« 国会前は一触即発? 安保法制めぐり口論 平和国家に誓いも「侵略戦争言及ない」(15日)産経 | トップページ | 神奈川の海で4人死亡 父娘ら、水難相次ぐ(15日)共同 »

2015年8月15日 (土)

千葉県教委、五輪強化指定選手の個人情報を流出(15日)読売

千葉県教育委員会は14日、2020年東京五輪に向けた同県の強化指定選手全344人の自宅住所と電話番号を誤って県ホームページ(HP)に掲載したと発表した。
 これまでに流出による被害の報告はないという。
 県教委によると、ロンドン五輪に出場した体操の加藤凌平選手(順天堂大)ら、県関係の12~23歳の344人について、競技名や氏名、学年、所属団体などの情報を7月23日、県のHPで公表。この際、住所や電話番号が載った内部資料用の一覧表も掲載した。今月10日、選手の保護者からの連絡で発覚するまで、計約8日間にわたり閲覧できる状態で、360回の閲覧があったという。
 県教委の金子英孝・教育振興部長は14日の記者会見で「大事な個人情報を流出したことは極めて遺憾。誠に申し訳なく深くおわびする」と陳謝した。

2015年08月15日 09時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 国会前は一触即発? 安保法制めぐり口論 平和国家に誓いも「侵略戦争言及ない」(15日)産経 | トップページ | 神奈川の海で4人死亡 父娘ら、水難相次ぐ(15日)共同 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国会前は一触即発? 安保法制めぐり口論 平和国家に誓いも「侵略戦争言及ない」(15日)産経 | トップページ | 神奈川の海で4人死亡 父娘ら、水難相次ぐ(15日)共同 »