« 長野県クレー射撃協会理事を銃刀法違反容疑で逮捕 目的外で散弾銃を携帯(13日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2015年7月13日 (月)

「サミット安全確保は責務」と警察庁長官 東京五輪見据え、サイバーテロ対策強化も(13日)産経

警察庁の金高雅仁長官は13日、東京都内で開かれた全国公安委員会連絡会議で、平成28年に三重県で開催される主要国首脳会議(サミット)について「国際テロ情勢が緊迫化しており、安全確保は警察に課された重大な責務」と述べた。
 サミット関連のサイバーテロなどを防ぐため、警察庁が「国際テロ対策強化要綱」をまとめたことに触れ「5年後の東京五輪・パラリンピックも見据え、対策を強化する」と話した。
 また、「犯罪の迅速な検挙は国民の警察に対する信頼の基盤」とし、迅速な初動対応や捜査の科学化による「検挙力の強化」に努めることも強調した。
 一方、山谷えり子国家公安委員長は、北朝鮮による拉致被害者の帰国が実現できていない現状について遺憾の意を表した上で「警察による拉致容疑事案の全容解明に向けた捜査は極めて重要」と訴えた。http://www.sankei.com/affairs/news/150713/afr1507130028-n1.html

« 長野県クレー射撃協会理事を銃刀法違反容疑で逮捕 目的外で散弾銃を携帯(13日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野県クレー射撃協会理事を銃刀法違反容疑で逮捕 目的外で散弾銃を携帯(13日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »