« 住民は親子と確認、京都府警 息子は不明(11日)共同 | トップページ | 皇居前、90台の白バイ勢ぞろい「交通死亡事故ゼロ」(11日)テレビ朝日 »

2015年9月11日 (金)

鬼怒川被害、全容つかめず=子どもら不明22人-栃木・宮城で3人死亡、豪雨災害(11日)時事

記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では11日、孤立した住民らの救出活動が続いた。同市では安否の分からない人が、8歳の子ども2人を含めて22人おり、被害の全容は依然明らかになっていない。宮城県などでも河川の決壊や氾濫が相次ぎ、被害は東北地方に広がった。死者は栃木・宮城両県で計3人となった。
【動画】茨城県大雨災害、海上保安庁救助活動=機動救難士が男女2人救出
 気象庁は11日午前、栃木、茨城両県に出していた大雨の特別警報を全て解除。同日未明、宮城県に大雨特別警報を出し、夜に解除した。国土交通省によると、宮城、栃木、茨城各県の7河川で堤防の決壊が確認された。
 茨城県警によると、常総市では救助を求めた後、連絡が取れない人が22人いる。8歳から70代で、いったん避難しながら家の様子を見に戻り、安否が確認できなくなった人もいるという。住宅ごと流されたとの目撃情報があり、増える可能性もある。
 県などによると、常総市の床上・床下浸水は計1万1000軒に達し、ヘリコプターによる救助者だけでも1100人を超えた。国交省は11日も同市などでポンプ車を使い、排水作業を継続。鬼怒川の水位が下がったため支流の水門を開放し、市街地にたまった水を排水した。
 一方、宮城県大崎市の古川西荒井地区では11日午前、渋井川の堤防3カ所が決壊。孤立した住民を救出するため、自衛隊に災害派遣を要請し、約175人が救助された。
 また、同県栗原市では三迫川が氾濫し、車ごと流された女性(48)が死亡。車で外出した男性(62)が行方不明になった。
 栃木県日光市で重体になっていた男性(25)は11日午前に死亡。同県鹿沼市の土砂崩れで亡くなった女性(63)を含め、豪雨災害の死者は3人になった。
 警察や消防、自衛隊などは11日も5800人態勢を維持。ヘリ52機やボートを投入し、各地で救助活動を続けた。(2015/09/11-20:28)

2015/09/11-20:28

« 住民は親子と確認、京都府警 息子は不明(11日)共同 | トップページ | 皇居前、90台の白バイ勢ぞろい「交通死亡事故ゼロ」(11日)テレビ朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住民は親子と確認、京都府警 息子は不明(11日)共同 | トップページ | 皇居前、90台の白バイ勢ぞろい「交通死亡事故ゼロ」(11日)テレビ朝日 »