« 藤田嗣治の絵、横領容疑で逮捕…作品は行方不明(23日)読売 | トップページ | 中国人実習生の殺害容疑で逮捕 ベトナム国籍5人、茨城県警(23日)共同 »

2015年7月23日 (木)

犯罪の二次的被害防止へ法整備を 兵庫の団体、国に要望書(23日)日経

 1997年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件の加害男性が手記を出版したことなどを巡り、犯罪被害者を支援する公益社団法人「ひょうご被害者支援センター」は22日までに、犯罪の二次的被害防止のための法整備が必要とする要望書を上川陽子法相と有村治子内閣府特命担当大臣に送付したと発表した。
 同センターは二次的被害について「配慮に欠けた対応による新たな被害」と定義。要望書では「社会一般において、二次的被害についての理解は不十分」と指摘。犯罪被害者等基本法の基本理念に二次的被害の防止を盛り込むことなどを求めている。
 同センター理事の中川勘太弁護士は「同法には二次的被害についての定義がないので取り入れてほしい」としている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC22H3V_S5A720C1AC8000/

« 藤田嗣治の絵、横領容疑で逮捕…作品は行方不明(23日)読売 | トップページ | 中国人実習生の殺害容疑で逮捕 ベトナム国籍5人、茨城県警(23日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤田嗣治の絵、横領容疑で逮捕…作品は行方不明(23日)読売 | トップページ | 中国人実習生の殺害容疑で逮捕 ベトナム国籍5人、茨城県警(23日)共同 »