« 道端ジェシカさん夫妻が盗難被害=催眠ガスで意識不明中-仏(8日)時事 | トップページ | サミット開催へ「万全な準備を」 愛知県警本部長が着任 (8日)日経 »

2015年8月 8日 (土)

京都市の住宅で40代姉弟の遺体発見、生活保護の相談も (8日)TBS

京都市の住宅で、死後1か月以上経ったとみられる男女2人の遺体が見つかりました。2人は姉と弟で、区役所に生活保護の受給について相談していました。
 6日午後、京都市右京区の住宅で、「異臭がする」と通報があり、40代の男女2人の遺体が見つかりました。
  警察によりますと、2人はこの家に住む姉と弟で、目立った外傷はなく、死後1か月以上経っていたとみられています。家に食料がなく、遺体の近くに睡眠薬があったことから、警察は、餓死もしくは自殺の可能性が高いとみています。
  右京区役所によりますと、2人は今年1月に生活保護の受給相談に訪れましたが、弟におよそ15万円の収入があったため、支給は見送られていました。この家では、3月から水道料金を滞納していて、異変に気付いて通報したのは水道を止めに来た市の職員だったということです。(08日04:02)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2558445.html

« 道端ジェシカさん夫妻が盗難被害=催眠ガスで意識不明中-仏(8日)時事 | トップページ | サミット開催へ「万全な準備を」 愛知県警本部長が着任 (8日)日経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道端ジェシカさん夫妻が盗難被害=催眠ガスで意識不明中-仏(8日)時事 | トップページ | サミット開催へ「万全な準備を」 愛知県警本部長が着任 (8日)日経 »