« 「覚醒剤打ちました」出頭の男性が取り調べ中死亡(23日)テレビ朝日 | トップページ | 油井さん乗せたソユーズ 打ち上げ成功(23日)NHK »

2015年7月23日 (木)

【拉致再調査】またも報告延期通告 被害者家族の思いに政府は応えることができるのか(23日)産経

「われわれがこれまでやってきたことは何の意味もなかったのか!」-。拉致被害者らの再調査開始から1年となるのを前に、北朝鮮が再び、報告の先送りを日本に通告してきた。これまでと変わりない誠意のない北朝鮮の対応に対し、拉致被害者家族からは期限を設け北朝鮮に対する制裁強化を訴える声が出ている。自民党では6月25日、13項目に上る対北朝鮮制裁強化案がまとめられ、政府に報告された。被害者帰国を北朝鮮に促すための“カード”を切ることはできるのだろうか。

口では「誠実に調査」も誠意なき行動の北朝鮮

 「包括的調査を誠実に行っているが、今しばらく時間がかかる」。北朝鮮は2日夜、北京の大使館ルートを通じ、日本に対し再調査報告の延期を伝達した。
 北朝鮮が昨年7月4日に特別調査委員会を設置したことを受け、日本政府は同日、北朝鮮に対する独自の経済制裁の一部を解除した。再調査に関しては当初、「夏の終わりから秋の初め」に初回報告が行われる見込みだった。だが、北朝鮮は9月に「現時点で調査の初期的段階を超える説明はできない」として、報告の先送りを通告した。
 その後も報告は一切ないまま、時間だけが過ぎ、再調査から間もなく1年になろうとする7月2日に再び、報告の延期を知らせてきた。
 本来、特別管理されている拉致被害者の安否に関して調査する必要もないはず。だが、北朝鮮は平成14年9月の日朝首脳会談で、拉致被害者8人について、根拠もなく「死亡した」と説明しており、その説明を覆す“方便”としてだけ、再調査は意味を持っている。

« 「覚醒剤打ちました」出頭の男性が取り調べ中死亡(23日)テレビ朝日 | トップページ | 油井さん乗せたソユーズ 打ち上げ成功(23日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「覚醒剤打ちました」出頭の男性が取り調べ中死亡(23日)テレビ朝日 | トップページ | 油井さん乗せたソユーズ 打ち上げ成功(23日)NHK »