« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 熱中症 全国で538人搬送2人死亡(12日)NHK »

2015年7月12日 (日)

無人の救急車、動きだす=車の10人軽傷、ブレーキ忘れか-栃木(12日)時事

12日午後0時40分ごろ、栃木県小山市大川島のラーメン店で、駐車場に止まっていた小山市消防本部豊田分署の救急車が無人の状態で約10メートル進み、停車中のワンボックス車に接触した。乗っていた2~7歳の子ども5人を含む男女10人が負傷し、別の救急車で病院に搬送されたが、いずれも軽傷。救急車はブレーキがかかっていなかったといい、県警小山署が詳しい原因を調べている。
 同署などによると、救急車はラーメン店から急病人の通報を受けて出動。駐車場に停車し隊員3人が離れた後、無人で進み出した。救急車を手で止めようとしたワンボックス車の男性(28)と、車内にいた9人がけがをした。
 救急車はオートマチック車で、エンジンをかけたまま停車していた。衝突後に調べると、シフトレバーは「D(ドライブ)」に入った状態でサイドブレーキはかかっていなかったという。同署は運転していた救急隊員から詳しい事情を聞いている。(2015/07/12-19:58)

2015

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 熱中症 全国で538人搬送2人死亡(12日)NHK »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 熱中症 全国で538人搬送2人死亡(12日)NHK »