« 口永良部、無人の島内を警察が巡回 留守宅の防犯対策(17日)朝日 | トップページ | JR不審火、現場液体と押収品の成分一致(17日)読売 »

2015年9月17日 (木)

工藤会系幹部ら、みかじめ料要求容疑で逮捕 警察の決別訴え奏功 (17日)日経

北九州市で飲食店を経営する男性(57)にみかじめ料を要求したとして、福岡県警は16日、暴力団工藤会(本部・同市)系組幹部、鷺(さぎ)田国男容疑者(41)=同市八幡西区=と同会系組員の吉岡淳容疑者(32)=同県水巻町=を暴力団対策法違反の疑いで逮捕した。
 県警は6月、工藤会トップの総裁、野村悟被告(68)=殺人罪などで起訴=を所得税法違反の疑いで逮捕。県警本部長が記者会見で工藤会から不当要求を受けている事業者に決別するよう訴えたのを知った男性が被害届を出し、逮捕につながった。
 県警によると、男性は十数年前から工藤会にみかじめ料を毎年100万円以上支払ってきたという。県公安委員会が定める警戒区域で組員らが不当要求をした場合に即逮捕できる規定を適用した。今回の摘発は5例目。
 逮捕容疑は6月5日午後1時40分ごろ、北九州市のレストランに男性を呼び出し「6月分のお金をもらってくるように頼まれたんやけど」などと言い、工藤会の縄張りで営業することの対価として金銭を要求した疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC16H29_W5A910C1ACYZ00/

« 口永良部、無人の島内を警察が巡回 留守宅の防犯対策(17日)朝日 | トップページ | JR不審火、現場液体と押収品の成分一致(17日)読売 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 口永良部、無人の島内を警察が巡回 留守宅の防犯対策(17日)朝日 | トップページ | JR不審火、現場液体と押収品の成分一致(17日)読売 »