« 「異臭」通報、民家に2遺体…80歳代父と娘か(7日)読売 | トップページ | たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市(7日)産経 »

2015年8月 7日 (金)

工藤会系:組幹部ら2人に無罪 1人に「免訴」 福岡地裁(7日)毎日

借金を踏み倒すために男性を監禁し暴行したとして、強盗致傷などの罪に問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系組幹部ら3人の裁判員裁判の判決で、福岡地裁は7日、2人を無罪とし、残る1人には暴行罪を適用した上で公訴時効(3年)を理由に有罪か無罪か判断せず裁判を打ち切る「免訴」(求刑・懲役9年)を言い渡した。松藤和博裁判長は「男性の供述は全体として信用性が低い」と判断した。
 免訴となったのは工藤会系組幹部、加治秀人被告(38)。無罪となったのは工藤会系組幹部の松尾大奨(35)=求刑・懲役9年、別の麻薬特例法違反などで公判中=と、同系組員の渡辺善志英(31)=求刑・懲役10年=の両被告。
 3人は共謀し、渡辺被告の借金5万円の返済を免れようと2009年11月18日午後、男性を福岡県春日市内に呼び出して暴行。車で県内の山中に連れて行き、顔を殴るなどして重傷を負わせたとして起訴された。
 判決は、解放された後の山中からの移動経路や移動手段について「(男性は)具体的な説明ができず不自然」と指摘。その上で「3人が借金を免れようと暴行を共謀した事情は見出せない」とした。
 福岡地検の長谷透・次席検事は「判決内容を精査し、適切に対応したい」とコメントした。
 男性は昨年9月に工藤会のトップとナンバー2が殺人容疑で逮捕されたことを受け、県警の情報提供の呼びかけに応じて被害を届け出ていた。ある県警幹部は「詳しい判決内容が分からず、コメントしようがない」とする一方で「工藤会の他の捜査には関係がない」と話した。

Logo_mainichi_s1_2
http://mainichi.jp/select/news/20150808k0000m040063000c.html

« 「異臭」通報、民家に2遺体…80歳代父と娘か(7日)読売 | トップページ | たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市(7日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「異臭」通報、民家に2遺体…80歳代父と娘か(7日)読売 | トップページ | たばこ20本の煮汁飲ませ殺人未遂 男逮捕、静岡市(7日)産経 »