« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 抵抗できない状態で激しい暴行か 高槻“少女遺体”(15日) »

2015年8月15日 (土)

遺棄場所の血痕わずか=少女遺体、殺害後に運搬か-大阪府警(15日)時事

大阪府高槻市の物流センター駐車場で、8~15歳ぐらいの少女とみられる女性の遺体が見つかった事件で、遺体には刃物で切られたような多数の傷があったものの、遺棄場所には遺体の下の少量の血だまり以外には目立った血痕がなかったことが15日、府警高槻署捜査本部の調べで分かった。
遺体女性、8~15歳か=窒息死、切り傷30カ所超
 女性が靴を履いていなかったことからも、捜査本部は別の場所で殺害された後に車で運ばれ、遺棄された可能性があるとみて、防犯カメラに不審車両が写っていないかなどを調べている。
 捜査本部によると、遺体の腕や腰などには計30カ所以上の切り傷があり、一部は骨まで達していた。傷は左半身に集中しており、服の上から切られたとみられるものもあった。(2015/08/15-18:42)

2015/08/15-18:42

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 抵抗できない状態で激しい暴行か 高槻“少女遺体”(15日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 抵抗できない状態で激しい暴行か 高槻“少女遺体”(15日) »