« 和歌山の社長強盗殺人、第1発見者の知人が自殺(12日)朝日 | トップページ | 宝くじ詐欺で3千万円超被害 栃木の60代女性(12日)共同 »

2015年8月12日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)
家族愛は遺物か
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011055 今月に入って家族関係の事件が目立っている。
 9日には千葉県船橋市の住宅で口論の末に64歳の妻の胸などを包丁で刺して殺したとして70歳の夫が殺人未遂逮捕された。
 岡山県高梁市でも、夫を殴り殺害したとして85歳の妻が逮捕されている。
 7日朝には、小樽市では60代の長男の妻が同居している87歳の女性を殺害。
 4日には山口県美祢市で自宅に火をつけて同居する兄を殺害したとして64歳の弟が逮捕され、2日にはさいたま市で妻を刃物で刺し殺したとして68歳の夫が逮捕されたり仙台市若林区の住宅では41歳の母親が10歳と3歳の子どもを道連れに無理心中を図っている。
 警察庁によると、このように配偶者などの家族関係での事件が増加傾向にあり、「家庭の崩壊」が裏付けられている。
 平成12年に配偶者間の事件は1476件あったが同24年には倍以上の4982件。同様に実母関係では505件から1392件と倍増。兄弟姉妹関係は353件から833件。実子関係では290件から791件とそれぞれ増加した。
 最も増加したのは暴行などの粗暴犯だ。配偶者間の事件では1053件から3倍以上の4503件。実母関係では261件が1059件。兄弟姉妹が177件から623件と増加が著しい。日本が誇る「家族愛」なんて、とうの昔の話しになってしまった。これでは社会全体がギシギシするのは当たり前だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 和歌山の社長強盗殺人、第1発見者の知人が自殺(12日)朝日 | トップページ | 宝くじ詐欺で3千万円超被害 栃木の60代女性(12日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山の社長強盗殺人、第1発見者の知人が自殺(12日)朝日 | トップページ | 宝くじ詐欺で3千万円超被害 栃木の60代女性(12日)共同 »