« 盗撮目的で温泉侵入 警察職員を停職処分 熊本(31日)産経 | トップページ | 拘置支所で熱中症か=収容の1人死亡、1人重体-和歌山(31日)時事 »

2015年7月31日 (金)

フェリー火災 乗員1人連絡取れずの情報(31日)NHK北海道

31日夕方、北海道の苫小牧港の沖合で、乗員乗客94人が乗ったフェリーで火災が起き、海上保安庁の巡視船などが救助活動に当たっています。海上保安庁によりますと、乗客は全員退避しましたが、乗員1人が行方不明になっているということで、確認を急いでいます。
31日午後5時半すぎ、北海道の苫小牧港の沖合およそ55キロの海上を航行していたカーフェリー「さんふらわあだいせつ」から「車両甲板で火災が発生した」と通報がありました。
フェリーには、乗客71人と乗員23人の合わせて94人が乗っていて、海上保安庁の巡視船や近くにいたフェリーなどが救助活動に当たっています。フェリーを運航している「商船三井フェリー」によりますと、乗客71人のうち、35人はトラックの運転手だということです。

乗員の2等航海士が行方不明

海上保安庁によりますと、乗客はほかの船に乗り換えるなどして全員退避し、今のところ、けが人などの情報は入っていないということです。一方、乗員の2等航海士の男性が行方不明になっているということで、海上保安庁が確認を急いでいます。
海上保安庁や会社によりますと、火災は車両甲板に停車中のトラックで発生し、乗員による消火活動ができなかったため、乗客全員の避難を決めたということです。
このフェリーは総トン数が1万1401トンで、全長は190メートル、乗客の定員は154人で、乗用車62台と大型トラック160台を載せることができるということです。苫小牧と茨城県の大洗港を結ぶ定期便で、31日午前1時45分に大洗港を出港して、苫小牧港に31日午後7時45分に到着予定だったということです。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150731/k10010174181000.html

« 盗撮目的で温泉侵入 警察職員を停職処分 熊本(31日)産経 | トップページ | 拘置支所で熱中症か=収容の1人死亡、1人重体-和歌山(31日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盗撮目的で温泉侵入 警察職員を停職処分 熊本(31日)産経 | トップページ | 拘置支所で熱中症か=収容の1人死亡、1人重体-和歌山(31日)時事 »