« ネットで副業、トラブル急増 SNSでマルチまがい手口も 国民生活センター注意呼び掛け(18日)産経 | トップページ | 女性隊員の華麗な演技復活 栃木県警カラーガード隊(18日)テレビ朝日 »

2015年7月18日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18,19日単位・レベル)
強盗や詐欺犯が減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011004 凶悪犯の強盗事件や詐欺犯を中心に刑法犯の認知件数が減少した。その中で強盗犯の検挙率は前年同期より2桁もアップしている。
 警察庁がまとめた今年上半期(1~6月)の刑法犯認知件数は53万9009件で前年同期より5万2117件も減少。刑法犯の抑止は平成14年から13年連続で続いている。
 殺人や強盗、強姦などの凶悪犯は2915件で前年同期より383件減った。中でも強盗犯は324件も減って1257件。特にその検挙率は79.5%で同13.5ポイントもアップした。
 一方、増加傾向にあった知能犯の中の詐欺犯は1万8804件で、同673件の減少。知能犯の中でも検挙率が最も高かったのは汚職で、認知件数30件で検挙も30件と100%だった。
 また、罪種別で最も認知件数の多い窃盗犯は39万5301件で、実に4万0725件も減らしたことが刑法犯全体の認知件数を抑えている。検挙率も1.5ポイントアップして28.0%だった。窃盗犯の検挙率のアップが刑法犯全体の検挙率アップに繋がっているのだが…
 認知件数が最も多いのは東京の7万1894件で、これに大阪の6万5369件、愛知の3万7731件、埼玉の3万4977件、千葉の3万0857件と続いた。
 検挙率の高いのは山形の61.5%を筆頭に秋田の59.4%、島根の55.0%、長崎、鳥取の52.5%の順。
 低かったのは大阪の16.8%、埼玉の23.8%、京都の24.3%、山梨の26.1%、兵庫の26.7%など。勿論事件の発生件数や内容によって差がでるのは分かるが奮起を願う。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ネットで副業、トラブル急増 SNSでマルチまがい手口も 国民生活センター注意呼び掛け(18日)産経 | トップページ | 女性隊員の華麗な演技復活 栃木県警カラーガード隊(18日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットで副業、トラブル急増 SNSでマルチまがい手口も 国民生活センター注意呼び掛け(18日)産経 | トップページ | 女性隊員の華麗な演技復活 栃木県警カラーガード隊(18日)テレビ朝日 »