« 鬼怒川決壊で12人不明、茨城・常総 安否確認・救助急ぐ (11日)日経 | トップページ | 仙台で41万人超に避難勧告 宮城・大和町で住民孤立(11日)共同 »

2015年9月11日 (金)

青酸連続殺人:千佐子容疑者「身内に不幸、会えない」(11日)毎日

青酸化合物による連続殺人事件で、筧(かけひ)千佐子容疑者(68)が兵庫県伊丹市の男性(当時75歳)の死亡の数日前、同時に交際していた別の男性に「身内に不幸があった。
 しばらく会えない」という趣旨のメールを送っていたことが捜査関係者への取材で分かった。千佐子容疑者の親族は亡くなっておらず、大阪府警などの合同捜査本部は、伊丹の男性を殺害する時間を確保しようとした工作だったとみている。
 千佐子容疑者は2013年9月20日夜、伊丹市内のレストランで、伊丹市の日置稔さんにカプセル入りの青酸を飲ませ、その日に殺害した疑いが持たれている。
 捜査関係者によると、千佐子容疑者はこの時、後に結婚する筧勇夫さん(当時75歳)=京都府向日市=とも交際していた。当時、千佐子容疑者は勇夫さんの自宅に泊まることが多かったという。
 日置さんが死亡する数日前、千佐子容疑者は勇夫さんの携帯電話に「身内に不幸があった。不動産の整理もある。しばらくは家に帰れない」という内容のメールを送っていた。
 しかし、千佐子容疑者は9月19日に日置さん宅に泊まった。20日は京都方面に2人で出掛け、その後、レストランに立ち寄って食事をし、千佐子容疑者が日置さんに青酸を飲ませたとされている。
 捜査本部が調べたところ、この頃、千佐子容疑者の身内は誰も亡くなっていなかった。日置さんの殺害を実行するには数日間は必要と考えた千佐子容疑者が、勇夫さんに不審がられないように時間を確保するため、虚偽の内容のメールを送った可能性が高いという。
 千佐子容疑者は13年11月に勇夫さんと結婚した。同年12月末に勇夫さんを殺害したとして起訴されている。

« 鬼怒川決壊で12人不明、茨城・常総 安否確認・救助急ぐ (11日)日経 | トップページ | 仙台で41万人超に避難勧告 宮城・大和町で住民孤立(11日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼怒川決壊で12人不明、茨城・常総 安否確認・救助急ぐ (11日)日経 | トップページ | 仙台で41万人超に避難勧告 宮城・大和町で住民孤立(11日)共同 »