カテゴリー

« 2015年8月26日 (水) | トップページ | 2015年8月28日 (金) »

2015年8月27日 (木)

2015年8月27日 (木)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)
身柄拘束はできなかったのか
【治安うんちく】

2009_1228_22521931_2 窃盗犯や性犯罪などの手口などに関する情報が見られる「手口システム」が活用されなかったのが悔やまれる。
 大阪府寝屋川市で男女中学生が相次いで遺体で見つかった事件で逮捕された45歳の男は事件前の11日に東京・秋葉原で警視庁の警察官から職務質問を受け、車内からスタンガンと手錠、ポンプが見つかっていたというのだ。
 この男、産経新聞によれば、13年前の平成14年にも寝屋川市内で男子中高生らを車に連れ込んで監禁し、両手を粘着テープで縛るなどした被害者が8人に上っていたという前科があった。この時、男は持っていた手錠で拘束して現金などを奪ったとされる。生徒は同市の駐車場で粘着テープで両手を縛られた状態で発見されていた。
 まさに路上での略取・誘拐事件。しかも、その男は職質の歳にスタンガンと過去に犯罪に利用した手錠を所持していたという。
 「手口システム」とは、平成元年に警察庁が、警察全体の捜査力の向上をはかり「事件に強い警察」を確立するためとして開発されたもの。事件が発生した警察署でオンライン化されたシステムを検索すれば、類似の手口などが瞬時に分かり、広域事件捜査上で大きな情報源になるというもの。
 警視庁での職質で警察官と男の会話が分からないので、断定的には言えないが、せめて手口システムで紹介し14年の事件処理署の意見を聞いていれば前回犯罪に使用した〝凶器〟の手錠を持っていたとすれば身柄拘束は可能だったかもしれない。
 「警察は強くなければ警察ではない」。

 

【事件】26日夜、東京・中野区で、20代の女性が全裸で殺害された事件のほか、25日夜には、北区滝野川の路上で、帰宅途中の33歳の男性会社員が、男に襲われカバンが奪われそうになった事件。その約1時間後の26日未明には豊島区池袋のマンション1階の敷地内で、会社社長が3人の男に包丁のようなものを突きつけられ、ショルダーバッグを奪れわた強盗事件など凶悪事件が相次いでいる。

 東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3" »

« 2015年8月26日 (水) | トップページ | 2015年8月28日 (金) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ