« 岐阜の核融合研究所で火災 溶接作業員が心肺停止(4日)共同 | トップページ | 新警視総監 サミット警備、重要未解決事件に決意(4日)テレビ朝日 »

2015年8月 4日 (火)

少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明(4日)NHK

選挙権の年齢引き下げをきっかけに、20歳未満を保護の対象とする少年法の年齢引き下げが議論されていることについて、刑法学者110人余りが「少年事件は増加も凶悪化もしていない」として反対する声明を発表しました。
声明は4日、都内で開かれた少年法の在り方を考える集会で発表されました。
少年法を巡っては、選挙権の年齢を18歳以上に引き下げる法律が成立したことを受けて、自民党の特命委員会が20歳未満を保護の対象とする少年法の年齢引き下げについて議論を進めています。
4日の声明はこうした動きに反対する刑法学者110人余りが発表したもので、「18歳と19歳の少年の事件はこの10年余りで半数以下に減少していて、増加も凶悪化もしていない」として、少年法を見直すべきではないとしています。
声明の呼びかけ人の1人で九州大学の武内謙治准教授は「少年院と違って、刑務所では少年を教育するプログラムが充実していないので、少年法の適用年齢の引き下げはかえって再犯のリスクを高めてしまう」と話していました。
一方、少年法の適用年齢については犯罪被害者の団体などから、「18歳以上であれば、犯罪に対する判断能力は大人と変わらない」として見直しを求める意見が出ています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150804/k10010177931000.html

« 岐阜の核融合研究所で火災 溶接作業員が心肺停止(4日)共同 | トップページ | 新警視総監 サミット警備、重要未解決事件に決意(4日)テレビ朝日 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岐阜の核融合研究所で火災 溶接作業員が心肺停止(4日)共同 | トップページ | 新警視総監 サミット警備、重要未解決事件に決意(4日)テレビ朝日 »