« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 巡査に抱き付きキス 強制わいせつ疑いで警部補書類送検(28日)共同 »

2015年8月28日 (金)

市道陥没でバイク転倒、市が和解金667万円(28日)読売

大阪府大東市でバイクを運転中、市道の陥没で転倒してけがをした同府東大阪市の男性(37)と保険会社などが、大東市に約2780万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(石原稚也裁判長)であり、市が和解金667万円を支払う条件で和解したことがわかった。

                             
    訴状によると、男性は2011年6月11日朝、市道の陥没(縦1メートル、横60センチ、深さ10センチ)にタイヤをとられて転倒。左肩を打って、関節が動きにくくなるなどの障害が残った。
 男性側は「通行人らが転倒する危険性があるのに十分な対策を取らなかった」と主張。市側は「運転中に気づけたはずで、市に過失責任はない」とし、請求棄却を求めていた。
 市によると、陥没が生じた原因は不明。地裁から和解を勧められ、早期解決を目指したという。
2015年08月28日 17時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 巡査に抱き付きキス 強制わいせつ疑いで警部補書類送検(28日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 巡査に抱き付きキス 強制わいせつ疑いで警部補書類送検(28日)共同 »