« 茨城 水戸市で約3万人に避難勧告(10日)NHK | トップページ | 「助けはいつ来るのか」 鬼怒川が氾濫、救助要請相次ぐ(10日)朝日 »

2015年9月10日 (木)

栃木で1人心肺停止、1人不明=大雨で土砂崩れ-河川氾濫、発電所水没も(10日)時事

大雨特別警報が出された栃木県では10日、土砂崩れに巻き込まれて女性1人の行方が分からなくなったほか、男性1人が心肺停止となった。同県や茨城県内では川が氾濫。両県で避難指示の対象は少なくとも約5万7600世帯の約15万8000人に上った。
 栃木県では、宇都宮市など8市町の3万6873世帯、約9万6300人に避難指示が出た。県警によると、鹿沼市では住宅の裏山が崩れて3棟に土砂が流れ込み、うち1棟の住人男性(65)が重傷を負い、男性の妻(63)と連絡が取れなくなっている。また警察庁によると、日光市で配水管の詰まりを除去する作業中の男性2人が流され、20代男性が心肺停止となった。もう1人の男性(66)は意識があるが低体温症だという。
 同県小山市では思川の支流から水があふれ、消防隊員がゴムボートなどを使って住民の救助活動に当たった。また鹿沼市を流れる黒川の護岸が崩壊し、付近の住宅2棟と倉庫が流されたが、住民らは事前に避難して無事だった。
 東京電力によると、川の氾濫により日光、那須塩原両市と塩谷町にある水力発電所の一部設備が水没した。停電はないという。
 茨城県では、常総市などを流れる鬼怒川の氾濫で、8市町の約2万700世帯6万1700人に避難指示が出た。県によると、古河市で西仁連川の堤防が決壊して氾濫、タクシー運転手の男性(71)が冠水した道路上で車内に取り残されて低体温症に陥り、同県境町の女性(36)がけがをするなどの被害も出た。
 このほか、千葉県鎌ケ谷、市川両市でも土砂災害の恐れがあるとして、647世帯の1525人に避難指示が出された。(2015/09/10-13:38)

2015/09/10-13:38

« 茨城 水戸市で約3万人に避難勧告(10日)NHK | トップページ | 「助けはいつ来るのか」 鬼怒川が氾濫、救助要請相次ぐ(10日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城 水戸市で約3万人に避難勧告(10日)NHK | トップページ | 「助けはいつ来るのか」 鬼怒川が氾濫、救助要請相次ぐ(10日)朝日 »