« 中1少女遺棄、通夜に逮捕の報…涙の同級生(22日)読売 | トップページ | 大阪・中1殺害事件、単独行動か 防犯カメラに同乗者なく(22日)共同 »

2015年8月22日 (土)

夜の繁華街 少女を犯罪から守る(22日)NHK

夜遅くまで多くの若者でにぎわう東京・渋谷では、繁華街に出歩く少女を犯罪から守ろうと、NPOなどが定期的に見守り活動を行っています。
このうち、家庭や学校に居場所がない少女たちを支援するNPO「BONDプロジェクト」の代表の橘ジュンさんは、10年前から、家出などで深夜、まちに出歩く少女たちが犯罪などの被害に巻き込まれないよう、渋谷で定期的に声かけを行っています。
橘さんは21日夜も、およそ2時間、繁華街に出て、家出をしている少女が荷物を預けるために立ち寄りやすいというコインロッカーの周辺や、座る場所がある生け垣などの周辺を注意深く見て回っていました。
21日夜の見回りでは、1人で歩いていた中学2年生の女の子が気にかかり声をかけてみたところ、女の子は小学生のころから家出の経験が何度かあると言い、「家にいるのが嫌だったり、1人が好きだったりするので、夜でも出かけてしまいます。母親は不在がちで私が家に帰らなくても気にしていないと思う。大阪の事件は怖いし悲しいですが、自分は危ない目に遭うことはないと思います」と話していました。
この女の子から話を聞いた橘さんは、自分たちのNPOの連絡先を渡し、「何か困ったことがあればいつでも連絡して」と伝えていました。
橘さんは「深夜にまちに出歩くと、人生が180度変わるほどの危険が待っていることもあります。気になる子どもがいたら、大人は見て見ぬふりをせず、ひと言、声をかけるだけでも警察に伝えるだけでもいいので、自分ができることをしてほしい」と話していました。

夏休みは補導件数多く注意

夏休みの期間は、深夜に出歩いて自宅に帰らないなどの理由で子どもたちが補導される件数が多く、各地の教育委員会や警察などは、犯罪に巻き込まれないよう注意を呼びかけています。
警察庁のまとめによりますと、深夜のはいかいなどが理由で補導された少年は、全国で去年1年間に73万人余りに上っています。東京都内では、警視庁のまとめで去年1年間に4万937人が補導されていて、月別でみると、夏休みの8月の補導者数が2番目に多く4296人、最も多いのは夏休み明けの9月で4376人だということです。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150822/k10010198561000.html

« 中1少女遺棄、通夜に逮捕の報…涙の同級生(22日)読売 | トップページ | 大阪・中1殺害事件、単独行動か 防犯カメラに同乗者なく(22日)共同 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中1少女遺棄、通夜に逮捕の報…涙の同級生(22日)読売 | トップページ | 大阪・中1殺害事件、単独行動か 防犯カメラに同乗者なく(22日)共同 »