« 不明15人、懸命の捜索=鬼怒川決壊の茨城・常総-栃木・宮城で死者4人(12日)時事 | トップページ | 埼玉の殺害事件、携帯見つからず 朝霞、58歳男性所有(13日)共同 »

2015年9月12日 (土)

【現職警察官逮捕】中野容疑者、捜査1課も経験 「お金にはゆとり」(12日)産経

中野翔太容疑者は高校卒業後、平成14年4月に埼玉県警に入り、通算13年4カ月のうち8年半を刑事部門で過ごした。23年3月、殺人などの凶悪事件を扱う県警本部捜査1課の刑事に抜擢(ばってき)。一方で、無届けの海外旅行などで過去に指導を受けており、「世間知らず」(同僚)な一面もあったという。
 親類らによると、中野容疑者の妻も埼玉県警の警察官。5年ほど前に婿入りし、幼い2人の息子、妻の母と祖父の6人で暮らしていた。近隣住民は「いわゆる名家で、お金にはゆとりがあるようだった」と話した。事件の直前には、祖父の指導を受けながらトラクターで畑を耕し、その様子を妻子が見守るほほえましい姿を別の住民が目撃している。
 親類の男性(75)は「目立つタイプではなかったが一生懸命で優秀だったと思う」と話す。24年3月には巡査部長に昇任。県警幹部は「それなりに努力していた」との見方を示す。
 捜査本部の任意同行を受けたのは11日午後。所属する浦和署では幹部が若手署員を集め、訓示の最中だった。「寝耳に水」の一報を受けた幹部の表情は青ざめていったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150912/afr1509120042-n1.html

« 不明15人、懸命の捜索=鬼怒川決壊の茨城・常総-栃木・宮城で死者4人(12日)時事 | トップページ | 埼玉の殺害事件、携帯見つからず 朝霞、58歳男性所有(13日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不明15人、懸命の捜索=鬼怒川決壊の茨城・常総-栃木・宮城で死者4人(12日)時事 | トップページ | 埼玉の殺害事件、携帯見つからず 朝霞、58歳男性所有(13日)共同 »