« セグウェイを全国の公道で=基準改正で実験可能に-国交省・警察庁(10日)時事 | トップページ | 国会で堀江貴文氏“検察の焼け太り”と批判 (10日)TBS »

2015年7月10日 (金)

コツは笑顔で大きな声…「DJポリス」研修会(10日)読売

北陸新幹線開業で、富山県内で行われる祭りなどイベントへの参加者が増える可能性を踏まえ、県警は9日、軽妙な語り口で雑踏の混乱を防ぐ「DJポリス」がいる警視庁から講師を招き、雑踏警備を担当する警察官向けの研修会を開いた。
 県警地域課によると、外部から講師を呼んだ研修会は初めて。
 研修会には、各警察署の地域課員や機動隊員ら約100人が参加。富山市向新庄町の県警察学校で行われた実習では、雨が降り出した花火大会で見物客が傘をさす際の注意喚起など具体的な場面を想定し、車両の上から注意を呼びかける訓練を行った。警視庁の講師たちは「短く簡潔に呼びかけた方が伝わる」などと助言していた。
 講師を務めた警視庁警備第1課の近藤智和警視は「会場でどんな問題が起こりそうか予測しつつ、笑顔で、大きな声で呼びかけることがコツ」と話した。

2015年07月10日 19時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« セグウェイを全国の公道で=基準改正で実験可能に-国交省・警察庁(10日)時事 | トップページ | 国会で堀江貴文氏“検察の焼け太り”と批判 (10日)TBS »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セグウェイを全国の公道で=基準改正で実験可能に-国交省・警察庁(10日)時事 | トップページ | 国会で堀江貴文氏“検察の焼け太り”と批判 (10日)TBS »