« 御嶽山、先遣隊が入山 再捜索の場所・方法検討(12日)共同 | トップページ | 線路上にブロック 意図的か (12日)NHK »

2015年7月12日 (日)

岩手 中2男子生徒の父親が警察に被害届(12日)NHK

岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめをうかがわせる内容をノートに書き残し、自殺したとみられる問題で、生徒の父親が真相の究明を求めて地元の警察署を訪れ、被害届を提出しました。
岩手県矢巾町の中学2年の村松亮さん(13)は担任の教諭とやり取りする「生活記録ノート」や、学校が行ったアンケートに「いじめられている」などと記し今月5日、いじめを苦に自殺したとみられています。
村松さんの父親は12日午前いじめによる被害者を支援しているNPO法人「全国いじめ被害者の会」の代表とともに地元の紫波警察署を訪れ真相の究明を求めてこれまでの経緯を説明し、被害届を提出しました。日々の出来事をつづった「生活記録ノート」に、「ずっと暴力」、「ずっと悪口」といじめをうかがわせる内容が書かれていたことなどを説明したということです。
被害届を提出したあと取材に応じた父親は「息子の学校内の暴力のことを警察でも調べてほしいとお願いしました。同じような目に遭う子が出ないよう適切に対応してもらいたい」と話しました。
この問題では中学校が全校生徒を対象に行った緊急のアンケートに継続的にたたかれたり悪口を言われたりする様子を目撃したという回答が数多くあったことから、町の教育委員会は「複数の生徒が関与し、いじめがあった可能性がかなり高い」として、当時の状況などについて調査を進めています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150712/k10010148041000.html

« 御嶽山、先遣隊が入山 再捜索の場所・方法検討(12日)共同 | トップページ | 線路上にブロック 意図的か (12日)NHK »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御嶽山、先遣隊が入山 再捜索の場所・方法検討(12日)共同 | トップページ | 線路上にブロック 意図的か (12日)NHK »