の情報は、地元のコミュニティーFM局を通して電波配信される。ラジオはプラグが接続されているか電池が入っている待機状態になっていれば自動的に緊急情報が流れる仕組み。他局のラジオ放送を聞いていても強制的に切り替わる。
 2013年3月末現在、市内の高齢者のみの世帯は約5千、障害者がいる家庭は約4500世帯で、無料配布の対象については居住地域なども考慮し今後検討する。1台約1万円と高額なため、市は今後広く普及させる上で、購入希望者に対してもできるだけ安く提供できる仕組みづくりも必要としている。

2010_0123_11120247newslogo1
http://yamagata-np.jp/news/201510/11/kj_2015101100251.php

| コメント (0) | トラックバック (0)

独居老人支えたペット、死後残されるケース多発(12日)読売

独り暮らしのお年寄りを「家族」として支えたペットが、誰にも引き取ってもらえずに取り残されるケースが目立っている。
 神奈川県動物保護センター(平塚市)に持ち込まれる犬猫のうち、「飼い主の病気、高齢、死亡」を理由とするのは約3割に上る。動物愛護のボランティアは、万一の際の保護について、飼い主が元気なうちから行政などと情報共有する仕組みが必要と指摘している。
 横須賀市内のマンションで昨年末、独居男性(87)が亡くなっているのが見つかった。浦賀署員が遺体を搬送したが、ペットの犬はそのまま室内に残され、2か月後、部屋の整理業者が餓死した犬を発見した。近隣住民は「警察が保護したと思っていた。我が家で引き取ることもできたのに」と残念がる。
 同署はこの問題を受け、飼い主の死亡で取り残されたペットを発見した場合、市動物愛護センターに連絡するよう署員に指導した。
 同市動物愛護センターでは、飼い主が亡くなったペットは、親族などから連絡があり、所有権放棄が確認されれば保護する。今年5月には独居男性が飼っていた猫9匹を引き取り、新しい飼い主を見つけて引き渡した。ただ、引き取り先が見つからないこともあり、「保護を依頼される場合は最悪、殺処分も覚悟してほしい」としている。
 県動物保護センターも、飼い主の死亡や病気、老人ホーム入所など、やむを得ない理由がある時は引き取るが、無制限に保護することは不可能だ。
 独り暮らしの高齢者にとって、ペットはさみしさを和らげ、生活に張り合いを与えてくれる存在。それでも、動物愛護団体の関係者の間では「身寄りのない人たちからペットを取り上げるのは酷だが、自身の年齢とペットの寿命を考慮して飼うのが最低限の責任だ」と指摘する声が目立つ。
 鎌倉市のボランティア団体「PAK保健所の犬・猫を救う会」の石川悠子さんは「ペットを飼っている高齢者の情報を、介護福祉部門や保健所など行政機関内で共有し、急病などの場合にも、ペットが放置されることを防ぐ仕組みを検討してほしい」と訴える。
        ◇
 特別養護老人ホームなどの中には、犬猫との共同生活を認める施設もある。横須賀市の特養ホーム「さくらの里山科」は、4階建ての2階部分が「ペット可」の居室フロア。現在、入居者が一緒に連れて来たり、飼い主が死亡して取り残され、ホームで引き取ったりした犬5匹、猫9匹がいる。
 女性(71)は2年前、8歳の雄猫「佑介」と入居した。テレビを見て涙をこぼしていると、心配そうにそばにいてくれる佑介は「一番の理解者」だ。
 ホームでは、入居者が亡くなった場合もペットの世話を続け、死んだ後は火葬して納骨し、ホーム内に写真を飾る。若山三千彦施設長(50)は「家族同然のペットと暮らすことで、入居者に前向きな気持ちになってもらう。これが大事なことです」と話している。(岩島佑希、光尾豊)

2015年10月11日 15時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

友達ほしさに万引き重ね 母子家庭の19歳、保護観察に(12日)朝日

子どもと貧困

 「少年院に行きたい」
 6月下旬、さいたま家裁で裁判官から処遇の希望を聞かれ、少年(19)は答えた。非行内容は住居侵入と窃盗。小学生から万引きを繰り返したが、警察沙汰にならずにここまできた。強制的な力に頼ってでも自分を変えたいと思ったが、審判は保護観察処分だった。

  • 特集:子どもと貧困
     3歳のとき、両親が離婚。母親(46)と2人で暮らしてきた。
    母は、なるべく子どもと過ごせるよう土日や夜勤をさけ、電子部品工場や駅の売店などで働いた。月収はパートの12万~13万円と、3万円弱の児童扶養手当。条件のいい仕事や家賃の安い部屋を探して引っ越しを繰り返し、少年は小学校を4回転校。そのたびに新しい友達を作らなくてはならなかった。

 決まった小遣いはもらったことがない。周りが持っていた携帯型ゲーム機もなく、気を使った友達が時々貸してくれた。
 小学3年のころ、祖母の家でポーチから5千円を抜き取り、友達におかしやジュースをおごった。喜ぶ友達をみてうれしかった。
 「お前、カード持ってねえならやってこい」。はやっていた遊戯王のカードを取ってくるよう友達に言われたのが最初の万引きだ。残り:1253文字/全文:1742文字

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH9L3RVYH9LPTFC008.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月11日 | トップページ | 2015年10月13日 »