« 長崎市の公園に女性遺体、男を殺人の疑いで再逮捕へ(27日)TBS | トップページ | 刑法犯摘発少年、年間最少ペース 上半期、初の2万人割れ(27日)共同 »

2015年8月27日 (木)

巨額詐欺、佐川印刷元役員に逮捕状 80億円不正流用か(27日)共同

佐川印刷(京都府向日市)の財務担当だった元役員の男(61)が子会社の資金約80億円を不正流用したとされる問題で、京都地検は26日までに、元役員が子会社の資金数億円を不正に支出させたとして、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕状を取った。元役員は海外に滞在しているとみられ、身柄を確保できるよう手続きを急いでいる。
 捜査関係者によると、元役員は昨年9月、子会社「エスピータック」(京都府亀岡市)の業務で資金が必要になったように装い、資金数億円を不正に支出させてだまし取った疑いが持たれている。
 佐川印刷の説明では、元役員は2009~14年、子会社「エスピータック」の印鑑を無断で使用したり、インターネットバンキング決済を利用するなどし、シンガポールのサーキットにおける自動車レース事業への投資や南丹市のゴルフ場買収資金など計約80億円を不正流用したとされる。元役員は社内調査に対して不正を認めたといい、今年1月に退職した。
 エスピータック社は元役員と知人の50代の男を京都地検に告訴し、6月16日付で受理された。京都地検特別刑事部は6月25日、子会社から約4億円をだまし取ったとの電子計算機使用詐欺の疑いで、京都市右京区の元役員の自宅や知人の建設会社など関係先を家宅捜索していた。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150827000011

« 長崎市の公園に女性遺体、男を殺人の疑いで再逮捕へ(27日)TBS | トップページ | 刑法犯摘発少年、年間最少ペース 上半期、初の2万人割れ(27日)共同 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎市の公園に女性遺体、男を殺人の疑いで再逮捕へ(27日)TBS | トップページ | 刑法犯摘発少年、年間最少ペース 上半期、初の2万人割れ(27日)共同 »