« 闇サイトで偽装結婚仲介の疑い、3人逮捕 (18日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2015年7月18日 (土)

ネットで副業、トラブル急増 SNSでマルチまがい手口も 国民生活センター注意呼び掛け(18日)産経

大学生らが業者と契約してインターネット上に店舗を開き、商品を販売する「ドロップシッピング(DS)」と呼ばれる商法など、ネットを利用した副業に関するトラブルの相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼び掛けた。

 「簡単にもうかる」と勧められて高額な契約金を支払うケースが目立つ上、最近は会員制交流サイト(SNS)で知り合った人らから「友人を誘って会員にすれば、報酬がどんどん上がる」と勧誘されるマルチ商法まがいの手口が急増しているという。
 DSは、販売サイトに注文が入れば契約した業者が商品を卸す一方、サイト運営者は卸値と販売価格との差額が収益となる仕組み。これとは別に、個人が自身のブログなどに業者のサイトに誘導する広告を張り、客が商品を買うと報酬が入る「アフィリエイト」に関する相談も増えている。
 こうした副業で「契約金を数十万円も払ったのに収入が得られない」といった相談が平成17年ごろから全国の消費生活センターに寄せられるようになり、22年度は最多の1530件に上った。23~25年度は800件台に減ったものの、26年度は再び1175件に達した。26年度の相談を年代別でみると、20代が約4割、30代が約2割と若者が多い。契約金額の平均は約41万円で、消費者金融から借りた人もいた。マルチ商法まがいの勧誘に関する相談は22~25年度は63~119件だったのに対し、26年度は307件に増えた。
 国民生活センターは「販売サイトの開設や広告だけで、簡単に稼ぐことはできない。勧誘時に説明された収入を当てにして無理な契約をしないで」と警告している。http://www.sankei.com/affairs/news/150718/afr1507180014-n1.html

« 闇サイトで偽装結婚仲介の疑い、3人逮捕 (18日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闇サイトで偽装結婚仲介の疑い、3人逮捕 (18日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »