« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 »

2015年7月 1日 (水)

新幹線放火、自宅にガソリン缶 乗車は東京駅、カメラに姿(1日)共同

東海道新幹線放火事件で神奈川県警は1日、車内で焼身自殺した林崎春生容疑者(71)の東京都杉並区の自宅からガソリン運搬などに使われる金属製の20リットル入り携行缶1個を押収した。県警は容疑者がガソリンを使った可能性が高いとみており、携行缶の購入先を調べるとともに、ポリタンクに入れて車内に持ち込んだ液体の鑑定を進める。
 林崎容疑者が事件直前に東京駅から新幹線に乗っていたことも同日、分かった。駅の防犯カメラに姿が写っていた。
 これまでの調べで、林崎容疑者は事件現場の1号車でポリタンクに入った油のような液体を自分の体にかけ、ライターで火を付けている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101001615.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 »