« 夜行バスにトラック衝突、1人けが 豊橋で多重事故(3日)共同 | トップページ | 内閣府のメール乗っ取り 照会用、不正送信2万件 (3日)日経 »

2015年8月 3日 (月)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日単位・レベル)
だまされるほうも悪い
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011032 「振り込め詐欺」「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」「金融商品等取引名目の特殊詐欺」「異性との交際あっせん名目の詐欺」-人をだまして金を巻き上げる形態はこんなにもある。
 警察庁はこれらを総称して「特殊詐欺」と呼称している。その中でも世間を騒がせているのが「振り込め詐欺」だ。
 ところが、最近は「振り込め」と言わないで「受け取りに行く」から「送付型」「持参型」などに形態が変わってきた。
 「振り込め」と言われないので、受け取り人(受け子)に渡したり、駅まで持参したりするお年寄りが結構、多いという。劇場形犯罪の所以だろう。
 そこで千葉県警は、形態が多様化していることから、ネーミングを募集した結果、最優秀賞に「電話de詐欺」が決定したという。なるほど「受け取り型」も「持参型」も「送付型」も電話がかかってくることから始まる。
 ネーミングと言えば、最初に試みたのが警視庁。平成25年5月に募集した結果、応募のあった1万4千点のなかから「母さん助けて詐欺」が最優秀作品に選ばれた。ところが、意外に人気がなく、報道でもあまり使われていない。マスコミの中には選考に漏れた「ニセ電話詐欺」を呼称しているところもある。
 「詐欺事犯」は江戸の時代からあった犯罪。当時は被害額が10両以上になると死罪になるなど重大犯罪だった。今は、「10年以下の懲役」と死罪まではいかないが結構重い罪ではある。
 その詐欺が、今、治安の根幹を揺るがすほど〝蔓延〟しており、妙薬が無く、治安機関が、知恵を絞り名称を変えるなど躍起になっている。
 そんな中、山形市で詐欺被害防止には「冷やしシャンプー」が良いとしてキャンペーンを実施した。「冷やしシャンプー」は、頭皮に爽快感を与える特殊な成分を使った山形名物のシャンプーだという。
 知恵比べですね。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 夜行バスにトラック衝突、1人けが 豊橋で多重事故(3日)共同 | トップページ | 内閣府のメール乗っ取り 照会用、不正送信2万件 (3日)日経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜行バスにトラック衝突、1人けが 豊橋で多重事故(3日)共同 | トップページ | 内閣府のメール乗っ取り 照会用、不正送信2万件 (3日)日経 »