« 警察庁 放火事件受け鉄道や駅の巡回強化指示(1日)NHk | トップページ | 北朝鮮が拉致の可能性ある名前公開、46年前に京都で不明 (1日)TBS »

2015年7月 1日 (水)

ストーカー行為の疑い、競輪元賞金王を逮捕 容疑否認(1日)朝日

元交際相手の女性にストーカー行為をしたとして、群馬県警は1日、香川県土庄町競輪選手児玉広志容疑者(46)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。「電話やメールはしたが、ストーカーをしたとは思っていない」と否認しているという。
 発表によると、児玉容疑者は6月4日~17日、群馬県内に住む50代女性に電話を14回かけたり、「夜まで待っても連絡が来ない」「お互いに社会的信用はなくなりますが、それでいいと思っています」などのメールを3回送ったりして名誉を傷つけ、ストーカー行為をした疑いがある。
 児玉容疑者は2000年に競輪レースの最高峰とされる「KEIRINグランプリ」で優勝し、同年に年間の賞金王になった。競技を実施する公益財団法人JKAの広報担当は「詳細がつかめていないので、事実を確認次第、厳正に対処し、処分を審議していく」と話した。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH7161MJH71UHNB00W.html

« 警察庁 放火事件受け鉄道や駅の巡回強化指示(1日)NHk | トップページ | 北朝鮮が拉致の可能性ある名前公開、46年前に京都で不明 (1日)TBS »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警察庁 放火事件受け鉄道や駅の巡回強化指示(1日)NHk | トップページ | 北朝鮮が拉致の可能性ある名前公開、46年前に京都で不明 (1日)TBS »