« 朝鮮総連の北海道本部に家宅捜索 (6日)TBS | トップページ | タクシー運転手殺害 事件直前に配車依頼(6日)NHK »

2015年9月 6日 (日)

新組織、「指定」へ作業=1年8カ月要した例も-警察当局(6日)時事

国内最大の指定暴力団山口組から離脱した山健組などが新組織を設立したとみられることを受け、警察当局は対立抗争を警戒しつつ、新組織を暴力団に指定する作業を本格化させる。ただ、組織の全体像を解明した上で暴力団対策法に基づく意見聴取などの手続きを踏まねばならず、過去には1年8カ月を要した例もある。
 警察庁幹部によると、都道府県公安委員会が新組織を指定するには三つの要件を満たさねばならないが、最大の課題は「威力を用いて資金獲得している」ことの立証だ。このため同庁は、新組織の構成員による恐喝や傷害といった被害情報の収集を強化するよう全国の警察に指示した。
 最近では、福岡県の道仁会を離脱した組織が2006年6月に九州誠道会(現・浪川睦会)を結成し、対立抗争が始まったが、九州誠道会が指定されたのは08年2月だった。(2015/09/06-15:49)

« 朝鮮総連の北海道本部に家宅捜索 (6日)TBS | トップページ | タクシー運転手殺害 事件直前に配車依頼(6日)NHK »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝鮮総連の北海道本部に家宅捜索 (6日)TBS | トップページ | タクシー運転手殺害 事件直前に配車依頼(6日)NHK »