« 2015年9月16日 | トップページ | 2015年9月18日 »

2015年9月17日

2015年9月17日 (木)

東京・多摩の路上で連続強盗致傷事件3件 男2人の行方追う 警視庁(17日)産経

東京都多摩市で17日未明、男2人組による強盗致傷事件が3件相次いだ。男はいずれも20~30代。現場は半径約100メートル以内で、警視庁は同一グループによる犯行とみて男らの行方を追っている。
 多摩中央署によると、17日午前0時40分ごろ同市関戸の路上で、2人組の男が駐車中の乗用車の運転席のドアを勝手に開け、乗っていた男性会社員(54)を殴るなどし、ポケットの財布を強奪した。数分後には自転車に乗った男性(33)がバックを強奪されそうになり、その約10分後には、乗用車を運転していた男性(47)が運転席から引きずり出されて財布を盗まれる被害があった。http://www.sankei.com/affairs/news/150917/afr1509170022-n1.html

| コメント (0)

警察庁長官「非常に重い結果生じた」 埼玉県警の対応巡り (17日)日経

埼玉県熊谷市の3住宅で計6人が殺害された事件で、警察庁の金高雅仁長官は17日の国家公安委員会後の記者会見で、ペルー人の男を事件前に事情聴取しながら立ち去られるなどした一連の県警の対応について「非常に重い結果が生じた。これを教訓として同様の事案を防ぐ観点から対応をよく見たい」と述べた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H61_X10C15A9CC0000/

| コメント (0)

老人ホーム会員権めぐり詐欺未遂の疑い、男3人逮捕 (17日)TBS

「あなたの名前で老人ホームの会員権が購入されている」とうその電話をかけ、73歳の女性から現金をだまし取ろうとしたとして、無職の男ら3人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・府中市の無職、長谷川泰三容疑者(29)ら3人です。長谷川容疑者らは16日、横浜市に住む73歳の女性に対し、老人ホームの社員を装って電話をかけ、「あなたの名前で会員権が購入されている」などとうそを言って、現金およそ143万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 長谷川容疑者らは、詐欺の電話をかける「かけ子」だったとみられていて、16日、調布市のマンションのアジトに捜査員が踏み込み、逮捕されたということです。
 警視庁は、長谷川容疑者らが詐欺を繰り返していたとみて、裏づけを進めています。(17日18:46)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2591748.html

| コメント (0)

ペルー人男の手配書、警察内部で配布 住民に伝えず(17日)テレビ朝日

埼玉県熊谷市の住宅街で小学生の女の子ら4人の遺体が見つかった事件を巡り、身柄が確保されたペルー人の男について、警察が住民に事前に情報を伝えていなかったことが分かりました。
 16日、熊谷市の住宅街で、小学生の加藤美咲さん(10)ら4人の遺体が相次いで見つかりました。警察は、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)が関与したとみて身柄を確保しています。ナカダ・ルデナ容疑者には13日、別の住宅へ侵入した疑いで逮捕状が出ていましたが、行方が分かりませんでした。その後の取材で、警察は内部で手配書を配布していましたが、地域住民に対してはこの情報を伝えなかったということです。警察は「外部に注意喚起できる事案ではないため、内部でとどめていた」と説明しています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000058926.html

| コメント (0)

「追われている」勤務先失踪=警察に「母国帰りたい」-身柄確保のペルー人(17日)時事

埼玉県熊谷市で住民6人が殺害された事件で、関与が疑われているペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)は今月12日、「背広を着た人に追われ、戻れないので退職する」と言い残し、派遣先の群馬県伊勢崎市の弁当製造工場から失踪していた。翌日、埼玉県警に事情を聴かれた際には「ペルーに帰りたい」などとこぼしていた。
 人材派遣会社(神奈川県)によると、ナカダ容疑者は日系人で、2005年に来日した。職を転々としたとみられ、12年12月~13年11月は相模原市の食品工場に勤務。今年7月30日から5日間は埼玉県所沢市の工場で働いたが、「合わない」との理由で、8月15日から伊勢崎市の工場に移った。
 工場近くの寮に住み欠勤はなかったが、今月12日に派遣会社に電話で退職を求めた。これを最後に連絡が取れなくなり、寮には荷物が置き去りにされていた。
 埼玉県警によると、ナカダ容疑者は翌13日午後1時すぎ、熊谷市内の消防分署に現れた。意味不明の言動を繰り返し、警察官が熊谷署で事情を聴くと「ペルーに帰りたい」「姉さん、神奈川」などと片言の日本語で訴えた。
 通訳を呼ぶ間、ナカダ容疑者は「たばこを吸いたい」などと要求。署員1人が玄関脇の喫煙所に案内すると、持ち物を置いたまま駆け出し、信号無視して道路を横断、姿を消した。午後5時すぎ「外国人風の男が敷地に侵入した」との110番が2件相次ぎ、同署は警察犬を投入し行方を捜したが見つからなかった。
 県警幹部は17日の記者会見で、「6人が亡くなったことは重く受け止める。現時点ではできる限りの対応をしたと思う」と述べるにとどめた。(2015/09/17-20:09)

2015/09/17

| コメント (0)

田代まさし氏に罰金30万円 スカート内盗撮(17日)共同

女性のスカート内を盗撮したとして東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検されていた元タレントの田代まさし氏(59)が略式起訴され、東京簡裁が罰金30万円の略式命令を1日付で出していたことが17日、分かった。
 警視庁によると、田代氏は7月6日に世田谷区の東急二子玉川駅ホームで、女性のスカート内を携帯電話で盗撮したとされる。目撃者からの通報で駆け付けた署員に盗撮を認めていた。女性はその場から立ち去り、被害届は出ていない。
 田代氏は覚せい剤取締法違反の罪などで服役し、昨年7月に出所した。http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091701001657.html

2010_0123_11120247newslogo1_4

| コメント (0)

サイバー攻撃、16組織に被害 標的メール7倍増、上半期(17日)共同

警察庁は17日、コンピューターウイルスを仕込んだ「標的型メール」や不正アクセスなどによるサイバー攻撃で今年上半期、日本年金機構や東京商工会議所、早稲田大など16組織が情報流出の被害を受けたと発表した。標的型メール攻撃は昨年同期比約7倍の1472件と急増、上半期では統計を取り始めた2012年以降、最多となった。
 うち8組織は標的型メール攻撃の被害に遭った。この攻撃は、11年に表面化した三菱重工業へのサイバー攻撃で注目された手口。一層巧妙化しているのが特徴で、警察庁の担当者は「不審なメールを安易に開けず、最新のセキュリティー対策を」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091701000898.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)
慣れで仕事をするな
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011161 警察の対応が問われている。
 16日午後、埼玉県熊谷市で84歳の女性や41歳の母子3人の計4人を殺害したとして30歳のペルー人の男が逮捕された。
 ところが、この男、2日前に発生した55歳の夫と53歳の妻の2人が殺されていた事件にも関与した疑いがあり、捜査が進められている。
 いずれの事件前の13日に地元消防署から「不審な外国人」と通報を受け、身柄を確保して任意同行を求めて署に連行した。
 ところが男は「たばこを吸いたい」と申し出て、その場から逃走してしまった。
 事件はその後、相次いで起きたことから、例によって「あの時、警察が捕まえておけば…」「窃盗のあった段階で地域住民に情報提供しておけば…」などと警察の失態報道が続いている。
 一部報道によると男はペルーのパスポートを所持しており、身柄の引きネタ(確保の要件)は無かった。
 問題はその後だ。財布もパスポートも置いたままでたばこを吸いに建物の外に出ており、そして逃走した。パスポートや財布を置いているので監視が緩んだのかもしれない。
 しかし、問題はその時、警察官は男を追ったのだろうか?産経新聞によると追っていない。なぜ、追わなかったのか?そして事件が起きてしまった。判断はプロとしての警察の資質の問題だ。つまり〝慣れによる仕事〟だったのではないか?警察は全て結果論を問われるということを忘れている。
 次ぎに地域住民に対する情報の提供問題。「危険人物」として扱っていれば提供は当たり前。そうでなかった場合、「なんでもかんでも」とはいかない。むしろ隠す場合だってある。
 それが「逃げても追わなかった」とすればその時には「危険人物」と判断していなかったのだろう。だから情報の提供はなかった。
 警察官に求められているのは「聲なきに聞き 形無きに見る」であり、何をか言わんやである。
 警察庁によると今年8月まで全国で検挙された外国人は318人で前年同期より26人増えている。
 国籍別ではベトナム人が最も多く68人。以下、中国人の67人、韓国・朝鮮人の30人と続くが、地域別でみるとこの「アジア州」が最も多く254人。イギリスなど「ヨーロッパ州」が10人。今回の事件のぺルー人は「南北アメリカ州」に属し44人。「アフリカ州」が10人となっている。
【事件】17日未明に東京都多摩市で男2人組による強盗致傷事件が3件相次いだという。報道が少なく体感的には影響少ないので
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

詳細が分かってきたので差し替えました。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

玄関の鍵閉められ警察官入れず(17日)NHK

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で小学生を含む6人が相次いで殺害された事件で、16日、身柄を確保されたペルー人の30歳の男が母親と小学生2人の娘がいる住宅に侵入した際、警察官が駆けつけたところ、玄関の鍵が中から閉められ入れなかったことが分かりました。
今回の事件の対応について警察は「現時点では、できるだけの対応をしたと考えている」としています。
16日午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で、1人暮らしの白石和代さん(84)が血を流して死亡しているのが見つかり、このおよそ1時間後には、100メートルほど離れた別の住宅で母親の加藤美和子さん(41)、長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)が血を流して倒れて死亡していのるが見つかりました。
警察はいずれも殺害されたとみていて、加藤さんの住宅の2階で刃物を持って自分を切りつけていたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)の身柄を確保しました。
ナカダ容疑者は15日、別の住居侵入の疑いで逮捕状が出ていて、転落した際、頭の骨を折って意識がないということです。
加藤さんの住宅では、ナカダ容疑者が侵入したあと、最初に到着した警察官が鍵のかかっていない玄関から呼びかけましたが、返事はなく、数分後にほかの警察官と共に再び中の様子を確認しようとしたところ、玄関の鍵が中から閉められ、警察官が中に入れなかったことが分かりました。警察官が2階から転落した男を確保したあと住宅の中に入ると、1階と2階のクローゼットで親子3人が見つかったということです。
今回の事件の対応について警察は「現時点では、できるだけの対応をしたと考えている」としています。
熊谷市内では今月14日、近くの別の住宅で、夫婦が刃物で刺されて殺害される事件も起きていて、警察は現場に残された足跡などからナカダ容疑者が合わせて6人が殺害された3件の事件に関わった疑いがあるとみて調べています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150917/k10010238551000.html

| コメント (0)

東京・新宿で安保法案に賛成の集会(17日)NHK

安全保障関連法案を巡り、東京・新宿では、法案に賛成する人たちが集会を開いています。
集会は法案に賛成する人たちで作るグループが、ツイッターなどで呼びかけ、午前11時から新宿駅前で開いています。集まった人たちは、雨の中、「イエス!安保法案」と書かれたプラカードなどを掲げ、法案の早期成立を訴えています。
集会に参加した33歳の会社員の男性は、「中国の存在など、日々、危機を感じているので、法案は通ったほうがいいと思う。朝、ニュースを見ていて国会が荒れていたので心配になりましたが、ただただ成立を願うばかりです」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150917/k10010238591000.html

| コメント (0)

「山口組」関係会社へ発砲した疑い、住吉会系暴力団幹部ら逮捕 (17日)TBS

東京・新宿区歌舞伎町にある指定暴力団「山口組」が関係する会社のドアに銃弾2発を撃ち込んだとして、住吉会系暴力団幹部らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは住吉会系暴力団幹部・小藪敏生容疑者(47)ら3人です。小藪容疑者らは2012年12月、新宿区歌舞伎町にある当時の山口組系「山健組」が関係する会社のドアに向け銃弾2発を発射し、玄関を壊した疑いが持たれています。
 住吉会と山口組は2012年12月、歌舞伎町の喫茶店で組員らが乱闘騒ぎを起こし、双方の関係先への発砲事件が他に2件相次いでいました。
 山口組をめぐっては先月以降、山健組などが分裂し新たな組織を発足させていて、警視庁は新たな抗争につながる可能性もあるとみて警戒を強めています。(17日08:02)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2590541.html

| コメント (0)

合否連絡来ず立腹 面接先の社員脅した疑いで男逮捕(17日)共同

合否の連絡をめぐって採用面接先のスーパーの男性社員を脅したとして、須磨署は17日、暴力行為の疑いで、神戸市須磨区の無職の男(61)を逮捕した。調べに「脅していない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は16日午後5時半ごろ、同区内の公園で、ポケットから取り出したカッターナイフを社員に示し、「いつでも刺せるんやぞ」などと脅迫した疑い。
 須磨署によると、男は同区内のスーパーの採用面接を受け、16日に結果を伝えられる予定だったが、連絡が来ないことに立腹。スーパーに電話をして社員を呼び出し、自宅近くの公園に連れ出したという。
 調べに対し、「朝から待っていたのに、連絡がないので怒った。合否は関係なかった」などと供述。社員は公園から逃げ出し、けがはなかった。同署によると、男は面接に落ちていたという。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201509/0008403078.shtml

| コメント (0)

チリ沖でM8.3の地震 太平洋広域で津波の可能性(17日)朝日

南米チリで16日午後7時54分ごろ(日本時間17日午前7時54分ごろ)、マグニチュード8・3の強い地震があった。これを受け、同国は沿岸部全域に津波警報を発令したほか、ハワイでも津波警報が出された。ロイター通信によると、少なくとも1人が死亡し、約15人がけがをした。揺れは隣国アルゼンチンでも感じられたという。(サンパウロ=田村剛)http://www.asahi.com/articles/ASH9K32ZJH9KUTIL008.html

Logo2_2

| コメント (0)

繁華街、非住宅地に限定=クラブなど終夜営業-地域指定の基準策定・警察庁(17日)時事

客にダンスさせて酒も提供するクラブなどの終夜営業を可能とする改正風営法が成立したことを受け、警察庁は17日、終夜営業を認める地域を繁華街と非住宅地に限定するとの基準を定めた。終夜営業できる「特定遊興飲食店」の定義や条件も策定。風営法施行令や同施行規則の改正案などとして同日公表した。18日から1カ月間、国民の意見を募る。
 特定遊興飲食店について、警察庁は「午前0時以降に営業」「酒を提供」「積極的に客に遊び興じさせる」の3要素を全て満たす営業と定義した。クラブの他、スナックやライブハウスなど幅広い業態が該当する。
 同じ業種を掲げていても実態によって規制が異なる店もある。例えばスポーツバーは、試合の映像を見せるだけなら対象外だが、客に応援を呼び掛ける営業は「特定遊興」の許可が必要になる。
 終夜営業を認める地域の基準は、「1平方キロメートル当たりに300軒以上の割合で風俗営業店や酒類提供飲食店などが存在する繁華街」か「居住者が1平方キロメートル当たり100人以下の地域」とした。繁華街の中でも、住宅街とその周辺、病院や児童福祉施設などの周辺は営業を禁じた。
 通勤・通学者らのため、午前5~10時は営業を制限できる規定も基準に盛り込んだ。
 警察庁はこの基準を全国知事会と全国都道府県議会議長会に通知。各都道府県は今後、基準を元に条例を改正し、営業可能な地域や制限時間を具体的に指定する。
 特定遊興飲食店の明るさは「客席で10ルクス超」を条件とした。クラブやディスコの場合、客席の面積がフロア全体の5分の1以下だと、ダンススペースの照度も10ルクス超が必要になる。(2015/09/17-10:55)

2015/09/17-10:55

| コメント (0)

ペルー人男、13日午後消防に 「片言で意味分からない」 姿消すも県警は落ち度否定(17日)産経

住居侵入容疑で逮捕状を取ったペルー人の男(30)については、埼玉県警熊谷署が、同県熊谷市の夫婦殺害事件が発生する前日の13日に署に同行していたが、所在不明になっていた。県警の阿波拓洋(たくよう)刑事部長は「(同行した時点では)容疑者でも保護対象者でもない。捜査する相手ではない」と述べ、捜査の落ち度を否定した。警察庁幹部は「事実関係を調べなければ警察活動の適切性を述べられない」としている。
 県警熊谷署捜査本部によると、地元消防が13日午後1時半ごろ、交番に「外国人が来て、片言で意味が分からない」と届け出をし、通訳を手配する必要があると判断し、ペルー人の男を署に同行した。
 男は「神奈川に姉がいる」「ペルーに帰りたい」などと話していた。たばこを吸わせている間の午後3時半ごろ、姿を消したという。熊谷市見晴町の夫婦が殺害されたのは翌14日午後の可能性が高いという。http://www.sankei.com/affairs/news/150917/afr1509170006-n1.html

| コメント (0)

「包丁を捨てろ」「確保」 逃げる男、追う警察官 住宅街は騒然、「壁は血まみれ」(17日)産経

埼玉県熊谷市で16日、4人が相次いで襲撃され、殺害されたとみられる事件。「いたぞ」「包丁を捨てろ」-。逃げる男を追う警察官の怒号がこだました。
 県警熊谷署では同日午後4時45分ごろ、新井共実(ともみ)・捜査1課長が捜査車両に乗り込み、慌ただしく署を飛び出した。赤色灯を回し、サイレンを鳴らした捜査車両なども次々と署を出発し現場へ向かっていった。
 「何かあったのか」。現場は同署から約600メートル離れた閑静な住宅街。住民らは午後4時過ぎごろから、周辺に続々と集まるパトカーを見ていた。
 「事件だ!」。午後5時ごろ、住宅街に叫び声が上がり、周辺は一気に緊迫した雰囲気に包まれた。
 ある住民は、暴漢などを取り押さえる「さすまた」を手に数十人の警察官が猛然と駆ける姿を目撃した。「いたぞ、こっちだ」「包丁を捨てろ」。さらにしばらくして、「落ちた! 確保」という叫び声があがったという。
 同署員らは午後4時23分ごろ、白石和代さん(84)方で、白石さんとみられる遺体を発見。周辺の聞き込み捜査を急いだ。

| コメント (0)

3事件の懸賞金延長=指名手配、11月捜査強化-警察庁(17日)時事

 警察庁は16日、3件の殺人事件で指名手配されている容疑者3人について、有力情報に公費の懸賞金を懸ける期間を11月1日から1年間延長することを決めた。懸賞金額はいずれも最大300万円。
 延長の対象は群馬県群馬町(現高崎市)の一家3人殺害=1998年1月=で小暮洋史容疑者(46)、東京都三鷹市の居酒屋チェーン副店長殺害=2005年11月=で上地恵栄容疑者(59)、岩手県川井村(現宮古市)の女性殺害=08年7月=で小原勝幸容疑者(35)。
 警察庁は、11月を指名手配容疑者の捜査強化月間に指定。全国の警察は態勢を強化し、717人(8月末現在)の手配容疑者の行方を追う。(2015/09/17-05:52)

2015/09/17

| コメント (0)

JR不審火、現場液体と押収品の成分一致(17日)読売

東京都内のJR東日本施設で不審火が相次いだ事件で、警視庁に威力業務妨害容疑で逮捕された自称ミュージシャン野田伊佐也容疑者(42)(東京都武蔵野市)の自宅から押収された燃料用アルコールと、北区のケーブル火災現場で検出された液体の成分が同一だったことが捜査関係者への取材でわかった。
 野田容疑者は調べに対し、「ほかにも何件かやった。7月以前にも火をつけた」と供述しており、同庁で裏付けを進めている。
 捜査関係者によると、北区栄町では8月16日未明、線路沿いのケーブルカバーが燃える不審火が発生。ティッシュが巻き付けられ、針金で固定されたペットボトルが見つかり、同庁の鑑定の結果、燃料用アルコールが検出された。野田容疑者宅から同一成分のアルコールが見つかったという。

2015年09月17日 07時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

工藤会系幹部ら、みかじめ料要求容疑で逮捕 警察の決別訴え奏功 (17日)日経

北九州市で飲食店を経営する男性(57)にみかじめ料を要求したとして、福岡県警は16日、暴力団工藤会(本部・同市)系組幹部、鷺(さぎ)田国男容疑者(41)=同市八幡西区=と同会系組員の吉岡淳容疑者(32)=同県水巻町=を暴力団対策法違反の疑いで逮捕した。
 県警は6月、工藤会トップの総裁、野村悟被告(68)=殺人罪などで起訴=を所得税法違反の疑いで逮捕。県警本部長が記者会見で工藤会から不当要求を受けている事業者に決別するよう訴えたのを知った男性が被害届を出し、逮捕につながった。
 県警によると、男性は十数年前から工藤会にみかじめ料を毎年100万円以上支払ってきたという。県公安委員会が定める警戒区域で組員らが不当要求をした場合に即逮捕できる規定を適用した。今回の摘発は5例目。
 逮捕容疑は6月5日午後1時40分ごろ、北九州市のレストランに男性を呼び出し「6月分のお金をもらってくるように頼まれたんやけど」などと言い、工藤会の縄張りで営業することの対価として金銭を要求した疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC16H29_W5A910C1ACYZ00/

| コメント (0)

口永良部、無人の島内を警察が巡回 留守宅の防犯対策(17日)朝日

新岳(しんだけ)の噴火で全島避難が続く口永良部(くちのえらぶ)島(鹿児島県屋久島町)に16日、県警のパトロール隊が上陸し、無人の島内を巡回した。無断上陸への警戒や、留守宅の防犯対策が目的。報道陣も県警の警備艇に同乗し、船上から取材した。

 県警の7人が乗り組んだ警備艇は正午ごろ、屋久島を出港。口永良部島に近づくと、5月に爆発的噴火があった新岳から白い噴煙が上がる様子がはっきりと見えた。警察官らは定期フェリー発着港の本村港などから上陸し、集落内の住宅や学校、温泉を見て回り、午後5時ごろ屋久島に戻った。
 噴火前から定期的に島を巡回している県警屋久島署の矢野大輔巡査部長(35)は巡回後、「壁が壊れたり、草が庭に生い茂ったりして、住宅の傷みが進んでいる」と語った。人為的に住宅が壊されるといった被害はなかったという。(屋久島通信員・武田剛)

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH9J53J8H9JTLTB00K.html

| コメント (0)

国会周辺で激しいデモ 公務執行妨害で13人逮捕(17日)テレビ朝日

000058895_6401国会周辺では安保法案に反対する激しいデモが行われ、公務執行妨害の疑いで13人が逮捕されました。
 国会の周辺ではデモが17日未明まで行われ、警察関係者によりますと、最大で1万3000人が集まったということです。一方、警視庁は機動隊員の胸を手で押したなどとして、20代から70代とみられる男女13人を公務執行妨害で逮捕しました。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000058895.html

| コメント (0)

子どもの自殺 平成に入って2番目に多い(17日)NHK

昨年度自殺した児童生徒は230人に上り、平成に入って2番目に多くなっていて、文部科学省は自殺を防ぐ教育プログラムの実施を各学校に求めることにしています。
文部科学省が全国の学校を対象に調査したところ、昨年度、自殺した児童生徒は小学生が7人、中学生が54人、高校生で169人と合わせて230人に上りました。前の年より10人少ないものの平成に入って2番目に多くなっています。
背景を複数回答で聞いたところ、「進路問題」が21人、「家庭不和」と「精神障害」が、それぞれ20人、「いじめの問題」は5人などとなりましたが、半数を超える127人については「不明」という回答でした。
また、子どもの自殺は、警察庁でも統計をとっていますが、昨年度は文部科学省の調査より88人多い318人となっています。
文部科学省児童生徒課の坪田知広課長は「これだけたくさんの子どもが、みずから命を絶っているのは深刻な事態で、事実をしっかり受け止めるためにも警察との統計の差を埋める必要がある。また、子どもたちが将来に希望を持って生きていけるような自殺を防ぐ教育プログラムの実施を各学校に求めていきたい」と話しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150917/k10010237941000.html

| コメント (0)

ペルー人の男 母娘や夫婦など6人殺害か(17日)NHK

16日、埼玉県熊谷市の2軒の住宅で小学生を含む合わせて4人が相次いで死亡しているのが見つかり、警察はペルー人の30歳の男の身柄を確保しました。今月14日には近くの別の住宅で夫婦が殺害される事件があり、警察は男が合わせて6人を殺害した疑いがあるとみて調べています。
16日午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で1人暮らしの白石和代さん(84)が浴室で血を流して倒れているのが見つかりました。
警察が付近を捜査していたところ、別の住宅の2階で刃物を持った外国人の男が見つかり、男は刃物で自分の腕を何度か刺したあと転落し、警察官が身柄を確保しました。
この住宅では1階と2階のクローゼットで母親の加藤美和子さん(41)、いずれも小学生で長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)が血を流して倒れているのが見つかり、2軒の住宅の4人はいずれも死亡が確認され、警察は殺害されたとみています。
身柄を確保されたのはペルー人で住所、職業とも不詳の30歳の男で、頭の骨を折って意識がないということです。
熊谷市内では今月14日、1キロ余り離れた別の住宅で、夫婦が刃物で刺されて殺害される事件も起きています。警察は3つの事件の現場に残された足跡などから男が3件の現場で合わせて6人を殺害した疑いがあるとみて調べています。
一方、警察はこの男について、別の住居侵入の疑いで15日、逮捕状を取っていて、16日は男の顔写真を載せた手配書を県内の警察署に送って、行方を捜査していたということです。
また、一連の事件が起きる前の今月13日、消防から警察に「外国人が片言の日本語で意味の分からないことを話している」と通報があり、警察はきのう身柄を確保したペルー人とよく似た男から事情を聴きましたが、男はたばこを吸いたいと言って警察署の玄関先に出たあと走って逃げ、その後、行方が分からなくなったということです。

続きを読む "ペルー人の男 母娘や夫婦など6人殺害か(17日)NHK"

| コメント (0)

« 2015年9月16日 | トップページ | 2015年9月18日 »