« 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月3日 »

2015年8月2日

2015年8月 2日 (日)

逃亡容疑者の顔の変化予測 手配写真で科警研がシステム(2日)日経

加齢による人の顔の変化を数値化し、長期の逃亡容疑者や行方不明者の現在の顔立ちを予測するシステムを警察庁科学警察研究所(科警研)の研究グループが開発した。従来は古い写真を基に手配写真を作成する場合、しわや皮膚のたるみなど一般的な加齢の要素を加えていたが、科学的予測が可能になった。

 1995年に地下鉄サリン事件で特別手配された高橋克也被告(57)ら元オウム真理教信者が2012年の逮捕時、手配写真とかけ離れた顔立ちだったことなどから、現場の捜査員から新たな手法を求める声が強くなっていた。システムは12年度に開発を始め、3年かけて実用化した。
 科警研は本人の同意を得て以前から作成していた警察職員ら男性876人の立体的な顔画像データを用い、座標点約1万点を落とし込んで網目状に加工。このうち171人は10年ほど後にも新たに顔画像データを作成しており、それらも同様に加工、元データとの座標点のずれを平均化するなどして1年単位の「老化」の値を導き出した。
 老化による肌の濃淡やくすみ具合の変化も予測するため、171人の2つの顔画像データを解析し数値化。古くても顔写真があれば、現在だけでなく将来も、その時点の顔立ちを予測した手配写真が約半日で作成することが可能になった。精度についても、一見しても気付かないわずかな変化も予測できる。
 老化のスピードは年代によって異なることから、今後は顔画像データを「高齢」「中年」「若年」に分類して比較できるようにするほか、女性のデータの充実も進めるという。
 科警研の今泉和彦生物第二研究室長は「長年の逃亡生活のストレスなど個々の生活状況の違いは数値化が難しい。それらを捜査員の知識や経験で補ってもらい、指名手配容疑者らの早期発見につなげられれば」と話している。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H4R_S5A800C1000000/

| コメント (0)

渋谷で高校生デモ「安保法制反対」 SNS通じ集まる(2日)朝日

参院特別委員会で審議中の安全保障関連法案に反対する高校生らのグループが2日、東京・渋谷でデモを行った。制服姿の参加者もおり、約5千人(主催者発表)が軽快なリズムにあわせて「民主主義ってなんだ」と声を上げた。

 主催したのは、高校生らが立ち上げた「ティーンズ ソウル」。大学生の団体「SEALDs(シールズ)」の活動で顔見知りになり、「選挙権が18歳に下げられる中で、高校生も自分らしい言葉で意思表示したい」とSNSを通じて集まった。
 友達を誘って参加したという都立高1年の古川はすさん(15)は「人の命を左右することなのに、国民の意見を聞かずに決められてしまいそうで納得いかない」と話した。渋谷では2日、保育士らの団体が主催するデモもあった。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH825H14H82UTIL00X.html

| コメント (0)

不明航海士の捜索難航=運航会社幹部聴取-フェリー火災・海保など(2日)時事

北海道・苫小牧沖で起きたカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」の火災で、海上保安庁は2日、行方不明の2等航海士織田邦彦さん(44)の捜索を続けたが、発見できないまま正午前に中断、この日の再開は見送った。火災発生から3日目を迎えたが鎮火に至っておらず、煙や高温のため捜索は難航している。
〔写真特集〕苫小牧沖でカーフェリー火災
 運輸安全委員会の船舶事故調査官は船長や航海士に加え、運航会社幹部からも事情を聴き、出火原因などを調べた。
 この日はヘリコプターで隊員9人を船の甲板に降ろし、火元とみられる下から2層目の車両デッキの一部のほか、最下層や機関室、舵機室などを約3時間半かけて調べた。
 消火活動も続けたが、構造上、船内に水が入りにくい上、水を入れすぎると重さで浮力が保てなくなる恐れもあるなどの理由で難航している。(2015/08/02-20:35)

2015/08

| コメント (0)

幕張メッセで熱中症疑い11人搬送 炎天下の列で混乱(2日)テレビ朝日

2日も全国的に猛烈な暑さとなりました。928ある観測地点のうち、179地点で35度以上の猛暑日となりました。全国で最も暑かったのは、岐阜県多治見市で39.2度と2日連続で39度を超えました。この暑さの影響で、千葉県の幕張で行われたイベントでは熱中症で11人が搬送されるなど、現場は一時、騒然となりました。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055976.html

| コメント (0)

拘置支所の収容者が熱中症の症状 香川(2日)NHK

2日未明、香川県丸亀市にある拘置支所で、48歳の収容者が熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。消防などによりますと、一時意識がもうろうとした状態だったということですが、回復に向かっているということです。
2日午前0時半すぎ、丸亀市にある丸亀拘置支所で、48歳の収容者がぐったりしているのを巡回中の職員が見つけ、消防に通報しました。
消防によりますと熱中症とみられ、意識がもうろうとした状態だったということですが、病院で手当てを受け回復に向かっているということです。
丸亀拘置支所を所管する高松刑務所によりますと、収容者には水筒に入った水が用意され、1日夜は暑さ対策のため窓を開けていたということですが、部屋にエアコンはないということです。
高松地方気象台によりますと、丸亀市に近い多度津町の観測ポイントでは1日夜から2日朝にかけて、気温が25度を下回らない熱帯夜になっていました。
高松刑務所は「対応に問題はなかったが、今後は収容者の健康管理に万全を期すよう努力する」とコメントしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150802/k10010175911000.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
高齢化社会に何が必要か

【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011031 なんとも痛ましい〝事件〟である。
 30日午後、東京都荒川区のマンションで40代の男性がトイレのドアの前で死亡し、トイレの中では50代の女性が死亡していた。
 男性は夫で女性はその妻。酒を飲んで帰宅した夫がトイレのドアをふさぐように眠り、そのまま死亡。その時、たまたまトイレには妻が入っており、亡くなった夫の体重が100㌔もあることから、妻の力ではドアを開けることができずに時間が経過。普段からエアコンを使っていなかったこともあり、妻は熱中症で死亡してしまったもので弁当宅配業者が発見した。
 夫は病気治療のため薬を使用しており、それに酒を飲んでドア付近で眠り込んでしまったという不運があるものの、これから迎える高齢化社会では、あり得ない話しではない=TBS。
 総務省の統計によると平成26年9月現在の総人口は1億2707万人。このうち70歳以上の高齢者は2383万人で、なんと65歳以上の高齢者になると3296万人だと言う。
 0~14歳が1624万人、15~64歳が7787万人だから、高齢者の総人口に占める割合は昭和25年は4.9%だったのに対して平成26年は25.9%と4人に1人が高齢者になってしまった。
 おまけに核家族の時代-お年寄り2人だけという家庭では今回のような出来はいつ起きても不思議ではない。振り込め詐欺を含めてお年寄りには実に住みにくい社会である。やはり隣人同士と声をかけあって、互いに見つめ合う地域社会の絆が必要な社会なのだが、失われた今が悲しい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ビットコイン取引所社長を送検 口座改ざん容疑 (2日)日経

仮想通貨ビットコインが大量消失したとされる事件で、警視庁は2日、取引所運営会社「MTGOX」(東京・渋谷)の社長、マルク・カルプレス容疑者(30)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で送検した。
 送検容疑は2013年2月中旬、米国内のサーバーに開設した同社の取引システムに接続。自分名義の口座のデータを改ざんし、残高を100万ドル(約1億2400万円)水増しした疑い。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK02H07_S5A800C1000000/

| コメント (0)

妻を刺殺容疑=会社社長を逮捕-埼玉県警(2日)時事

妻を刃物で刺し殺害したとして、埼玉県警大宮署は2日、殺人容疑でさいたま市北区宮原町、建設会社社長遠藤全紀容疑者(68)を逮捕した。同署によると、「ナイフで刺して殺した」と容疑を認めている。同容疑者も自殺を図ったが、命に別条はないという。(2015/08/02-14:46)

2015

| コメント (0)

名神高速を7キロ逆走!対向車と接触 運転の74歳女性「方向違いに気づき転回」 大阪・高槻(2日)産経

2日午前8時半ごろ、大阪府高槻市真上町の名神高速道路下り線で、京都市伏見区の無職女性(74)が運転する乗用車が逆走し、対向の乗用車のサイドミラーと接触した。けが人はなかった。大阪府警高速隊によると、女性は少なくとも約7キロ逆走したとみられ、道交法違反(通行区分違反、安全運転義務違反)容疑で事情を聴いている。
 同隊によると、警察無線で覚知した京都府警高速隊が天王山トンネル付近で逆走していた乗用車を停車させた。女性は「京都南インターチェンジに入った後、方向違いに気付き、転回した」と話している。http://www.sankei.com/west/news/150802/wst1508020030-n1.html

| コメント (0)

フェリーまだ鎮火せず 不明乗員の捜索続く(2日)NHK

31日に北海道苫小牧市の沖合で起きたフェリーの火災は、発生から3日目の2日になっても鎮火していません。依然、乗員1人の行方が分かっておらず、海上保安本部は、船内の温度が高いため安全を確保しながら引き続き捜索を進めています。
31日、苫小牧市の沖合を航行中のカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」で起きた火災は、3日目の2日になっても鎮火しておらず、乗員で2等航海士の織田邦彦さん(44)の行方が依然、分かっていません。
海上保安本部は断続的に放水を行うなどしていますが、火元とみられる車両デッキの付近では、煙や熱のため立ち入れない場所があるということです。
また、2日は、特殊救難隊員が船の底のほうに近いエンジンルームやデッキ部分の捜索に当たりましたが、これまでのところ、織田さんの発見につながる手がかりは得られていないということです。
海上保安本部は、引き続き安全を確保しながら捜索と消火作業を並行して進めるとともに、フェリーの乗員から話を聞くなどして出火原因を調べています。
一方、国の運輸安全委員会は、フェリーを運航する商船三井フェリーの苫小牧支店で2日も調査を続けていて、会社の関係者によりますと、運航管理に関わる書類の確認や社員への聞き取りが進められているということです。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150802/k10010175701000.html

| コメント (0)

口論で体に火を付ける、男性2人やけど 山梨(2日)産経

1日午前6時10分すぎ、山梨県上野原市上野原の路上で男性2人が口論し、体に火を付けたようだと近隣住民から110番通報があった。県警と消防が駆け付けると、近くに住む職業不詳の男性(71)と食肉販売業の男性(63)が全身にやけどを負って路上に倒れており、病院に運ばれた。いずれも重傷。
 県警上野原署は傷害事件として捜査している。
 署によると、63歳の男性の右腕には刺されたような傷もあり、現場には油のような液体と果物ナイフが落ちていた。2人は面識があり、署は何らかのトラブルがあったとみて調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/150801/afr1508010037-n1.html

| コメント (0)

海保、専門家と救助法協議=フェリー火災、消火活動難航-船長ら聴取・運輸安全委(2日)時事

北海道・苫小牧沖で火災を起こしたカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」(1万1401トン)の消火活動は1日午後も続けられたが、鎮火の見通しは立っていない。海上保安庁特殊救難隊は、高温のため火元に近づけず中断していた2等航海士織田邦彦さん(44)=広島県東広島市=の捜索を同日夕に再開するとともに、海難救助などの専門家3人と救助方法について協議した。
〔写真特集〕苫小牧沖でカーフェリー火災
 国土交通省の運輸安全委員会の船舶事故調査官ら5人は同日、現地入りし調査を開始。苫小牧市内で、フェリーの船長ら乗員9人と乗客2人から事故発生から避難するまでの状況を聴取した。
 再開後の船内捜索は約1時間実施。火元とみられる下から2層目の船首側を中心に調べたが、織田さんは見つからなかった。煙が多く、船尾付近は捜索できなかったという。海保は同日、漂流防止のためフェリーとえい船をロープでつなぎ、巡視船が周囲から放水を続けた。ただ、船の構造上、水が船内に入りにくく、消火活動は難航している。(2015/08/01-21:26)

2015/08/01-21

| コメント (0)

壁に大穴、売り場壊滅 車が突っ込み店内15m暴走(2日)テレビ朝日

北海道室蘭市の衣料品店に乗用車が突っ込み、店にいた客や従業員ら合わせて4人がけがをしました。
 1日午後2時半ごろ、室蘭市の衣料品店に65歳の女性が運転する乗用車が駐車場から突っ込みました。乗用車は売り場の商品などをなぎ倒し、15mほど入ったところで止まったということです。この事故で、客1人と従業員2人、運転手の合わせて4人がけがをしました。運転していた女性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055945.html

| コメント (0)

熱中症か 2日連続 拘置支所で収容者搬送(2日)NHK

先月31日、収容中の男性が熱中症とみられる症状で死亡した和歌山市の拘置支所で、1日も20代の収容者が熱中症とみられる症状で病院に運ばれていたことが分かりました。拘置支所を所管する大阪刑務所は「今後、さらに健康管理に気をつける」としています。
1日午後4時すぎ、和歌山市にある丸の内拘置支所から「収容中の男性がけいれんを起こしている」と消防に通報がありました。消防が駆けつけたところ、20代の収容者が熱中症とみられる症状でぐったりしていて、病院に運ばれ、手当てを受けました。症状は軽いということです。
和歌山地方気象台によりますと、1日の和歌山市は日中の最高気温が37度1分に達し、ことしいちばんの暑さになっていました。
丸の内拘置支所では先月31日も収容中の2人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれ、このうち、1人が死亡し、もう1人も一時、意識不明の重体になりました。
拘置支所を所管する大阪刑務所によりますと、収容者にはお茶などの飲み物が用意されていますが、部屋にエアコンはないということです。
大阪刑務所は「前日の出来事を受けて、室内の換気や水分補給などには気を配っていた。今後、さらに健康管理に気をつける」としています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150802/k10010175451000.html

| コメント (0)

「電話de詐欺」、千葉県警が特殊詐欺の新名称 (2日)TBS

振り込め詐欺や還付金詐欺など手口が多様化している「特殊詐欺」に変わる新しい名称を千葉県警が発表しました。
 新しい名称にはおよそ4万件の案が一般から寄せられ、最優秀作品に「電話de詐欺」、また、優秀作品には「金くれ詐欺」と「つけ込み詐欺」が選ばれました。
 近年、詐欺の手口が多様化していることから、千葉県警はこれまでの「特殊詐欺」という名称が実態にそぐわないなどとして、一般から新しい名称を募集していました。特殊詐欺事件の大半は電話から始まることや、目に付きやすいアルファベットが使われていることなどが決め手となり、「電話de詐欺」が最優秀作品に選ばれたということです。
 千葉県警は今後、防犯キャンペーンなどで「電話de詐欺」と「金くれ詐欺」の名称を活用していく方針です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2553702.html

| コメント (0)

ビットコイン、安全対策追いつかず(2日)日経

 ビットコインの利用者は世界中で増え続けている。一方で取引所がサイバー攻撃を受けてコインが消えたり、資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されたりする例も相次いでいる。捜査関係者は「取引の安全性を確保する仕組みが普及に追いついていない」と指摘する。
 ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物による論文をきっかけに、2009年に取引が始まった。国や中央銀行のような管理者はおらず、利用者がネット上で…
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H6P_R00C15A8CC1000/

| コメント (0)

火災のフェリー、消火活動難航 冷凍トラックが火元の可能性(2日)東京

北海道・苫小牧沖で起きた茨城の大洗発苫小牧行きフェリー「さんふらわあだいせつ」(1万1401トン)の火災で、第1管区海上保安本部(小樽)は1日、消火活動を続けたが、出火から丸1日が経過しても鎮火しなかった。運航会社の「商船三井フェリー」(東京)は、火元付近には冷凍機付きトラックが積まれ船から給電を受けており、出火原因になった可能性があるとしている。
 1管によると、特殊救難隊が行方不明になった2等航海士織田邦彦さん(44)=広島県=を捜索したが、手掛かりは見つからず、1日は捜索を終えた。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015080101001528.html

| コメント (0)

東京・調布の小型機墜落:「危険予測できたはず」 操縦士ら疑問の声(2日)毎日

◇「重量や気温、必ず注意」

 東京都調布市の住宅街に小型飛行機が墜落し8人が死傷した事故は2日、発生から1週間になる。原因について、小型機が離陸可能な最大重量に近かった可能性が指摘されているほか、気温の上昇という夏場の気象条件が絡んでいるとの見方もある。積載重量や気象は、小型機の操縦士が必ず注意を払う条件とされる。「なぜ危険を予測できなかったのか」。操縦士たちから疑問の声が上がっている。【内橋寿明】

 「燃料を満タンにするなら、大人の搭乗は3人まで。この飛行機を操縦する時に気をつけてきたことだ」。事故機と同型の米パイパー社製「PA46−350P型」を操縦した経験の長い男性(55)は言う。同型機の定員は6人。「実際に6人乗るなら、燃料を減らすなどの重量調整が必要だ」
 パイパー社のホームページによると、同型機の標準装備の機体は約1380キロ。燃料は約355キロまで積載可能で、満タンにすると機体全体で約1735キロになる。一方、同型機が離陸可能な最大重量は1950キロ。燃料が満タンの状態なら、のせることができる人や荷物は最大約215キロという計算になる。
 事故を起こした小型機は、成人男性5人を乗せていた。燃料は、満タンの状態から事故4日前に約40分飛行しただけで、多くは残っていたとみられる。「この機種の能力を知っているなら、危険を感じなかったのだろうか」と男性は首をかしげる。
 事故が起きた時に調布飛行場にいた男性操縦士は、「あの日の暑さからすると、気温の影響も大きいはずだ」と話す。小型機のエンジンは、気温が上がると出力が低下する。当時の気温は34度。同型機の操縦マニュアル(米連邦航空局が1988年承認)によると、「気温34度」で「無風」という気象条件なら、最大重量に達した同型機が安全に離陸するには約960メートルの滑走路が必要とされている。調布飛行場の滑走路は800メートルだった。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://mainichi.jp/shimen/news/20150802ddm041040088000c.html

| コメント (0)

多治見で39・9度…最多223か所が猛暑日(2日)読売

 日本列島は1日、高気圧に覆われ、広い範囲で晴れて気温が上昇した。
 気象庁によると、全国928か所の観測地点中、今年最多の223か所で35度以上の猛暑日を記録。青森や神奈川、山梨、愛知、兵庫、愛媛の6県で、熱中症とみられる症状で6人が死亡、同庁で注意を呼び掛けている。
 同庁によると、各地の最高気温は、岐阜県多治見市で今季全国最高の39・9度を記録した。群馬県館林市で39・4度、埼玉県熊谷市で38・3度、甲府市で37・3度といずれも今季最高を更新。東京都心も35・3度まで上昇した。
 神奈川県藤沢市の片瀬海岸は、大勢の海水浴客であふれ、家族で来た千葉県習志野市の小学5年生(10)は「波も穏やかで気持ちいい」と喜んでいた。

2015年08月01日 21時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

« 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月3日 »