« 安保法案 衆院本会議で可決(16日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2015年7月16日 (木)

刑法犯、5万2千件減 13年連続で減少 上半期(16日)朝日

 1~6月に警察が認知した刑法犯の件数(暫定値)は53万9009件で、13年連続で減少した。警察庁が16日、発表した。年間件数が戦後3番目に少なかった昨年の同じ時期より5万2117件減った。うち窃盗が4万725件減り、減った分の8割弱を占めた。
 窃盗で最も減ったのは自転車窃盗で、1万5197件減の11万9690件だった。住人がいる間に入り込む「忍び込み」は4年ぶりに増え、299件増の5684件だった。忍び込みの被害が最も多かったのは千葉(534件)で、愛知(511件)、茨城(368件)が続いた。被害に遭った家の66・9%が、かぎをかけていなかった。
 詐欺は1万8804件で673件減った。ただし、「振り込め詐欺」に該当する手口は1498件増の6388件、被害額も約21億8千万円増の約182億5千万円に上った。
 認知した事件で容疑者を逮捕や書類送検した割合(検挙率)は32・0%で、1・8ポイント上がった。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH7J2H08H7JUTIL007.html

« 安保法案 衆院本会議で可決(16日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安保法案 衆院本会議で可決(16日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »