« 岡山県警が新幹線警戒活動を公開 放火事件受け強化(3日)共同 | トップページ | 同級生の3人が殴る蹴る“暴行”高3男子は死亡 茨城(3日)テレビ朝日 »

2015年7月 3日 (金)

新幹線切符は掛川行き=通過駅、自殺目的か-神奈川県警(3日)時事

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺し、巻き添えで女性が死亡した事件で、自殺した林崎春生容疑者(71)が持っていた新幹線の切符は静岡県の掛川駅行きだったことが3日、神奈川県警への取材で分かった。掛川はのぞみの通過駅で、県警は同容疑者が自殺するため乗車した可能性があるとみて調べている。

〔写真特集〕新幹線の事故~男が油かぶり火~
 県警は同日、静岡県のJR東海三島車両所で、のぞみ車内の現場検証を行った。出火した1両目を中心に火災の詳しい状況を確認する。
 神奈川県警によると、林崎容疑者が事件前日の6月29日夕、東京都杉並区にある自宅の最寄りのJR西荻窪駅を訪れ、窓口で切符を購入していたことが同駅の防犯カメラで確認された。「東京都区内-掛川」の片道乗車券と新幹線の自由席特急券で、料金を現金で支払った。
 同容疑者は翌30日午前10時40分ごろ、東京駅の新幹線改札を通り、同11時発の新大阪行き「のぞみ225号」に乗車。神奈川県の新横浜-小田原間を走行中の11時半ごろ、先頭の1号車で隠し持っていたポリタンクのガソリンをかぶり、自ら火を付け自殺したとされる。切符は同容疑者のズボンのポケットに焼けずに残っていた。(2015/07/03-11:23)

2015/07/03-

« 岡山県警が新幹線警戒活動を公開 放火事件受け強化(3日)共同 | トップページ | 同級生の3人が殴る蹴る“暴行”高3男子は死亡 茨城(3日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡山県警が新幹線警戒活動を公開 放火事件受け強化(3日)共同 | トップページ | 同級生の3人が殴る蹴る“暴行”高3男子は死亡 茨城(3日)テレビ朝日 »