« 勤務中に公用車で不倫相手と密会 大阪府警、警部ら2人処分へ(3日)産経 | トップページ | 不正送金、信金で激増=ネット銀の被害拡大-「対策弱い機関へ移行」警察庁(3日)時事 »

2015年9月 3日 (木)

上半期の危険ドラッグ摘発が最多 取り締まりで歯止めも(3日)共同

全国の警察が危険ドラッグに絡み、今年上半期に摘発した事件は昨年同期(127件)の約5倍の633件で、上半期ベースで統計が残る2012年以降最多だったことが3日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。7割以上は昨年末までに捜査を始めており、今年1月以降に認知したケースは26・7%の169件にとどまった。警察庁の担当者は「取り締まり強化の結果、新たな認知のペースが落ちてきている」と分析している。
 使用が原因とみられる死者は昨年同期より19人少ない7人だった。危険ドラッグが原因とみられる交通事故で被害に遭った死者は3人から0人、重軽傷者は51人から9人に減った。

2010_0123_11120247newslogo1_4
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090301000896.html

« 勤務中に公用車で不倫相手と密会 大阪府警、警部ら2人処分へ(3日)産経 | トップページ | 不正送金、信金で激増=ネット銀の被害拡大-「対策弱い機関へ移行」警察庁(3日)時事 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勤務中に公用車で不倫相手と密会 大阪府警、警部ら2人処分へ(3日)産経 | トップページ | 不正送金、信金で激増=ネット銀の被害拡大-「対策弱い機関へ移行」警察庁(3日)時事 »