« 4カ月連続勤務、自腹購入…ブラックバイトで団交要求 大学生、飲食チェーン店に(11日)産経 | トップページ | 鬼怒川水害22人不明に、茨城 宮城でも堤防決壊(11日)共同 »

2015年9月11日 (金)

巨額詐欺 口実使い分け集金(11日)NHK

「銀行の特別枠で預金を運用できる」などとうそを言って、現金をだましとったとして逮捕された兵庫県西脇市の会社役員の女が、他にも「中国への投資」や「震災の義援金」といった口実で金を集めていたことが関係者への取材でわかりました。
警察は女が複数の口実を使い分けながら108億円を超す巨額の資金をだまし取った疑いがあるとみて、全容の解明を進めています。
  兵庫県西脇市の化粧品販売会社の役員、藤原道子容疑者(60)は、おととし、姫路市の女性に「銀行の特別枠で預金を運用できる」などとうそを言って、現金3000万円をだましとったとして、9日、詐欺の疑いで逮捕されました。
  これまでの調べで、藤原容疑者に現金をだまし取られたという被害者は、兵庫県など関西の女性を中心に480人あまりにのぼり、被害総額は108億円を超えるとみられています。
藤原容疑者は平成20年ごろから「銀行の特別枠での預金運用」という口実で本格的に金を集め始めたとみられていますがその後平成23年ごろからは「中国への投資」や「東日本大震災への義援金」といった口実でも金を集めていたことが関係者への取材で新たにわかりました。
  関係者によりますと平成23年ごろには返済が一部が滞り始めていたということで、警察は藤原容疑者が複数の口実を使い分けてより多くの金を集めようとしたとみて全容の解明を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2024839561.html?t=1441877155

« 4カ月連続勤務、自腹購入…ブラックバイトで団交要求 大学生、飲食チェーン店に(11日)産経 | トップページ | 鬼怒川水害22人不明に、茨城 宮城でも堤防決壊(11日)共同 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4カ月連続勤務、自腹購入…ブラックバイトで団交要求 大学生、飲食チェーン店に(11日)産経 | トップページ | 鬼怒川水害22人不明に、茨城 宮城でも堤防決壊(11日)共同 »