« 2015年8月16日 | トップページ | 2015年8月18日 »

2015年8月17日

2015年8月17日 (月)

タイ バンコクで爆発 12人死亡(17日)NHK

タイの首都バンコク中心部の繁華街で17日夜、爆発があり、警察によりますと、これまでに12人が死亡したほか30人がけがをしているということです。また警察では爆発は爆弾によって起きたものだとしています。
首都バンコクにある日本大使館によりますと、現場近くには日系のデパートがあり、日本人観光客も訪れる場所だということで、日本人が巻き込まれていないかどうか現在、確認しているということです。
NHK取材班によりますと、爆発はバンコク中心部の、外国人観光客も訪れるエラワンという寺院の付近で起きシートに覆われた複数の遺体がみられるということです。
また寺の敷地と道路を隔てるブロックが壊れているほか、爆発で破壊されたとみられるオートバイが横倒しになっていて現場はパトカーや救急車などで騒然としているということです。
爆発が起きたのは、バンコク中心部にあるラチャプラソン交差点付近だということです。
この一帯は日系のデパートが入る大型のショッピングセンターやホテルなどが集中するバンコク最大の商業地区で、タイに在留する日本人や日本人の観光客も多く訪れます。
2010年に起きたタクシン元首相を支持し、政権退陣を求める抗議活動でデモ隊が占拠した場所としても知られています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010193531000.html

| コメント (0)

横浜港に男性遺体 ポケットに携帯電話と346円(17日)産経

17日午前9時15分ごろ、横浜市神奈川区の横浜港で、国土交通省関東地方整備局の清掃船が漂流している遺体を発見、118番通報した。横浜海上保安部は岸壁から約400メートル沖でうつぶせの状態で浮かんでいる男性の遺体を引き揚げ、身元の確認を急いでいる。
 海保によると、死後数日たっており、目立った外傷はなかった。40~60歳とみられ、身長約160センチ。長袖のTシャツや黒い長ズボン姿で、ズボンのポケットに携帯電話や現金346円があった。http://www.sankei.com/affairs/news/150817/afr1508170041-n1.html

| コメント (0)

松戸の47歳「陸自技官」、女子高生に尿かけ逮捕…尿マニア?余罪も(17日)産経

帰宅途中の高校3年の女子生徒に尿をかけたとして、千葉県警松戸東署は17日、暴行の疑いで、同県松戸市常盤平、陸上自衛隊松戸駐屯地所属の技官、塚本敏也容疑者(47)=器物損壊容疑などで逮捕、釈放=を再逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は7月14日午後6時ごろ、自宅近くの路上で、帰宅途中の女子生徒の上半身に、自転車で追い抜きざまにスポイト状の容器に入れた尿をかけたとしている。
 塚本容疑者は同月、同市の学習塾に侵入し、げた箱にあった靴に尿をかけたとして、器物損壊容疑などで逮捕されていた。同署管内では、女性が尿をかけられる事件が少なくとも数件発生しており、同署は関連を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/150817/afr1508170029-n1.html

| コメント (0)

飲酒運転撲滅条例:見かけたら通報! 福岡県警がCM(17日)毎日

飲酒運転する人を見かけた場合の通報の努力義務を全県民に拡大する改正福岡県飲酒運転撲滅条例の9月施行を前に、福岡県警がPRのためのCMを作成した。
 CMは福岡県を中心に活動するタレントの徳永玲子さんらが出演。「許さない!飲酒運転は110番!」と訴え、今月下旬ごろから映画館や街頭ビジョンなどで放送する。
 自分で飲酒運転を止められない人もおり、広く県民に通報を求めるため条例改正された。「酔って運転する人は県民みんなが容赦しない」と県警幹部。【吉川雄策】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20150818k0000m040091000c.html

| コメント (0)

藤沢と横浜で竜巻か、突風で2人重軽傷…停電も(17日)読売

17日午後2時過ぎ、神奈川県藤沢市と横浜市で竜巻のような突風が吹き、男女2人が重軽傷を負ったほか、家屋損壊や倒木被害が相次いだ。
 藤沢市などによると、同市亀井野周辺で、街路樹やコンテナが横倒しになって道路を塞いだり、住宅のトタン板や屋根瓦が飛ばされたりする被害が計7件確認され、約1200軒が一時停電した。工事現場にいた20歳代の男性作業員が、飛ばされてきた板が足にあたり骨折したほか、帰宅中の女子中学生が路上で転倒し、ひじとひざに擦り傷を負った。
 横浜市泉、旭、都筑区でも、住宅の屋根瓦が落下して隣家の窓ガラスが割れるなど計6件の被害があった。
 横浜地方気象台によると、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で大気が不安定になり、同日午後2時50分頃、県内全域に竜巻注意情報を出していた。

2015年08月17日 19時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

花火大会で爆発事故、打ち上げ作業の3人重軽傷 (17日)TBS

16日夜、長崎県平戸市の花火大会で爆発事故があり、打ち上げ作業をしていた男性3人が重軽傷を負いました。
 爆発事故があったのは、地元の漁協が主催する花火大会で、16日午後8時半すぎ、打ち上げ用の花火が暴発しました。この事故で、打ち上げに携わっていた54歳の男性が両腕を切断したほか、アルバイトの少年2人がやけどなどのけがをしました。
 「20発ばかり上がって、それで横に広がった。花火がバーって」(市民)
 花火は800発が打ち上げられる予定でしたが、事故のため中止されました。およそ3000人いた見物客にけがはありませんでした。警察は17日午後、実況見分を行い、爆発の原因などについて詳しく調べています。(17日16:37)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2564881.html

| コメント (0)

警察署に車で突入 44歳会社員、意味不明の言動(17日)テレビ朝日

警察署に乗用車で突っ込んだ男が現行犯逮捕されました。
 17日午前7時半ごろ、広島市の安佐南警察署の玄関付近に、突然、乗用車が突っ込み、植え込みなどが壊されました。当時、警察署には当直の警察官らがいましたが、玄関付近には誰もいなかったため、けが人はいませんでした。警察は、乗用車を運転していた会社員の男(44)を建造物損壊の疑いで現行犯逮捕して調べていますが、大声で意味の分からないことを話しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000056921.html

| コメント (0)

お盆の混雑 高速道路と航空ともに去年上回る(17日)NHK

お盆休みの期間中に高速道路や航空機を利用した人の数は天候に恵まれたことや、国際線が好調だったことなどからいずれも去年を上回る水準となりました。
高速道路各社によりますと、16日までの11日間に、全国の高速道路で10キロ以上の渋滞が起きた回数は443回と去年に比べて6回増えました。また、主な区間の1日の平均交通量は4万8400台と去年に比べて1500台、率にして3%増えました。
このうち、圏央道が神奈川県内の一部の区間で交通量が去年の4倍に増えました。ことし3月に海老名ジャンクションから南側の道路が湘南方面と結ばれたことが要因とみられています。
全国的に交通量が去年を上回った理由について、高速道路各社では、ことしは台風の影響がなく、比較的、天候に恵まれたためではないかとしています。
また、国内12の航空会社によりますと、16日までの10日間に国内線を利用した人は、およそ324万8000人で去年より5%増えました。特に北海道や関西方面が好調だったということです。
一方、国際線を利用した人は国内5社で合わせて60万6000人余りと去年より10%近く増えました。航空各社によりますとアメリカや東南アジア方面が好調で、国際線の利用者が支払う特別運賃、燃油サーチャージが値下げされたことや、円安によってアジアからの観光客の増加が続いていることが好調の要因とみられるということです。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010193401000.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日)
監視を強めろ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011059 今井正監督の映画(昭和26年)ではあるまいが「どっこい生きていた」。
 かつては関東地方を恐怖のどん底におとしいれたあの暴走族「関東連合」の元リーダーが警視庁に逮捕された。
 元リーダーは44歳になっていた。関東連合が結成されたのは昭和48年ごろ。リーダーはこの直後に生まれたようで、年齢的には昭和の後半に構成員になったのだろう。もち論、関東連合は平成15年8月に解散している。
 平成24年9月、東京・六本木のクラブで31歳の男性が殺害された事件は関東連合の元リーダー。「えっまだ(組織は)生きているの」と驚いたものだった。そして今回……
 こうした暴走族の元構成員で組織されている集団を「愚連隊」と呼んでいた。都内で最強と言われたのが「宮前愚連隊」。都内暴走族連合体の友好団体のひとつだ。これらの連中は、解散した後に当時の人間関係を使って離合集散しているのが現状。
 一方、暴力団は福岡県を中心とした日本警察の壊滅作戦とやらでかなり制圧されている。
 警察庁によると今年7月までの暴力団の検挙件数は1万2791件で前年同期と比べて2251件も減少した。その平成26年の年間検挙件数は2万6883件で、10年前の平成17年の4万1077件と比べて激減しているのだ。
 検挙件数が減ったのは警察の捜査力の衰えではない。構成員そのものが減少している。平成16年の構成員は8万7000人だったのが26年には5万3500人にこれも激減した。激減させたのが警察力である。
 福岡の暴力団壊滅に含めて改正暴力団対策法や暴力団排除条例などの厳しさで動きが鈍っており、「動けば捕まる」から「動けない」=「検挙率の減少」だろう。
 問題は壊滅作戦で追われた暴力団員が、こうした愚連隊に仲間入りして地下に潜るとしたら由々しき事態である。監視を強めなければならない
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

【本紙前ソウル支局長公判】第9回公判 田島泰彦・上智大教授(情報メディア法)が出廷 「言論の自由」の観点から証言(17日)産経

【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対する第9回公判が17日、ソウル中央地裁で開かれ、上智大の田島泰彦教授が弁護側証人として出廷した。加藤前支局長を名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴した韓国当局の措置に関し、言論、報道の自由の観点から証言を行うとみられる。
 上智大文学部新聞学科の田島教授は情報メディア法の専門家。言論・表現、報道の自由などに関する多数の著作、論文がある。
 田島教授は今年1月、韓国当局による加藤前支局長の出国禁止措置について「外国の最高責任者を監視するのは、ジャーナリストの大事な仕事であり、そうした報道を理由に出国を禁じるのは、取材・報道の自由を脅かす乱暴な行為だ」と批判している。
 出国禁止措置が4月に解除され、日本に帰国した加藤前支局長は韓国入りしてこの日、出廷した。
 次回公判は9月21日に開かれる予定。加藤前支局長の被告人質問、検察側による論告求刑などが行われ、結審する見通しだ。http://www.sankei.com/world/news/150817/wor1508170026-n1.html

| コメント (0)

墜落 ビジネスジェット機と小型機が「空中で衝突」(17日)テレビ朝日

アメリカ・カリフォルニア州で、空中で小型機同士が衝突して墜落し、少なくとも4人が死亡しました。
 FAA(米連邦航空局)によりますと、カリフォルニア州サンディエゴで16日午前、空港に着陸しようとしていたビジネスジェット機と小型機が空中で衝突し、墜落しました。消防によりますと、少なくとも4人が死亡したということです。現場は空港から3km余り離れた場所で、機体の残骸は1.5kmの範囲に散らばっていたということです。墜落した機体が燃えたため、周辺では火災も発生しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000056910.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0)

強姦未遂容疑で29歳警察官逮捕 愛知県警 容疑認める(17日)朝日

 アパートの部屋に侵入し、女性を強姦(ごうかん)しようとしたとして、愛知県警は17日、県警北署地域課の巡査部長、望月康太容疑者(29)を強姦未遂と住居侵入の疑いで逮捕し、発表した。「私がやりました」と容疑を認めているという。
 監察官室によると、望月容疑者は2011年9月26日午前4時15分ごろ、名古屋市の当時30代の無職女性が住んでいたアパートに侵入し、寝ていた女性を暴行しようとした疑いがある。抵抗されて、未遂に終わったという。
 県警の大江英生・首席監察官は「警察官がこのような事件を起こし、被害者をはじめ、県民の皆様に深くおわび申し上げます。事件の全容解明に努め、厳正に対処します」とコメントした。http://www.asahi.com/articles/ASH8K4HSDH8KOIPE00K.html

| コメント (0)

池袋歩道で5人死傷、医師の男「疲れて居眠り」(17日)読売

16日午後9時35分頃、東京都豊島区東池袋のJR池袋駅前の路上で、乗用車が歩道に突っ込み、歩行者を次々にはねた。25~71歳の男女5人が病院に搬送され、うち、板橋区成増、薬剤師江幡淑子さん(41)が後頭部を強く打つなどして死亡した。
 東久留米市の女性(27)と、埼玉県和光市の女性(71)も骨盤骨折などの重傷、ほかの2人も頭などにけがをした。
 警視庁池袋署は同日、車を運転していた北区の医師の男(53)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査している。
 男も手を骨折する重傷で、調べに対し、容疑を認め、「疲れていて居眠りしてしまった。運転していたのは間違いないが、歩道に突っ込んだのは記憶がない」と供述している。車に乗っていたのは男1人で、呼気からアルコールは検出されず、違法薬物を使った形跡も確認されなかった。同署で持病の有無も調べている。

2015年08月17日 11時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

「写真、ばらまいておくからね」ストーカー警察官のおぞましい実態(17日)産経

約15年間にわたり同年代の知人女性と不倫関係を持ち、性行為の様子をビデオや写真に記録していた茨城県警水戸署の元巡査部長の男(58)。昨年末、不倫関係が発覚して妻に離婚を言い渡された上、女性からは絶縁を求められた。ストーカー規制法違反などの罪に問われ、公判の中で明らかにされていったその実態は、実に驚くべきものだった。
 今年1月8日午後6時半ごろ、男は絶縁を求められていた不倫相手の女性に、自身の携帯電話からショートメールを打っていた。
 「朝、車の近くに写真、ばらまいておくからね」
 男の職業が警察官だと知っていた女性は驚愕(きょうがく)したに違いない。市民に信頼され、弱きを助けるべき職業の人間が、自分の裸体の写真をばらまくと宣言しているのだ。検察側の論告によると、「女性は強い恐怖に陥り、日々不安を感じながら生活」していたという。
 返信がないことに逆上した男は2月中旬、女性に手紙を郵送する。封筒に入れられた手紙にはさらにおぞましい内容が書かれていた。
 「締まりは良いし、声は出てるし、感じ方も最高の女です」
 弁護側の被告人質問で男は、この手紙の意図について「連絡が取れなくなったので嫌がらせのつもりだった。会って(妻との)離婚調停の話がしたかった」などと弁解したが、こんな内容の手紙を受け取った女性が、男に連絡を取るはずもない。
 当然返信をしない女性に、男の行動はさらにエスカレートする。3月10日朝、男は女性の自宅周辺で女性を見張り始めた。過去の手紙やメールから、危害を加えられることを恐れた女性は同日、県警本部に電話をかける。
 「知り合いの警察官にストーカーされているんです」
 警察本部に激震が走った瞬間だった。男は3月14日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで逮捕される。

| コメント (0)

「勤務態度が悪い」経営者の女、部下の男性蹴り殺す(17日)テレビ朝日

17日未明、愛知県大府市の駐車場で、23歳の男性会社員が40代の経営者の女から「勤務態度が悪い」として車の中で蹴られて意識不明となり、その後、死亡しました。
 午前3時ごろ、大府市朝日町の駐車場で「車内で男性を蹴ったら意識、呼吸がない」と40代の魚卸売業経営の女から119番通報がありました。警察によりますと、車の後部座席で部下の増元春彦さんが腹などを蹴られて意識不明となっていて、約3時間後に搬送先の病院で死亡したということです。警察の調べに対し、女は「増元さんの就業態度が良くないことから、十数回蹴った」などと話しているということで、警察は容疑が固まり次第、傷害の疑いで逮捕する方針です。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000056896.html

| コメント (0)

三保海岸にサメ死骸 2海水浴場が遊泳禁止 静岡(17日)共同

静岡市は15日、同市清水区の三保海岸でシュモクザメの死骸が見つかったとし、同日昼前後から付近の二つの海水浴場を遊泳禁止とした。
 市によると、サメの体長は約70センチ。同日午前10時ごろ、三保真崎海水浴場のライフセーバーが巡回中に、海水浴場の端から約20メートル離れた場所で見つけた。
 市は安全が確認できるまでの措置として、同海水浴場を同日午前11時半から、近接する三保内浜海水浴場も午後0時半から遊泳禁止とした。
 8月に入り、本州太平洋側や九州の沿岸でサメの目撃報告が相次いでいる。同市では用宗海岸海水浴場(駿河区)も、焼津市沖でシュモクザメが確認されたのを受けて10日から遊泳禁止が続く。
 東海大海洋科学博物館(静岡市清水区)の鈴木宏易学芸員は「三保沿岸は急深のため、サメが岸の近くまで来やすい。今回のサメは、釣られて弱った後に捨てられて打ち上がった可能性もある。70センチ程度ならサメの方が人から逃げると思うが、歯は鋭いため注意は必要」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.at-s.com/news/detail/1174224226.html

| コメント (0)

【北朝鮮拉致】なぜ群馬なのか 辛光洙工作員、活動空白期の生活(17日)産経

辛光洙(シン・グァンス)という名前の北朝鮮工作員がいる。地村保志さん(60)と妻の富貴恵さん(60)、原敕晁さん(79)=拉致当時(43)=を拉致した疑いがあるとして、日本の捜査当局が国際手配している容疑者だ。1970年代から80年代にかけ、日本各地を転々とし、工作活動を進めていた辛容疑者には、群馬県に潜伏していた時期があった。
 その時期に辛容疑者が何をしていたかは明らかになっていないが、拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」が7月に実施した調査からは、群馬が北朝鮮の工作活動の“中継点”としての役割を果たしていた可能性も浮かび上がる。

日本生まれ、朝鮮戦争にも参加

 辛容疑者は1985(昭和60)年2月、韓国で国家保安法違反の疑いで逮捕され、その後ソウル地裁で死刑判決を受けた。
 その判決文によると、1929年に静岡県で生まれた辛容疑者は戦後、朝鮮半島に渡り、朝鮮戦争に参加。71年に北朝鮮工作員として選抜される。
 73年7月、辛容疑者は石川県から密入国。工作員として生まれ故郷である日本の土を再び踏んだ。その後は日本各地で協力者を獲得し、工作活動を進める。そして北朝鮮本国で拉致指令を受け、80年6月に原さんを北朝鮮に連れ去った。

| コメント (0)

沢登りの2人不明:「仲間が転落」と通報 秋田(17日)毎日

16日午後3時15分ごろ、秋田県北秋田市森吉の太平湖近くで沢登りをしていた男性から、「(同行していた仲間)2人が沢に転落した」と付近の国民宿舎を通じて県警北秋田署に通報があった。
 同署や地元消防によると、沢登りをしていたのは男性4人。このうち埼玉県三郷市の病院職員、荻野寛之さん(34)と横浜市緑区の地方公務員、信太正樹さん(35)が、太平湖の南にある「三階滝」の上流約100メートル地点で約2メートル下の滝つぼに転落しそのまま行方不明になった。
 無事だった2人が転落を目撃したのは午後0時半ごろとみられるが、山奥で通報に手間取った。消防は午後6時前に現場近くに到着したが荻野さんらは見つからなかった。17日午前6時から約30人体制で捜索を再開する。【五十嵐和大】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150817k0000m040048000c.html

| コメント (0)

禁煙の交番休憩室でぼや、吸い殻に水かけたが…(17日)読売

15日午後4時55分頃、大阪市西成区太子、大阪府警西成署太子交番の休憩室から出火。
 ゴミ箱などを焼き、消防が消し止めた。けが人はなかったが、同署は、署員のたばこの火の不始末が原因とみている。
 発表では、現場は、同交番の休憩室として借りている雑居ビルの一室。同署は、休憩室でたばこを吸わないよう指導していたが、この日、4~5人の署員が計約10本のたばこを吸い、吸い殻に水をかけてゴミ箱に捨てるなどしていたという。

2015年08月16日 17時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

ニセ医師が2千人を診察できたワケ 評判上々、甘い確認(17日)朝日

 実在する医師になりすまして診療したとして、元タクシー運転手の男が、茨城県警に逮捕された。2年半の間ばれずに、全国で少なくとも延べ2千人超の診療を続けたという。どうして誰も気づかなかったのか。
 「ばれないよう落ち着いて診療し、症状が重い人は、他の医療機関での受診を勧めた」。勤務先の医療法人から給与をだまし取ったとして医師法違反や詐欺罪で起訴された東京都品川区の大賀達夫被告(51)は県警の調べに、こう話しているという。「なりすまされた側」が1月、身に覚えのない納税書類があるのに気づいて発覚した。
 捜査関係者によると、大賀被告は眼鏡やコンタクトレンズのメーカーに勤務した経験があり、2009~11年には医師や看護師を医療機関に紹介する会社を名古屋市で経営していた。
 その会社が行き詰まると、自分の会社に登録した、顔写真がついていない医師の免許証の写しを使って、福岡市内の医師紹介業者に自分を眼科医として登録。12年6月~15年1月、茨城を含む23府県37カ所の診療所や病院で診療し、2千万円超の報酬を得たとされる。診療した患者数は、判明しているだけで5府県5カ所で延べ約2300人。今のところ健康被害などの報告はないという。
 周囲の評判は、悪くなかったようだ。勤務先の眼科のスタッフによると、大賀被告は愛想がよく、子どもの患者には「大丈夫だからね」と優しく声をかけていた。無断欠勤や遅刻はせず、患者からの苦情もなかった。「一緒に仕事をしていて嫌な思いをしたことはない。医師ではないと聞いて驚いた」。ただ、出身地など個人的な話はしたことがなかったという。
 大賀被告は「(顔写真がない)医師免許証の写しがあれば、大丈夫だと思った。業者とのやり取りは電話とメールだけだった」と供述しているという。このため、免許証の原本の提出が求められる正規採用の話を持ちかけられると断っていたという。
 大賀被告が登録した福岡市内の医師紹介業者によると、医師免許証や履歴書などで身分は確認したが、運転免許証などで本人確認はしなかったという。派遣先の医療法人も「紹介業者が本人確認をしていると思っていた」と話す。
残り:770文字/本文:1670文字

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH7W55GDH7WUJHB00H.html

| コメント (0)

78歳妻を殴打した疑いで62歳夫を逮捕、妻は意識不明の重体 (17日)TBS

東京・葛飾区で78歳の妻に対し顔を殴るなどの暴行を加えたとして、土建業の男が警視庁に逮捕されました。妻は意識不明の重体です。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、葛飾区の土建業・大山俊男容疑者(62)で、今月14日夜から15日午前までの間、自宅で78歳の妻に対し顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれています。妻は急性硬膜下血腫で意識不明の重体です。
 大山容疑者は14日夜、妻と一緒に自宅近くの居酒屋で飲酒した後、帰宅したということです。
 取り調べに対し大山容疑者は容疑を認めているということで、警視庁が当時の経緯や動機を詳しく調べています。(16日23:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2564321.html

| コメント (0)

アンダーパス冠水で車2台動けず けが人なし(17日)NHK

17日午前3時すぎ、三重県桑名市東方で、大雨でアンダーパスが冠水して車2台が動けなくなったと消防に通報がありました。消防によりますと、2台とも、乗っていた人がみずから車から出てけがなどはなかったということです。
桑名市では午前3時46分までの1時間に76ミリの非常に激しい雨が観測されました。
乗用車を運転していた男性は「暗くてよく見えなかったが、気がついたら窓の下まで水が来ていた。エンジンも止まってしまい、ドアを開けて脱出した」と話していました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010192651000.html

| コメント (0)

車暴走、歩行者5人死傷=JR池袋駅前の繁華街-53歳自称医師逮捕・警視庁(17日)時事

16日午後9時35分ごろ、東京都豊島区東池袋のJR池袋駅近くで、暴走した車が歩道に乗り上げ、店舗に突っ込んだ。警視庁によると、歩行中の25~71歳の男女5人がはねられた。このうち板橋区成増の薬剤師江幡淑子さん(41)が頭を強く打ち、搬送先の病院で17日未明に死亡が確認され、4人が重軽傷を負った。
〔写真特集〕東京・池袋で歩道に車、歩行者次々はねる(2014年6月)
 同庁池袋署は、車を運転していた自称医師の金子庄一郎容疑者(53)=北区王子=を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。同致死傷容疑に切り替えて調べを進める。
 同署によると、金子容疑者は「歩道に突っ込んだ記憶はない。疲れていて居眠りをしてしまったので、覚えていないのかもしれない」などと供述している。現場にはブレーキ痕はなかった。
 池袋署によると、金子容疑者が運転していたのは乗用車で、現場近くの地下駐車場から出た後、50メートルほど暴走。歩道に乗り上げてビル1階の衣料品店に突っ込み止まったという。同乗者はいなかった。警視庁が事故の詳しい状況を調べている。
 現場はJR池袋駅東口から約150メートルの家電量販店などのビルが立ち並ぶ繁華街。同駅前では昨年6月にも、歩道を車が暴走、歩行者ら7人が死傷する事件が起きている。同事件では、危険ドラッグを吸引して運転したとして、会社員の男が起訴された。(2015/08/17-05:24)

2015

| コメント (0)

入間川に取り残された中学生ら4人を救助 大雨で急激に増水(17日)共同

16日午前9時ごろ、飯能市大河原の入間川で、増水したため男子中学生2人が岩場に取り残され、発見した女性から「2人が岩場に取り残されている」と119番があった。この場所から1キロほど下流の同市稲荷町でも、午前9時すぎ、年配の男女2人が中洲に取り残され、近くにいた人が県警に通報した。4人は午前10時すぎまでに無事救助され、けがもないという。
 現場は飯能河原の上流と下流。熊谷地方気象台によると、県北西部では、16日午前4時20分すぎ、大雨洪水警報が出ていた。場所によっては1時間に30~40ミリの局地的な雨が降ったという。近くの住民の話などによると、午前8時すぎから急激に増水し、川の水位が上がったという。消防がゴムボートなどを使い救助した。
 近くに住む女性は「8時半ごろ、バーベキューをやっていた人から、急に増水したと話を聞いた」。消防が中学生を救出する模様を見ていた男性は「(消防が)対岸にロープを渡しゴムボートで救助していた。ここには何度も来ているが、こんなに水が増えたのは初めて」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/16/09.html

| コメント (0)

« 2015年8月16日 | トップページ | 2015年8月18日 »