« 福岡のサザエさん像折られる 合金製、根元から(9日)共同 | トップページ | 阿蘇山で小規模噴火、噴煙上空600メートルに 約2カ月半ぶり噴火(9日)産経 »

2015年8月 9日 (日)

山陽新幹線、走行中に車両カバー落下し停電 乗客けが(9日)朝日

 8日午後5時半ごろ、山陽新幹線の小倉―博多間で停電が発生した。JR西日本によると、新大阪発鹿児島中央行きの「さくら561号」(8両編成)がトンネルを走行中、車両の床下を覆うカバーが落下し、ショートしたという。同列車には約500人が乗っていた。停電の際に20代の女性客1人が左腕に軽いけがをして病院に搬送された。
 JR西によると、カバーは幅71センチ、高さ約62センチ、重さ約6・5キロで、2両目についていたものが落ちた。落下後に車体に衝突するなどしてショートしたとみられる。落下原因はわかっていない。車体には複数の傷も見つかり、さくら561号は博多駅で車両を交換した。
 JR西は小倉―博多間で運転を見合わせたが、30分後に再び送電を行って安全を確認。午後6時10分までに上下線とも運転を再開した。
 JRによると、山陽新幹線は最大約1時間40分、九州新幹線は最大約1時間10分、東海道新幹線も最大約50分の遅れが出た。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH8900P1H88PTIL02T.html

« 福岡のサザエさん像折られる 合金製、根元から(9日)共同 | トップページ | 阿蘇山で小規模噴火、噴煙上空600メートルに 約2カ月半ぶり噴火(9日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡のサザエさん像折られる 合金製、根元から(9日)共同 | トップページ | 阿蘇山で小規模噴火、噴煙上空600メートルに 約2カ月半ぶり噴火(9日)産経 »