« 2015年10月6日 | トップページ | 2015年10月8日 »

2015年10月7日

2015年10月 7日 (水)

SIMカード不正貸与容疑 携帯レンタル業者を逮捕(7日)産経

警視庁捜査2課は7日、携帯電話の通話を可能にするSIMカードを本人確認せずに貸与したとして、携帯電話不正利用防止法違反の疑いで、レンタル業者「ヒューマコネクト」(東京都武蔵野市)の元社長、梶山暢拡容疑者(29)=調布市国領町=を逮捕した。捜査2課によると、容疑を否認している。
 逮捕容疑は5月、身分証明書を提示させることなく、30代の男にSIMカード1枚を貸したとしている。
 捜査2課によると、同社は偽造とみられる架空の免許証のコピーを用意して本人確認したように装っていた。同課は、貸し出したSIMカードが特殊詐欺やヤミ金などに使われていたとみて調べている。

http://www.sankei.com/affairs/news/151007/afr1510070014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸山口組系組員を再逮捕 警官装い詐欺容疑(7日)産経

 鹿児島県警は7日、警察官を装って現金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、指定暴力団山口組から分裂した「神戸山口組」系の池田組(岡山市)に所属する硯田貴容疑者(42)=鹿児島県薩摩川内市=ら組員の男2人を再逮捕した。硯田容疑者は容疑を否認し、もう1人は関与をほのめかしているという。
 再逮捕容疑は3月下旬、警察官のふりをして鹿児島県霧島市の女性(76)に「詐欺グループのリストに名前が載っている」などと電話。女性宅を訪れた警察官役の男に約200万円を渡させた疑い。
 鹿児島県警は9月、同様の手口で同県の男性から約1千万円を詐取した疑いで2人を逮捕。鹿児島地検は7日、処分保留とした。http://www.sankei.com/affairs/news/151007/afr1510070020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

似顔絵の完成度競う、警視庁で競技会 (7日)TBS

警視庁で、似顔絵の完成度を競う捜査員の技能競技会が開かれました。
 7日午前、警視庁の似顔絵捜査員およそ70人が参加し、似顔絵の完成度を競う技能競技会が開かれました。捜査員は、犯人の顔の特徴や着ていた服装について細かく聞き取り、似顔絵を描き上げました。
 特徴を的確に反映したことが評価され、最優秀賞には板橋警察署警務課の町田史子係長が選ばれました。
 警視庁では今年9月までに1084の事件で似顔絵捜査が行われていて、うち52件で犯人の発見につながったということです。(07日17:43)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2607078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生刺殺に無期懲役「残虐さ際立っている」(7日)読売

 埼玉県入間市の路上で昨年10月、帰宅途中の私立大3年佐藤静香さん(当時21歳)をナイフで刺殺したとして、殺人などの罪に問われた同市豊岡、元大学生沼田雄介被告(21)の裁判員裁判で、さいたま地裁は7日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 片山隆夫裁判長は「自分の人生をリセットするために無関係の被害者を殺害するという動機は極めて身勝手で、厳しい非難に値する」と述べた。
 片山裁判長は「32か所の刺し傷のうち、肺に到達する深い傷が6か所があった。執拗さと残虐さは際立っている」と指摘。事件の数時間後に自首した点も「殺人を犯して刑務所に入るという当初の計画通りの行動であり、反省悔悟に基づくものとは言い難い」とした。

2015年10月07日 20時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

「未熟運転罪」を初適用=危険運転致死で少年起訴-大阪地検(7日)時事

 兵庫県尼崎市で8月、自転車の男性=当時(80)=が乗用車にはねられ死亡した事故があり、大阪地検は7日、自動車運転処罰法の危険運転致死(未熟運転)などの罪で、車を運転していた大阪府豊中市の少年(16)を起訴した。地検によると、昨年5月の同法施行後、未熟運転罪の適用は初めてという。
 起訴状によると、少年は8月13日朝、尼崎市内で乗用車を左折させようと急にハンドルを切り、男性を背後からはねて死亡させ、逃走したとされる。
 進行を制御する技能がないのに車を運転して人を死傷させると、未熟運転罪に当たる。地検によると、少年に車の運転経験がないことなどから、同罪が成立すると判断した。
 少年は兵庫県警に逮捕され、家裁送致後の先月28日、同罪で大阪地検に検察官送致(逆送)されていた。(2015/10/07-20:42)

2015/10/07-20

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野 銃撃され死亡 捜査本部を設置(7日)NHK

6日、長野県飯田市のホテルの玄関前で、暴力団関係者とみられる男性が拳銃で撃たれて死亡した事件で、警察は7日、殺人事件として捜査本部を設置し犯人の行方を捜査しています。一方、捜査関係者によりますと、死亡した男性は指定暴力団・山口組から離脱した組織の傘下団体に移ることを巡ってトラブルになったという情報があるということで、警察で確認を進めています。
6日昼すぎ、長野県飯田市上殿岡のホテルの玄関前で、43歳の男性が何者かに拳銃で頭を1発撃たれ意識不明の重体となっていましたが、7日午前7時すぎに死亡しました。
犯人は逃走していて、警察は殺人事件として7日午後、飯田警察署に捜査本部を設置し、捜査員97人の体制で行方を捜査しています。
一方、死亡した男性は住所不定・無職の暴力団関係者とみられ、捜査関係者によりますと、指定暴力団・山口組から離脱した「神戸山口組」を名乗る組織の傘下団体に移ることを巡ってトラブルになったという情報があるということで、警察は情報の確認を進めています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151007/k10010262451000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「好きだ」…男性上司に48回“でんわ”21歳男を逮捕(7日)テレビ朝日

元上司の男性にストーカー行為を繰り返したとして逮捕されたのは男でした。
 逮捕された会社員・奥田裕太容疑者(21)は8月、40代の男性の携帯電話に48回にわたって電話を掛けたり、付きまとい行為を繰り返した疑いが持たれています。奥田容疑者は男性と同じ会社で5月までアルバイトをしていました。無料通話アプリ「LINE」で「好きだ」や「男性と女性どちらが好きですか」などとメッセージを送っていましたが、調べに対して「恋愛感情はなかった」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060111.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)
拝啓 国家公安委員長殿
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011229 新・国家公安委員長に申す。
 「日本の治安を守る責任者は貴方です。国家・国民のために日夜命をかけている第一線の警察官が如何に仕事をしやすくするかを常に考えておくことです。少なくても捜査を指揮するのは絶対に止めることです」
 かく言うのも、実際に指揮しようとした前任者がいるからです。
 ある委員長は警察庁の課長級を集めた懇親会で、選挙関係捜査について触れ、「演説会や事務所での行事に私服の警察官が来る。これは支援者に誤解を与える。如何なものか…」と指揮権とまではいかないが、明らかに「威圧」と受け止められる発言をし、某全国紙の社会面トップを飾った。
 近年では、交通の取り締まりについて「取り締まるための取り締まりはするな」として、スピード違反を取り締まる通称「ネズミ捕り」を批判。国民の間に、警察官が交差点で姿を見せない隠れた取り締まりに批判が続出した。
 警察法5条第7項で「交通規制」に関しては良いが、取り締まりで違法を容認するような発言は如何なものか?
 隠れて行う取り締まりを「ノルマか?」と問いつめられた警察官はこう応えた。「警察官がいるから信号を守るが、いなければ守らなくても良いということでしょうか?法令遵守者にとって警察官がいてもいなくても関係ないでしょう。我々は取り締まりだけでなく指導のためにしているのです」
 不祥事だけでなく、こんなにしっかりした警察官もいることをお忘れなく。
 そして、委員長殿。これは世間のですが慎重な自己管理を…
 2002年出版の『日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか』(佐藤勝巳氏著)のなかで次のような指摘がある。
 「氏が外務大臣の時、110万トンのコメを北朝鮮に献上している。支援総額は1673億円にのぼる」いう。金正日政権当時の話しだが、今も昔も北朝鮮はテロ国家だ。
 そして著書では、こうも書かれている。
 「氏の行為は、テロ集団アルカイダの首魁オサマ・ビンラディンにコメを支援すれば、相手は誠意をもって応えてくれえるといっているのと同じだ」とも…
 組閣前の国家公安委員長就任情報の段階で、ネット社会では大ブレーク。秘書官が在日ではなく韓国生まれの韓国人というのだ。平成23年9月から24年7月までの李明博大統領の秘書官だったという。
 詳細は書けないが、かって、公安関係資料が極左に漏れたことがあった。氏の反原発運動を含めて、警察法第5条の遵守を…
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

閣僚横顔=第3次安倍改造内閣(7日)時事

◇財政健全化に指導力=副総理兼財務 麻生太郎氏(留任)
 首相経験者の重鎮として、安倍晋三首相が全幅の信頼を置く。経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に歳出抑制の「目安」を導入するなど、財政健全化の実現に向け、財務省のトップとして指導力を発揮した。消費税の軽減税率導入をめぐっては、「複数税率を入れるのは面倒くさい」と発言、連立を組む公明党から反発を受けた。自他共に認める漫画好きで、愛読する漫画「ゴルゴ13」に最近、自身に似せた日本の財務相が登場したのが自慢だ。75歳。(麻生派)
◇安倍政権で要職歴任=総務 高市早苗氏(留任)
 安倍晋三首相の政権復帰後、党政調会長、総務相と一貫して要職を占めており、首相の信頼も厚い。靖国神社を終戦記念日と春秋の例大祭には必ず参拝し、「国防軍」創設を主張するなど保守色が強い。首相の戦後70年談話をめぐっては、「おわび」「侵略」を明記することに反対したものの、首相に説得されたとされる。総務省内の評価は「真面目で勉強熱心」とおおむね好意的。松下政経塾5期生で、サッチャー元英首相が政治家の理想像。54歳。(無派閥)
◇地方行政に通じた鉄人=法務 岩城光英氏(初入閣)
 福島県議や同県いわき市長などを歴任し、地方自治に17年間携わった。第1次安倍政権と福田政権で官房副長官、その後、参院政審会長、参院議運委員長を務めるなど、国政でも経験を積んできた。所属する細田派の強い推薦もあり、念願の初入閣を果たした。東日本大震災からの復旧・復興がライフワーク。法務行政は未知数で手腕が問われる。トライアスロン協会会長を務めており、今でも年に4回ほどレースに出場する「鉄人」でもある。65歳。(細田派)
◇リベラル色発揮が課題=外務 岸田文雄氏(留任)
 自民党「保守本流」を掲げる派閥、宏池会を率いる。父の故文武衆院議員の秘書を経て政界入りした。安倍晋三首相は当選同期。外相として各国要人と信頼関係を築き、首相の「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」を支える。被爆地の広島市選出で核軍縮はライフワーク。9月の党総裁選で派閥名誉会長の古賀誠元幹事長の意に反し、首相の再選支持で派内をまとめた。ただ、思想・信条では首相と距離があるとみられており、リベラル色をどう発揮していくかが課題。58歳。(岸田派)
◇文教族の元プロレスラー=文部科学 馳浩氏(初入閣)
 1984年ロサンゼルス五輪にレスリング選手として出場、その後プロに転じ、独自の投げ技ノーザンライト・スープレックスで名をはせた。政界では、母校星稜高での国語科教師の経験を生かして文教畑を歩み、文部科学政務官、文科副大臣を歴任。児童虐待防止法改正に尽力したほか、過労死防止法の成立やオウム真理教対策にも携わり、性的少数者「LGBT」の課題に取り組む超党派議員連盟の会長を務めるなど、手掛ける政策は多岐にわたる。趣味は文学散歩。54歳(細田派)
◇金融に強い首相の盟友=厚生労働 塩崎恭久氏(留任)
 日本年金機構の個人情報流出問題で野党から厳しく責任を問われたが、過去2回廃案となった改正労働者派遣法を通常国会で成立させた。日銀出身で金融問題に明るく、党内きっての政策通。エリート色が抜けず、同僚議員や官僚を論破して煙たがられることも多い。若手議員当時から安倍晋三首相に近く、第1次政権では官房長官を務めた盟友だ。首相が掲げる「介護離職ゼロ」など社会保障改革で真価が問われる。音楽家の坂本龍一氏と高校時代から親しい。64歳。(無派閥)
◇たたき上げの農水族=農林水産 森山裕氏(初入閣)
 中学卒業と同時に就職し、夜間高校に通学。鹿児島市議7期を経て、1998年の参院選で初当選した「たたき上げ」。青木幹雄元参院議員会長から参院幹部候補として期待されたが、2004年の補選で衆院に転じた。農水畑を歩み、農協改革では調整役を引き受けるなど、黒子として活躍。昨年から党環太平洋連携協定(TPP)対策委員長に就任し、先のTPP交渉閣僚会合では米国に赴き、大筋合意に至るまで交渉をサポートした。愛犬家でもある。70歳。(石原派)
◇運輸政策通の二階派幹部=経済産業 林幹雄氏(再入閣)
 環境庁長官を務めた父大幹氏の秘書や県議を経て1993年衆院選で初当選。福田政権で国家公安委員長として初入閣を果たし、麻生政権でも再入閣した。運輸政務次官、国交副大臣などを歴任し運輸政策に詳しく、選挙区にある成田空港の機能強化などに尽力。山崎派(当時)に所属していたが、二階俊博総務会長率いる二階派へ移籍し同派副会長に。二階氏の信頼が厚く、同派から唯一の入閣となった。手堅さが売りだが、派手さに欠け発信力不足との評も。68歳。(二階派)
◇堅実な実務家=国土交通 石井啓一氏(初入閣)
 旧建設省出身で、公明党きっての政策通。野党時代の2010年から約5年間にわたり政調会長を務めた。民主党政権下の12年、自民党を交えた消費税増税をめぐる3党協議では、支持母体の創価学会が難色を示す中、合意をまとめ上げた。堅実さが身上で次の党代表候補と目されるものの、党内では「地味」「人情味がない」と人気はいまひとつ。霞が関随一の巨大官庁となった古巣のかじ取りで手腕が問われる。口数は少ないが、酒が入ると笑い上戸になる一面も。57歳。
◇アナウンサー出身「選挙の顔」=環境 丸川珠代氏(初入閣)
 民放アナウンサー出身で知名度は高く、「選挙の顔」として貢献してきた。安倍晋三首相の政治理念に共感して政界入りし、自民党女性局長などを務めた。2008年に同党の大塚拓衆院議員と結婚し、1児の母。「女性が輝く社会」を掲げる政権の目玉閣僚として、参院当選2回での抜てきとなった。勝ち気な性格で、挑発的なやじも。野党時代には採決を強行した民主党の参院厚生労働委員長に「愚か者めが」と叫び、話題になった。趣味はダイビング。44歳。(細田派)
◇安保法成立に奮闘=防衛 中谷元氏(留任)
 安全保障関連法の成立に防衛相として奮闘した。200時間を超えた国会審議では、不安視された答弁が二転三転し審議が中断することもあったが、省内からは「中谷氏でなければ乗り切れなかった」との声も。自衛官出身で部隊視察では若い隊員にも気さくに声を掛けるなど制服組からの信頼は厚い。来年3月末までの安保法施行に向け、武器使用基準緩和など自衛隊の体制整備に指導力が期待される。防衛大ラグビー部出身のラガーマン。57歳。(谷垣グループ)
◇首相の信頼厚い「内閣の要」=官房 菅義偉氏(留任)
 2007年の第1次安倍政権退陣後、いち早く安倍晋三首相の再登板を唱え、実現を主導した。自然災害をはじめとする危機管理対応には定評があり、「内閣の要」として首相の信頼は厚い。政治の師と仰ぐ故梶山静六元官房長官に倣い、沖縄の基地問題に取り組む中、地元知事から「上から目線」と痛烈な批判を浴びたことも。秋田県のイチゴ農家出身で、議員秘書、横浜市議を経たたたき上げの党人派。寡黙で一見こわもてだが、パンケーキが好物の甘党。66歳。(無派閥)
◇国対のエキスパート=復興 高木毅氏(初入閣)
 野党時代を含め長く国会対策に携わり、「将来の国対委員長候補」と目される。「日本酒ならいくらでも飲める」という酒豪。朗らかな性格で、野党議員との懇親会では盛り上げ役を買って出ることも。衆院議院運営委員会では、国立公文書館の移転先絞り込みを主導した。日本青年会議所(JC)の北陸信越地区会長を経て2000年に政界入り。原発が多数立地する衆院福井2区の選出で、原発再稼働の旗振り役。北陸新幹線の延伸にも力を入れる。59歳。(細田派)
◇改革志向の「異端児」=公安・行革 河野太郎氏(初入閣)
 党内きっての改革派で、財政の無駄を排除する歳出改革や政府組織のスリム化に熱心に取り組んできた。父は元衆院議長の河野洋平氏、祖父は元建設相の一郎氏で毛並みの良さは抜群。2009年の党総裁選に挑戦した経験も持つ。歯に衣(きぬ)着せぬ物言いに加え、脱原発派の急先鋒(せんぽう)でもあることから、自民党内では「異端児」扱いされることも。エネルギー政策をめぐって政府とたびたび対立してきたため、閣内不一致を懸念する声もある。52歳。(麻生派)
◇「主婦感覚」の政治目指す=沖縄・北方 島尻安伊子氏(初入閣)
 仙台生まれだが、結婚を機に移住した沖縄で3男1女を育てる。「台所から政治を変える」をスローガンに初当選以来、消費者問題に傾注。自民党ワーキングチームの座長として、消費者教育推進法の制定に奔走した。米軍普天間飛行場の移設問題では、2010年の参院選で県外移設を訴えたが、政権復帰後、「危険性の除去が第一」と名護市辺野古移設を容認。反対派の稲嶺進名護市長の対応を「権限の乱用」と批判するなど、率直な発言が論議を呼ぶことも。50歳。(額賀派)
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0) | トラックバック (0)

明大院元教授を在宅起訴 司法試験漏洩、守秘義務違反 (7日)日経

明治大法科大学院の元教授による司法試験問題の漏洩事件で、東京地検特捜部は7日、5月に実施された司法試験の出題内容を教え子に漏らしたとして、青柳幸一元教授(67)=懲戒免職=を国家公務員法(守秘義務)違反の罪で在宅起訴した。
 起訴状によると、今年2~5月、前年に明治大法科大学院を修了した教え子の女性受験生に、自身の研究室などで憲法分野の論文と短答式の試験問題の内容を漏らした疑いが持たれている。
 法務省によると、青柳元教授は14年にわたり司法試験の憲法の問題作成などに携わる考査委員を務めた。考査委員は非常勤の国家公務員で、国家公務員法に基づく守秘義務が課されている。
 6~8月の答案審査の過程で、別の考査委員が女性の答案を「模範解答に似すぎている」と指摘。特捜部のこれまでの捜査に対し、青柳元教授が漏洩を認めていた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H63_X01C15A0000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

側壁に衝突のトレーラーに次々…7台事故 第三京浜(7日)テレビ朝日

川崎市の第三京浜で、単独事故を起こしたトレーラーに後続のタクシーが追突するなど合わせて7台が絡む事故があり、男性1人が死亡しました。
 7日午前2時ごろ、川崎市高津区を通る第三京浜で、走行中のトレーラーが道路の側壁に衝突した後、中央分離帯にもぶつかって停止しました。その後、後ろから走ってきたタクシーがトレーラーに突っ込みました。この事故で、タクシー運転手の真家隆さん(57)が死亡し、トレーラーの運転手の男性(60)が打撲などの軽傷です。また、トレーラーに積まれた工事車両の一部が反対車線に落下し、乗用車など5台に衝突して男性3人がけがをしました。警察はトレーラーの運転手の回復を待ち、当時の状況などについて話を聞く方針です。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー詐欺か、都内で不審電話相次ぐ (7日)テレビ朝日

マイナンバー制度をかたる不審な電話が、東京都内で今月に入ってから少なくとも8件相次いでいることが分かりました。
 今月2日、東京・大田区に住む60代の女性に対し、知らない会社を名乗り、「マイナンバーのセキュリティに70万円かかる」という電話がありました。女性が「税理士に相談する」と答えたところ、電話は切れたということです。
 また、同じ2日、町田市の60代の女性らに市役所の職員を名乗って「マイナンバーの調査をしている。家族構成のアンケートをしたい」などという電話が4件相次いだほか、5日には、世田谷区の40代の男性に対し、「9月から役所に依頼され、調査している」という電話がありました。
 こうしたマイナンバー制度をかたった不審な電話は、今月に入ってから都内で少なくとも8件相次いでいるということです。被害はまだ確認されていませんが、警視庁は注意を呼びかけています。(07日11:34)

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2606880.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

息子装い電話、300万円詐取容疑で男逮捕 (7日)テレビ朝日

72歳の女性に息子を装ってウソの電話をかけ、現金300万円をだまし取ったとして、39歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは無職の喜田一也容疑者(39)で、今月5日、横浜市の72歳の女性に息子を装って「お金を引き換える券が入ったカバンをなくした」などとウソの電話をかけ、現金300万円をだまし取った疑いが持たれています。
 喜田容疑者が東京・大田区の路上で不審な行動をしているのを警察官が見つけ声をかけたところ、カバンの中から札束が見つかったということです。喜田容疑者は「荷物を受け取りに行っただけ」と容疑を否認しています。(07日10:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2606888.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

家出少女にみだらな行為を…18日間で客50人斡旋か(7日)テレビ朝日

16歳の家出中の少女を男性客に紹介し、東京・豊島区内でみだらな行為をさせていたとして男2人が逮捕されました。
 渡部陽介容疑者(33)と大沢健容疑者(20)は2月、家出中の16歳の少女を42歳の男性に紹介し、豊島区内でみだらな行為をさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡部容疑者らは少女に「月100万円くらいは余裕で稼げる」などと持ち掛け、大沢容疑者の自宅に住まわせたうえで、18日間で50人ほどの客を紹介していたとみられています。渡部容疑者らは容疑を認めています。警視庁は、渡部容疑者らが別の16歳の少女にも客を紹介するなど、3カ月間で約1000万円を売り上げたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000060073.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫か、JR北海道…車輪に傷、ポイントは切り替わらず 不具合で運休・遅れ相次ぐ(7日)産経

JR北海道は6日、宗谷線や室蘭線で、車輪に傷がついていたり、ポイントが切り替わらなかったりするなどの不具合があり、特急列車など計9本に運休や遅れが出たと発表した。
 宗谷線名寄駅(名寄市)では、出発前の点検で普通列車(1両)の車輪に傷が見つかり、この車両を使う予定だった普通列車4本を運休。午前中の運行時、別の駅でレール上の落ち葉や水滴で滑走し、約10メートルオーバーランした際に摩擦の影響で傷ができたという。
 宗谷線音威子府-名寄間でも、レールがぬれて車輪が空転し、普通列車2本に遅れが出た。
 室蘭線長和駅(伊達市)では、ポイントが切り替わらず、特急など3本に遅れが出た。ポイントを稼働させるケーブルが切れていたといい、原因を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/151006/afr1510060029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

画商が寄託絵画詐取 兵庫県、持ち主へ賠償2億円パーに(7日)朝日

 旧兵庫県立近代美術館(現・県立美術館王子分館、神戸市灘区)が預かっていた絵画50点を仲介役の画商にだまし取られ、県が所有者に損害賠償金として支払った約2億円について、県が画商から回収できないまま債権を放棄していたことがわかった。画商は2006年に海外で死亡。昨年時効が成立していた。
 県教委によると美術館は1985年以降、都内にギャラリーを持つ男性画商の仲介で、大阪府内に住む女性から神戸市ゆかりの画家小磯良平氏などの絵画108点の寄託を受けた。同館は1点ごとに女性に預かり証を発行した。
 しかし画商は「女性が返還を求めている」と同館に偽造した預かり証を示し、90~93年に計50点を同館から詐取。館側は女性の意思や預かり証の真贋(しんがん)を確かめなかった。画商は絵画を担保に金融機関から融資を受けたと見られるという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

修理必要とウソ、現金詐取容疑…元従業員ら逮捕(7日)読売

奈良県内の高齢者2人に「屋根を修理しないと雨漏りする」などとうそを言い、工事費として計約53万円をだまし取るなどしたとして、奈良県警は6日、大阪府内の住宅リフォーム業者の元従業員ら4人を詐欺、特定商取引法違反容疑などで逮捕した。
 奈良県のほか、大阪、兵庫、滋賀各府県を含め約750件、総額約3億円に上る契約が結ばれており、県警は、被害実態を詳しく調べる。
 逮捕されたのは、大阪府東大阪市の元従業員・横矢政佳容疑者(52)ら男4人。いずれも容疑を否認しているという。
 発表では、4人は共謀して昨年5月~今年8月、奈良県大和郡山市と奈良市の高齢者2人の家を訪れ、「瓦が傷んでいる」などと虚偽の説明をし、瓦の補強工事費などを名目に現金を詐取するなどした疑い。

2015年10月06日 16時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

野田毅議員の元秘書逮捕 覚せい剤使用疑い、否認(7日)共同

覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反の疑いで、自民党税制調査会長の野田毅衆院議員の元私設秘書藤木寿人容疑者が熊本県警に逮捕されていたことが6日、関係者への取材で分かった。県警は入手ルートを捜査している。
 関係者によると、容疑を否認しているという。10年以上前から熊本市内の議員事務所に勤務しており、体調不良を理由にいったん退職したが、その後復帰した。9月末に再度退職し、今月1日に逮捕された。
 藤木容疑者が勤務していた事務所は「今の段階では捜査状況を見守っているとしか言えない」としている。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100601002260.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野・飯田で銃撃された男性、神戸山口組系の関係者か (7日)TBS

長野県飯田市で男性が銃で頭を撃たれ重体となっている事件で、男性は指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組系の関係者と見られることがわかりました。
 6日午後0時半過ぎ、飯田市の宿泊施設の駐車場で、市内に住む43歳の男性が銃で頭を撃たれ、意識不明の重体となっています。
 捜査関係者によりますと男性は暴力団関係者で、指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組系に移ったとの情報があるということです。一方、男性を撃った犯人は逃走していて、警察が殺人未遂事件として行方を追っています。
 地元の小中学校は、7日の朝は保護者が付き添って登校する対応を取るなど、警戒が続いています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2606388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

せんべい箱に覚醒剤など隠し持った容疑、組長ら再逮捕 (7日)TBS

覚醒剤を密輸したとして稲川会系暴力団の組長らが逮捕された事件で、組長らが末端価格1億円相当の覚醒剤などをせんべい箱に隠し持っていたとして、警視庁に再逮捕されました。
 再逮捕されたのは、稲川会系暴力団組長の中根守容疑者(63)と組員の青野由彦容疑者(50)ら3人で、先月、横浜市の組事務所が入るビルで覚醒剤およそ1.5キロ末端価格1億円相当のほか、大麻やコカインを所持した疑いが持たれています。
 押収された覚醒剤はおよそ5万回使用できる分量があり、せんべいの箱の中に隠されていたということです。
 中根容疑者らは先月、韓国食品に紛れ込ませ覚醒剤を密輸したとして逮捕されていて、警視庁は組織的に密売や密輸に関与していたとみて、全容の解明を進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2606398.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺の電話信じ上京の女性 730万円奪われる(7日)NHK

6日、東京・台東区の路上で、振り込め詐欺の電話を信じて福島県から上京した77歳の女性が、息子の友人を名乗る男に突き飛ばされて、現金730万円が入ったバッグを奪われ、警視庁は強盗事件として捜査しています。
6日午後6時ごろ、東京・台東区根岸の路上で、福島県から上京した77歳の女性が男に突き飛ばされ、現金730万円が入ったバッグを奪われました。
警視庁によりますと、女性は息子を装った振り込め詐欺の電話を受け、上野駅に現金を持ってくるよう指示されて、新幹線で上京し、駅で息子の友人を名乗る男に声をかけられたということです。
その後、息子のところに案内すると言われ、付近を歩いているうちに、不審に思った女性が「詐欺ではないか」と聞いたところ、男はいきなりバッグを奪って逃げたということです。女性にけがはありませんでした。
警視庁によりますと、男は年齢が40歳くらい、身長が1メートル60センチぐらいで、黒いスーツを着ていたということです。警視庁は、強盗事件として、逃げた男の行方を捜査しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151007/k10010261641000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球賭博 ほかの球団でも調査などの動き(7日)NHK

プロ野球、巨人の選手が野球賭博を行っていた問題を受けて、DeNAが選手や球団職員などを対象に書面による調査を始めるなど、対応の動きがほかの球団の間でも広がっています。
この問題は、巨人の福田聡志投手が、ことし8月から9月上旬にかけて、巨人の試合を含むプロ野球などの試合で野球賭博を行っていたものです。
巨人は6日から、選手全員を対象に、賭博行為をしたり、誘われたりしたことがなかったかなど、聞き取り調査を始めましたが、こうした動きはほかの球団の間でも広がっています。
このうち、DeNAは、選手やコーチに加え、球団職員やスタッフなど関係者全員を対象に、野球賭博を周辺で見聞きしたことがあるかなどを問う、書面による調査を始めました。
また、ヤクルトが、選手に対する注意喚起をすでに行ったほか、パ・リーグでは、ソフトバンクが、クライマックスシリーズに向けた練習を再開する8日、選手への注意喚起を行うことにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151007/k10010261611000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月6日 | トップページ | 2015年10月8日 »