カテゴリー

« “路上にブロック”あきれた動機 少年ら書類送検(21日)テレビ朝日 | トップページ | 千葉で血だらけで全裸状態の女性保護、男が暴行か(21日)TBS »

2015年7月21日 (火)

箱根山で火山灰確認 気象庁「噴火だが噴火と呼ばない」(21日)朝日

気象庁は21日、活発な火山活動が続いている箱根山神奈川県)の大涌谷(おおわくだに)で、6月に新たに確認された火口から、噴煙に火山灰が混じっている現象を確認したと発表した。火山灰の噴出が短く、飛び散った範囲も狭いことから、同庁は「現象は噴火だが、住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火とは呼ばない」としている。
 箱根山での火山灰の確認は、ごく小規模な噴火があった7月1日以来。大涌谷の火口で21日正午ごろ、火山灰を含んだ噴煙を10秒ほど観測。高さ約10メートルの白色噴煙が一時的に灰色になり、50メートルほどの高さになった。噴火に伴う振動は確認されず、火山性地震も同時間帯に観測されなかった。
 気象庁では、火口から火山灰が放出される現象を噴火とする一方、噴火として記録を残すのは「火口から噴出物が100~300メートル飛んだ場合」と説明。6月30日と今月1日のごく小規模な噴火では、火口から100メートル以上離れた場所で降灰を確認したことを根拠とした。ただ、21日は火口から100メートルの範囲で降灰調査は実施しておらず、実際の火山灰が飛んだ範囲は把握できていないという。
 同庁火山課の小久保一哉・火山活動評価解析官は、今回の噴出現象について、「理科研究の小学生に、噴火かと問われれば噴火だと答える。ただ、気象庁では噴火と記録はしないと説明する」と話した。(鈴木逸弘)

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASH7P5QR4H7PUTIL04Q.html

« “路上にブロック”あきれた動機 少年ら書類送検(21日)テレビ朝日 | トップページ | 千葉で血だらけで全裸状態の女性保護、男が暴行か(21日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “路上にブロック”あきれた動機 少年ら書類送検(21日)テレビ朝日 | トップページ | 千葉で血だらけで全裸状態の女性保護、男が暴行か(21日)TBS »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ