« 背後から男が跳び蹴り 女性の財布奪って逃走/北区(31日)共同 | トップページ | 下着ドロボーの自宅から“700枚の下着”を押収(31日)テレビ朝日 »

2015年8月31日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)
殺人の検挙増える
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011080 刑法犯少年の検挙が減少しているのだが…
 なんと玄関から民家に大量の花火を投げ入れ住宅を全焼させたとして19歳の少女と少年2人の計3人が8月、栃木県警に逮捕された。この大胆な犯行は少年のうちの1人が同居していた45歳の長男に対する恨みという単純なものだった。
 東京では路上を歩いていた男性が鉄パイプで脅され現金が奪われる事件が足立区などで相次いでいたが警視庁は15歳から16歳の高校生を逮捕した。
 警察庁によると今年上半期に刑法犯で検挙された少年は1万9409人で前年同期より3601人の減少。平成18年上半期の5万0004件以来で最も低く、始めて2万人を割った。3分の1近く減少している。
 年齢別では16歳が最も多く4289人。次いで、15歳の4048人、14歳の3822人の順。どうやらこの年代に集中しているようだ。
 詐欺などの知能犯が増加傾向にあったが検挙人員は433人で、うち詐欺は376人。前年同期より20人も減少している。
 凶悪犯は強盗が最も多く189人、強姦37人、殺人26人などだが、強盗で29人、強姦で24人も減っているのに対して殺人だけが前年同期より4人増加した。数字は少ないが凶暴化が気になる。
東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 背後から男が跳び蹴り 女性の財布奪って逃走/北区(31日)共同 | トップページ | 下着ドロボーの自宅から“700枚の下着”を押収(31日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背後から男が跳び蹴り 女性の財布奪って逃走/北区(31日)共同 | トップページ | 下着ドロボーの自宅から“700枚の下着”を押収(31日)テレビ朝日 »