« 「詐欺の共犯話せば量刑考慮」 地裁支部裁判官、異例の説得 (17日)日経 | トップページ | 日本人に死刑執行=6人目、覚せい剤売買で-中国(17日)時事 »

2015年7月17日 (金)

組織的殺人疑いで逮捕状 アルジェリア事件、新たに(17日)産経

プラント建設大手「日揮」(横浜市)社員ら日本人10人が死亡した平成25年のアルジェリア人質事件で、神奈川県警は16日、犠牲者の日本人1人を殺害したとして、国外犯規定を適用して組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)の疑いで、首謀者とされるイスラム武装組織「覆面旅団」の指導者ベルモフタール容疑者(43)の新たな逮捕状を取ったと明らかにした。
 逮捕状発付は15日。逮捕状の容疑は、アルジェリアのガス田施設の居住エリアで25年1月16日(日本時間同)、派遣作業員の内藤文司郎さん=当時(44)=を武装組織の活動として組織的に殺害したしたとしている。アルジェリア当局が拘束した実行犯とみられる男らや生存者の話を基に逮捕状を請求した。司法解剖で内藤さんの手足に縛られた痕があり、側頭部を銃で至近距離から撃たれていたことも判明した。http://www.sankei.com/affairs/news/150716/afr1507160026-n1.html

« 「詐欺の共犯話せば量刑考慮」 地裁支部裁判官、異例の説得 (17日)日経 | トップページ | 日本人に死刑執行=6人目、覚せい剤売買で-中国(17日)時事 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「詐欺の共犯話せば量刑考慮」 地裁支部裁判官、異例の説得 (17日)日経 | トップページ | 日本人に死刑執行=6人目、覚せい剤売買で-中国(17日)時事 »