« 元夫の娘に付きまとい ストーカー容疑で50歳女逮捕 警視庁(7日)産経 | トップページ | 新幹線放火、直前に生活苦訴える 区役所に電話(7日)共同 »

2015年7月 7日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)
外国人の刑法犯検挙人員増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010981_2 来日外国人による犯罪が減少傾向にあり、昨年の検挙件数は10年前と比べると3分の1に激減した。今年に入り検挙件数はやはり減少傾向が続いているものの重要犯罪を含めた刑法犯の検挙人員は逆に増加していることが警察庁のまとめで分かった。
 6月にはベトナムに不正送金する地下銀行を営んでいたベトナム人3人が逮捕されたり、新宿の飲食店で客に殴る蹴るの暴行を加え、重傷を負わせたとしてやはりベトナム人6人が警視庁にそれぞれ逮捕されたほか、新潟県ではパトカーに追跡された窃盗犯のアメリか国籍の男が、斧を振りまわして抵抗し逃走を図ったため警察官が拳銃を発砲して逮捕するなど、もはや逮捕時に拳銃使用事犯まで発生している。
 警察庁によると今年5月まで来日外国人による刑法犯の検挙件数は3448件で前年同期に比べて203件減少したが検挙人員は2294人で258人増加した。
 最も多かったのは東京の862人で以下、静岡の352人、神奈川の274人、愛知の236人、埼玉の207人の順。
 一方、覚醒剤取締法犯など特別法犯の検挙人員は1366人で、こちらは371人減少している。東京の480人を頭に神奈川180人、愛知150人、大阪101人、埼玉75人などだ。
 都道府県格付研究所によると平成22年の外国人数は1位が東京の31万8829人。次ぎが大阪の16万4704人、愛知の16万0228人、神奈川の12万5686人、埼玉の8万8732人の順だ。この数字で見るかぎり事件数の順位は、ほぼ人口に比例しているようだが、刑法犯の静岡の検挙件数は異常だ。
 このところ活発な動きを見せる過激派組織「イスラム国」は日本も標的にしていることもあり、検挙だけでなく、国内での物的・人的な動向の把握など各省庁挙げて万全をきしてほしい。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 元夫の娘に付きまとい ストーカー容疑で50歳女逮捕 警視庁(7日)産経 | トップページ | 新幹線放火、直前に生活苦訴える 区役所に電話(7日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元夫の娘に付きまとい ストーカー容疑で50歳女逮捕 警視庁(7日)産経 | トップページ | 新幹線放火、直前に生活苦訴える 区役所に電話(7日)共同 »