« 全員外国人の消防団結成 滋賀・草津市、災害時に通訳(2日)共同 | トップページ | 学園長が1000万円超を私的流用、修学旅行後 遊園地やカジノに (2日)TBS »

2015年9月 2日 (水)

嘱託警察犬:体重3キロ弱 小さいパピヨン北海道警で合格(2日)毎日

北海道警の嘱託警察犬に小型犬パピヨン1匹が合格し、伊達署から飼い主に嘱託書が交付された。道警鑑識課によると、嘱託警察犬はラブラドルレトリバーやシェパードなど大型犬が主流だが、小型犬も体力面で問題ないことが分かり活躍し始めているという。
 合格したのは洞爺湖町の会社員、神山博さん(60)と妻けい子さん(51)が育ててきた4歳の雌「まる」。体高は約27センチ、体重は2.8キロとやや小ぶりだ。任期は来年8月までの1年間で、直轄警察犬の任務を補完する形で現場に出動する。犬の指導手のけい子さんは「においをかぎ分けるのが得意。きゃしゃで少し臆病なところがあるが、一生懸命に活躍してほしい」と話す。
 道警では1973年9月に警察犬が導入され、現在は9頭のジャーマンシェパードが直轄警察犬として犯罪捜査や災害救助、爆発物捜索で活躍。ほかに民間の指導手に飼育や訓練を委託する嘱託警察犬68頭がいて、小型犬は「まる」の他にトイプードルが1匹いる。【横尾誠治、袴田貴行】

Logo_mainichi_s1_3http://mainichi.jp/select/news/20150903k0000m040051000c.html

« 全員外国人の消防団結成 滋賀・草津市、災害時に通訳(2日)共同 | トップページ | 学園長が1000万円超を私的流用、修学旅行後 遊園地やカジノに (2日)TBS »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全員外国人の消防団結成 滋賀・草津市、災害時に通訳(2日)共同 | トップページ | 学園長が1000万円超を私的流用、修学旅行後 遊園地やカジノに (2日)TBS »