« 1年前のタクシー強盗傷害、容疑の32歳会社員逮捕 (15日)TBS | トップページ | 石包丁レプリカなど盗難=窃盗事件で警視庁捜査-都埋文センター(15日)時事 »

2015年7月15日 (水)

警視庁 ヤフオフに“盗品”転売防止を要請(15日)NHK

東京の書店で万引きされた本など1700点がインターネットのオークションで売られていたことが分かり、警視庁は15日、オークションの運営会社に対し、盗まれたものが出品されていないか監視を強めるなど、対策を強化するよう要請しました。
警視庁によりますと、先月、東京・稲城市の書店で語学の本などを万引きしたとして大学生が逮捕され、調べに対し、大学生は盗んだ本やCDなど合わせて1700点をインターネットのオークションに出品して売っていたと供述したということです。
警視庁がオークションを運営する「ヤフー」から出品記録などを取り寄せて分析したところ、1700点すべてが同じIDで売りに出されていたうえ、同じ書籍が1年間に26回売られるなど、不自然な出品が繰り返されていたということです。
こうしたことから、警視庁は15日、「ヤフー」に対し、盗まれたものが出品されていないか監視を強めるなど、対策を強化するよう要請しました。
警視庁も被害品の情報をオークションの運営会社に提供することにしていて、連携を強化し、被害品の転売を防ぐことにしています。
要請を受けた「ヤフー」は「不正な手段で入手された商品はガイドラインで出品を禁止し、パトロールも行っている。しかし、事業者だけで盗まれたものかどうか判断するのは難しく、今後、警察との連携を進めていきたい」としています。

ネットオークションで被害品売却が増加

万引きやひったくりなどで盗まれた被害品がネットオークションで売却されるケースは全国で増加しています。警察庁によりますと、統計が残っている平成16年は904件でしたが、平成24年では2552件と、10年近くの間で2.5倍になっています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150715/k10010151641000.html

« 1年前のタクシー強盗傷害、容疑の32歳会社員逮捕 (15日)TBS | トップページ | 石包丁レプリカなど盗難=窃盗事件で警視庁捜査-都埋文センター(15日)時事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年前のタクシー強盗傷害、容疑の32歳会社員逮捕 (15日)TBS | トップページ | 石包丁レプリカなど盗難=窃盗事件で警視庁捜査-都埋文センター(15日)時事 »