« 御嶽山で捜索再開へ、今なお6人が行方不明 (29日)TBS | トップページ | 【衝撃事件の核心】目をえぐり、首を切断…都内で相次ぐネコ殺害 神戸・児童殺傷事件も予兆は同じだった(29日)産経 »

2015年7月29日 (水)

佐賀市遺棄現場運営の業者 男性と残土場使用で接点(29日)共同

◆遺体女性の身元も判明

 佐賀市久保泉町川久保の残土置き場の土中から山口県下関市の不動産経営の70代男性らとみられる2遺体が見つかった事件で、残土置き場を運営する処理業者が、男性の会社が所有する近くの土地を別の残土置き場として使用していたことが28日、関係者への取材で分かった。男性は借金督促のため県内を訪れたとみられ、県警捜査本部は交友関係を慎重に捜査している。
 捜査本部は同日、見つかった女性遺体が、男性と一緒に行方不明になっている下関市新地西町、無職松代智恵さん(49)と判明したと発表。また、同日の現場検証でもう1体の遺体の一部を新たに発見した。
 いずれも死後数カ月以上が経過しているという。遺体の近くで松代さん名義の軽乗用車も見つかっており、松代さんが男性に付き添って車を運転し事件に巻き込まれたとみられる。松代さんは一人暮らしで、昨年9月上旬、別居する松代さんの長女(20代)が山口県警に捜索願を出していた。
 一方、残土置き場を運営する処理業者は現場から約2キロ北でも残土置き場を運営。関係者によると、敷地は男性が役員を務める下関市の会社が10年以上前から所有していた。男性が処理業者の経営者と知り合いだったこともすでに分かっている。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/213103

« 御嶽山で捜索再開へ、今なお6人が行方不明 (29日)TBS | トップページ | 【衝撃事件の核心】目をえぐり、首を切断…都内で相次ぐネコ殺害 神戸・児童殺傷事件も予兆は同じだった(29日)産経 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御嶽山で捜索再開へ、今なお6人が行方不明 (29日)TBS | トップページ | 【衝撃事件の核心】目をえぐり、首を切断…都内で相次ぐネコ殺害 神戸・児童殺傷事件も予兆は同じだった(29日)産経 »