« 女2人、刃物強盗容疑で逮捕 福岡・大牟田 (1日)日経 | トップページ | 山口組分裂で抗争懸念、警戒強化 兵庫県警の刑事部長(1日)共同 »

2015年9月 1日 (火)

バンコクテロ:男女2人に逮捕状 出国しトルコに滞在か(1日)毎日

【バンコク岩佐淳士】タイの首都バンコクで起きた爆弾テロ事件で、タイ警察は31日、新たにタイ人の女(26)と国籍不詳の男に逮捕状を取った。2人は爆発物所持容疑で29日に逮捕された外国人の男(28)の仲間とみられ、この男と共にテロへの関与が疑われている。一方、タイ人の女は約2カ月前にアラブ首長国連邦(UAE)に出国し、今はトルコにいるとみられることが捜査関係者への取材で判明した。
 警察当局によると、逮捕状が発行された女は、タイ人でイスラム教徒のワンナ・スアンサン容疑者(26)。タイ南部パンガー県出身だった。男はワンナ容疑者と同居していたとみられるが、国籍や身元は不明だ。
 ワンナ容疑者は29日に逮捕した外国人の男の捜査で関係者として浮上。警察が30日にワンナ容疑者が住むバンコク東部のアパートを捜索したところ、部屋から爆発物の材料とみられる肥料やケーブル、時計などを発見した。警察はワンナ容疑者の写真や同居していた男の似顔絵を公開し行方を追っている。
 しかし、捜査関係者によると、ワンナ容疑者は7月1日、タイ南部プーケットの空港からUAEの首都アブダビに出国していたことが判明。同居していた男も同時に出国した可能性がある。ワンナ容疑者は親戚を通じて「現在はトルコにいる」と説明しており、警察の出頭要請に応じるかどうかは不明だ。
 一方、タイ当局は29日に逮捕した外国人の男を軍施設に拘束し、取り調べを続けている。男の部屋から押収した爆弾の材料には、17、18日の連続爆弾テロの爆弾に使われたものと同じタイプの金属球が含まれていた。しかし、男はテロ事件への関与を否定。トルコ系とみられるが、国籍や身元も不明のままだ。事件の動機も含め、依然として解明されていない点は多い。

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20150901k0000m030163000c.html

« 女2人、刃物強盗容疑で逮捕 福岡・大牟田 (1日)日経 | トップページ | 山口組分裂で抗争懸念、警戒強化 兵庫県警の刑事部長(1日)共同 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女2人、刃物強盗容疑で逮捕 福岡・大牟田 (1日)日経 | トップページ | 山口組分裂で抗争懸念、警戒強化 兵庫県警の刑事部長(1日)共同 »