« 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 | トップページ | ストーカー行為の疑い、競輪元賞金王を逮捕 容疑否認(1日)朝日 »

2015年7月 1日 (水)

警察庁 放火事件受け鉄道や駅の巡回強化指示(1日)NHk

東海道新幹線のぞみの走行中の車内で、乗客の男が油のような液体をかぶって火をつけた事件を受けて、警察庁はテロなど危険物を使った事件に備えて鉄道や駅のパトロールを強化し、安全確保に努めるよう全国の警察に指示しました。
先月30日、神奈川県内を走行中だった東海道新幹線のぞみの車内で、男が油のような液体をかぶって火をつけ、この男と乗客の女性の2人が死亡したほか、乗客26人が重軽傷を負いました。
警察のこれまでの調べで、男は液体が入ったポリタンクをリュックサックに隠して新幹線に持ち込んだとみられています。
この事件を受けて、警察庁は1日、テロなど危険物を使った事件に備えて鉄道や駅の安全確保に努めるよう、全国の警察の警備部門や鉄道警察隊などを管轄する地域部門に指示しました。
この中では、警察官が新幹線に乗車するなどして車内や駅の構内のパトロールを強化することや、鉄道事業者に対して不審な荷物や人物を見かけたらすぐに通報するよう要請することなどを求めています。
警察庁は来年の「伊勢志摩サミット」や5年後の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、テロ対策を強化していくことにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010135001000.html

« 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 | トップページ | ストーカー行為の疑い、競輪元賞金王を逮捕 容疑否認(1日)朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事 | トップページ | ストーカー行為の疑い、競輪元賞金王を逮捕 容疑否認(1日)朝日 »