« 災害現場で活用へ、愛知県警がドローン企業と協定 全国初 (30日)TBS | トップページ | 虐待情報を学校外と共有 西東京・中2自殺1年、市が専門員増 (30日)日経 »

2015年7月30日 (木)

高裁も自衛隊機の夜間飛行差し止め命じる 厚木基地訴訟(30日)朝日

 米軍と自衛隊が共同で使う厚木基地神奈川県)の周辺住民らが、騒音被害を国に訴えた訴訟の控訴審判決が30日、東京高裁であった。斎藤隆裁判長は、全国で初めて自衛隊機の深夜と早朝(午後10時~午前6時)の飛行差し止めを認めた一審・横浜地裁判決に続き、飛行の差し止めを認めた。米軍機の飛行差し止めは認めなかったが、騒音被害に対する損害賠償は、一審が認めなかった将来分まで支払いを命じた。
 基地の公共性と周辺住民の被害軽減のどちらが優先されるかが争われた訴訟は、二審の高裁も、夜間における限度を超えた被害は許されないと判断。「今後も高度の蓋然(がいぜん)性を持って騒音被害の継続が見込まれる」とし、米空母艦載機岩国基地へ移転する計画を考慮して、2016年末までの賠償を命じ、各地の基地騒音訴訟で最高額となる計約94億円とした。
 原告は、基地がある神奈川県大和市東京都町田市などの住民約6900人。いずれも航空機による騒音が一定の基準値以上の地域に住む。米軍機と自衛隊機の飛行差し止めや損害賠償を求め、07年に提訴した。
残り:637文字/本文:1096文字http://www.asahi.com/articles/ASH767SRNH76ULOB02B.html

« 災害現場で活用へ、愛知県警がドローン企業と協定 全国初 (30日)TBS | トップページ | 虐待情報を学校外と共有 西東京・中2自殺1年、市が専門員増 (30日)日経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 災害現場で活用へ、愛知県警がドローン企業と協定 全国初 (30日)TBS | トップページ | 虐待情報を学校外と共有 西東京・中2自殺1年、市が専門員増 (30日)日経 »